平成28年度 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
 年齢区分  0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1926 672 515 710 1094 1605 3287 3441 1806 193
 昨年度に当院を退院した患者さんの人数を10歳刻みの年齢階級別に集計したものです。
 60代、70代の患者数が多く、全体の44.1%を占めています。
 昨年度と比較すると、すべての年齢階級で患者数が増えており、全体では1,251人増加となっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 203 7.74 9.02 0.00 72.21
060050xx97x0xx 肝癌に対する血管塞栓術 125 9.81 11.74 0.00 72.52
060340xx03x00x 経皮的もしくは内視鏡的胆管治療 106 8.73 11.06 1.89 68.69
060100xx03xxxx 早期大腸がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 91 6.74 7.38 0.00 67.79
060010xx02x00x 早期食道がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD) 81 7.64 9.91 0.00 69.85
 当院には多数の連携機関があり、多数の患者さんの紹介があります。なかでも、外科的手術と比べ低侵襲な内視鏡や血管内治療など、高度な医療が必要とされる患者さんが多く、その理由として、消化器内科ではそれぞれの治療法ごとにチームを結成し、多数の患者さんに高度で均一なレベルでの医療を提供できるよう心がけていることが挙げられます。
 最も患者数が多いのが早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、つづいて、肝癌に対する血管塞栓術、経皮的もしくは内視鏡的胆管治療、早期大腸がんに対するESD、早期食道がんに対するESDと、悪性疾患に対する治療です。
循環器内科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症(カテーテル検査のみ) 187 3.35 4.71 0.00 70.81
050050xx99100x 狭心症(冠動脈形成術のみ) 144 2.92 3.06 0.00 69.67
050070xx01x0xx カテーテルによる不整脈治療 108 5.21 5.51 0.93 59.22
050170xx03000x 下肢閉塞性動脈硬化症(下肢動脈形成術のみ) 51 3.94 5.85 0.00 73.35
050210xx97000x ペースメーカ植込み(心不全なし) 48 9.98 11.38 4.17 69.46
 狭心症や心筋梗塞に対して冠動脈(心臓に血液を送る血管)が細くなっているため、重症度を評価して治療を行います。
 お薬で治療できる方や外科での治療に回る方が1番多く、複数の治療を要しない方が2番にきます。急性心筋梗塞や心不全治療を要する方も別にいらっしゃいます。足の動脈に対する治療も多く手がけています。不整脈も同様にカテーテル治療をする方が多数いらっしゃいます。
腎臓内科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 119 8.08 12.84 1.68 55.73
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 51 6.22 7.58 0.00 47.78
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 16 11.50 14.77 0.00 62.63
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 14 15.29 22.67 0.00 55.07
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし - - 9.32 - -
 慢性の腎臓病に関する症例が上位3つを占めています。最も多いのは主に慢性腎臓病の病状・治療についての情報提供や栄養指導を行う教育入院で、119症例です。次は腎生検による検査入院などで51症例、3番目は血液透析導入のための入院で16症例となっています。
 腎臓病は、原因、症状の有無、腎不全への進行速度もさまざまです。腎臓内科では、原因をしっかりと検索し、病状・病態に合わせた治療を行っています。また、腎臓病に伴って生じる高血圧症や電解質異常などについても、総合的に治療しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 174 3.65 3.68 0.00 71.28
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 43 20.00 12.35 0.00 71.09
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 24 16.46 19.92 4.17 73.50
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 17 3.06 17.77 0.00 59.24
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等29あり 11 11.64 10.76 0.00 60.09
 呼吸器内科では、肺がんを中心とする呼吸器悪性腫瘍を最も多く診ていますが、そのほか間質性肺炎、呼吸器感染症、気管支喘息やCOPDなどの気道疾患の診療も関連する臨床科と協力しながら幅広く行っています。特に肺がんの診断では超音波内視鏡だけでなく、最新のクライオプローブを導入してがんの分子診断を積極的に行っています。
 また、進行期肺がんに対してはガイドラインを遵守した標準治療だけでなく、分子標的薬や免疫チェックポイント阻害剤を用いた臨床試験や治験を通して新たな治療法の開発を続けています。
内分泌・糖尿病・代謝内科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 27 12.22 14.91 0.00 59.63
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 22 13.36 16.40 0.00 72.73
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 11 5.09 6.12 0.00 56.00
100061xx99x100 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 - - 14.97 - -
100071xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 - - 12.20 - -
 増加傾向の続く糖尿病を中心に、肥満症、脂質異常症といった代謝疾患や甲状腺、下垂体、副腎といったホルモン異常症である内分泌疾患を診療しています。
