沿革

看護学科の沿革(歴史)

1889年 (明治22年) 京都医学校に附属産婆教習所を設置
1896年 (明治29年) 京都医学校に新たに看護婦教習所を附設
1901年 (明治34年) 名称の改称により京都府立医学校附属附属産婆教習所・看護婦教習所となる
1903年 (明治36年)
名称の改称により京都府立医学専門学校附属産婆看護婦教習所となる
1924年 (大正13年) 名称の改称により京都府立医大学附属産婆看護婦教習所となる
1946年 (昭和21年) 京都府立医科大学附属厚生女学部(助産婦科・看護婦科)を設置
1947年 (昭和22年) 京都府立医科大学附属看護婦教習所が廃止され、京都府立医科大学附属産婆教習所と名称変更
1948年 (昭和23年) 京都府立医科大学附属産婆教習所を廃止
1949年 (昭和24年) 京都府立医科大学附属甲種看護婦学院を設置
1951年 (昭和26年) 京都府立医科大学附属厚生女学部の看護婦科を廃止
京都府立医科大学附属乙種看護婦学院を伏見病院に設置
京都に近畿保健婦専門学校が設置される(近畿2府4県の合同設立)
1952年 (昭和27年) 京都府立医科大学附属甲種看護婦学院を看護婦学院と改称
京都府立医科大学附准看護婦学院を設置、乙種看護婦学院を併合
1953年 (昭和28年) 京都府立医科大学附属厚生女学部助産婦科を廃止
1955年 (昭和30年) 近畿保健婦専門学校、京都府の単独経営に変更
1957年 (昭和32年) 京都府立医科大学附准看護婦学院を廃止
1964年 (昭和39年) 名称の変更により京都府立医科大学附属看護学院となる
1965年 (昭和40年) 近畿保健婦専門学校を京都府立保健婦専門学校と改称
1976年 (昭和51年) 専修学校制度により、京都府立医科大学附属看護専門学校(看護学科)と改称
1983年 (昭和58年) 京都府立医科大学附属看護専門学校に助産学科を設置
1993年 (平成5年) 京都府立医科大学医療技術短期大学部開学
1996年 (平成8年) 京都府立医科大学医療技術短期大学部専攻科(保健学専攻、助産学科)開学
京都府立医科大学附属看護専門学校(看護学科・助産学科)を廃止
京都府立保健婦専門学校を廃止
2002年 (平成14年) 京都府立医科大学医療技術短期大学部を
京都府立医科大学医学部看護学科に改組
2005年 (平成17年) 京都府立医科大学医療技術短期大学部を廃止
2007年 (平成19年) 京都府立医科大学大学院保健看護研究科(修士課程)開設
2011年 (平成23年) 京都府立医科大学大学院保健看護研究科 がん看護専門看護師(CNS)コース開講
2014年 (平成26年) 京都府立医科大学大学院保健看護研究科 を 京都府立医科大学大学院保健看護学研究科と改称
2018年 (平成30年) 京都府立医科大学大学院保健看護学研究科 博士後期課程開設
COPYRIGHT (C) 2014 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE ALL RIGHTS RESERVED.