 症例数の多い2型糖尿病は、将来起こす可能性が高くなる合併症を抑制することが重要ですが、そのための普段の食事や運動といった生活習慣の教育を糖尿病療養指導士を中心に、管理栄養士、看護師、薬剤師といったさまざまな職種が関わるチーム医療で行っており、また、1型糖尿病に対しても、著しく進歩する最新の治療を提供できることを目指しています。
血液内科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 63 32.63 34.90 3.17 70.25
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 63 21.16 16.83 1.59 69.35
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 26 34.73 41.96 3.85 54.23
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 25 19.24 21.92 0.00 58.80
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 23 10.39 10.82 0.00 71.39
 血液内科では造血器悪性腫瘍の診療を中心に行っており、非ホジキンリンパ腫は最も頻度の高い疾患です。化学療法や放射線療法および分子標的薬であるリツキサンとの併用療法などを行っています。
 急性白血病に対しては化学療法、分子標的治療を併用した強力な治療を行います。近年は高齢化により骨髄異形成症候群の症例も増加しています。
 いずれの疾患についても、患者さんの状態や疾患の悪性度の応じて適切な治療戦略を提供することを目指しています。
リウマチ科、アレルギー科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 48 25.58 17.77 2.08 56.65
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし - - 19.92 - -
070470xx99x0xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2なし - - 14.52 - -
070470xx99x3xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等23あり - - 17.06 - -
070470xx99x4xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等24あり - - 13.35 - -
 リウマチ科、アレルギー科では自己免疫性疾患、リウマチ性疾患、アレルギー性疾患の診療に当たっています。最も多い疾患は全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎、血管炎症候群などの自己免疫性疾患です。
 リウマチ専門医・指導医が診断・治療にあたり、それぞれの患者さんに最適な治療をチームで総合的に検討しながら治療に当たっています。
 関節リウマチの診療についても積極的に行っており、生物学的製剤および新規低分子治療薬なども患者様のニーズ、疾患の状態、患者さんの背景、予想される効果などを考慮しながら投与しています。アレルギー疾患も積極的に治療を進めています。
神経内科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 39 19.28 16.54 28.21 72.51
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 14 15.86 17.57 0.00 69.57
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 14 3.36 7.12 0.00 63.29
010060x2990421 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病2あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 11 33.09 32.67 54.55 71.00
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 17.30 14.14 0.00 67.00
 神経内科(老年内科)の特徴は脳梗塞やてんかんなどの急性疾患からパーキンソン病や筋萎縮性側索硬化症、認知症などの神経変性疾患・神経難病、さらには希少難病に対応している点です。最も多い疾患は脳梗塞であり、平成28年度は約130例でt-PAによる超急性期治療も行っています。急性期を過ぎると回復期リハビリテーション病院と連携し治療を継続しています。
 てんかん、基底核などの変性疾患(パーキンソン病およびパーキンソン関連疾患)、運動ニューロン疾患(筋萎縮性側索硬化症など)、およびこれらに続く症例数である免疫介在性神経疾患(多発性硬化症、重症筋無力症、CIDPなど)についてはそれぞれの疾患群を専門とする神経内科医の主導のもとに最新のエビデンスに基づいた診療・治療を行っています。
消化器外科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx02x0xx 胃がん 胃切除術 66 15.32 17.65 0.00 67.59
060035xx01000x 結腸がん 結腸切除術 58 15.31 15.92 0.00 68.60
060335xx02000x 胆嚢結石等 腹腔鏡下胆嚢摘出術 55 7.27 7.61 0.00 59.20
060050xx02x0xx 肝臓がん 肝臓切除術 43 14.56 15.85 2.33 68.98
060010xx01x1xx 食道がん 食道切除・再建術 31 46.00 38.19 0.00 68.71
 大腸がんは本邦では消化器がんの中で最も患者数の多いがんです。消化器外科における結腸の悪性腫瘍(がん)に対する切除術は、消化器外科が1年間に手術する大腸がんの約半数を占めています。消化器外科では大腸がん手術の約90%に腹腔鏡下手術を実施しています。
 次に多いのが胃の悪性腫瘍に対する胃切除術、ならびに胃全摘出術です。消化器外科では胃切除の約65%に腹腔鏡下手術を実施しています。腹腔鏡下手術は一般的に患者さんのからだの負担が軽いとされています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症 52 29.77 24.70 3.85 67.54
050163xx03x10x EVAR 50 11.86 16.98 8.00 77.78
050080xx0111xx 弁膜症(入院中にカテーテル検査などを行った場合) 18 36.72 38.92 5.56 73.00
050163xx02x1xx Yグラフト 17 14.47 21.94 0.00 70.24
050163xx99000x 手術無しAAA 12 3.67 8.76 0.00 76.25
 虚血性心疾患や弁膜症などの心臓の病気や、大動脈瘤や末梢血管など血管の病気を、外科的に治療しています。
 1番目と3番目は、弁膜症に対する弁置換術や弁形成術などの手術です。弁膜症とは、心臓内に血液の逆流防止のためについている弁の疾患であり、これらに対して自己の弁を温存して治す弁形成術や、悪い弁を取り替える弁置換術を行います。我々の施設ではできるだけ自己組織を温存する弁形成術を行い、これが困難な場合には人工弁を用いた置換手術を行います。
 2番目に多いのは大動脈瘤に対するステントグラフトによる治療です。大動脈瘤は、血液を全身へ送るパイプの役割をしている大動脈が瘤状にふくれる病気であり、ステントグラフトと呼ばれる、人工血管をたたんでカテーテルで瘤の部分に進め人工血管を広げる血管内治療を行っています。通常の開胸開腹手術と比較すると、鼠径部の小さな傷だけで行う事ができ、手術後の回復も早いため、高齢の方や合併疾患をお持ちの方にも行うことができます。若い体力のある方に対しては開胸開腹手術を行い、患者さんの状態に応じて最適な治療を選択します。
 狭心症・心筋梗塞に対して行う冠動脈バイパス手術についてもできる限り人工心肺を用いずに心臓を止めずに行うバイパス手術を第一選択としています。
 このように、近年の高齢化・ハイリスク化に対応して、できるだけ患者さんの負担を減らす手術を心がけています。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺がん手術 118 14.04 12.73 0.85 66.41
040040xx97x10x 肺がん手術(処置等あり) 23 11.74 21.29 0.00 68.96
040040xx9910xx 肺がん化学療法 17 3.06 3.68 0.00 73.47
040040xx9905xx 肺がん非手術 - - 19.24 - -
040200xx99x00x 気胸 - - 9.14 - -
 肺悪性腫瘍に対し、低侵襲な、からだに優しい胸腔鏡下根治術を行っています。
内分泌・乳腺外科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 95 13.51 10.30 0.00 56.69
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 52 15.29 11.57 1.92 55.44
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 36 8.78 6.59 0.00 58.42
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 35 4.37 4.64 0.00 55.49
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 11 2.36 6.11 0.00 65.73
 内分泌・乳腺外科では乳腺に関するトータルケアを行っています。
 乳腺に関するすべての疾患について診断・治療を行いますが、そのほとんどが乳がんです。近年は研究が進んできており、同じ乳がんでもその生物学的な特性に応じて治療法は随分異なります。われわれはその特性に応じた治療を提案しています。
移植外科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 22 2.27 8.87 0.00 63.36
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし - - 14.77 - -
180040xx97x0xx 手術・処置等の合併症 その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 15.58 - -
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 11.06 - -
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり - - 37.06 - -
 腎不全治療として腎移植を積極的に行っており、必然的に透析療法及び内シャント形成術を実施しています。また、関西では有数の腎移植を実施しています。
形成外科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx05xxxx 乳房の悪性腫瘍 組織拡張器による再建手術(一連につき) 乳房(再建手術)の場合等 40 8.70 7.91 0.00 49.80
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 26 10.46 9.91 0.00 4.27
140490xx970xxx 手足先天性疾患 手術あり 手術・処置等1なし - - 7.84 - -
070570xx010xxx 瘢痕拘縮 瘢痕拘縮形成手術 手術・処置等1なし - - 6.19 - -
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2あり - - 49.25 - -
 形成外科では、体表の傷口や変形を確実にきれいに治すことを念頭に治療にあたっています。特に代表的な疾患として、乳がんの切除に伴う乳房の欠損・変形に対して腹部や背部の脂肪を利用する自家組織再建と、組織拡張器やシリコンインプラントを利用する人工物再建との双方を行っています。
 また、先天性疾患である口唇裂・口蓋裂に対しては、乳児期から大人になるまで、口唇形成術・鼻形成術・口蓋形成術・顎裂部骨移植術などを行っています。
 きずあと(瘢痕)に対しても整容的な配慮をしつつ手術を行います。手足の先天疾患である多指(趾)症にも、機能的・整容的な治療をしています。下肢・足の潰瘍はなるべく患肢の温存を目指して治療しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 25 3.04 3.20 0.00 62.16
010010xx01x00x 脳腫瘍 24 27.92 22.47 8.33 53.13
010040x099x00x 脳出血 23 21.09 19.35 47.83 65.83
010070xx9910xx 脳血管障害(脳卒中) 21 3.67 3.25 0.00 70.95
160100xx97x00x 重症頭部外傷 18 12.22 9.87 11.11 72.61
 脳神経外科では、脳卒中(くも膜下出血、脳出血および脳梗塞)や重症頭部外傷などの急性期疾患に対し24時間体制で迅速に診断・治療を行っています。未破裂脳動脈瘤は、脳ドックなど健診受診者の約3%に偶然発見されるもので、くも膜下出血を予防する為の手術(開頭クリッピング術あるいはコイル塞栓術)の対象となることもあります。
 脳神経外科では、こうした患者さんに対し十分な説明を行った上で検査・治療を進めています。脳腫瘍、特に悪性脳腫瘍に関しては最先端の診断・治療技術を駆使して手術を行うとともに、放射線治療や化学療法を含めた奨学的治療により患者さんのQOL向上に最大限つとめています。
整形外科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 人工膝関節全置換術 80 30.34 26.26 5.00 74.00
040040xx99040x 悪性骨軟部腫瘍 化学療法 75 2.59 12.35 0.00 52.64
07040xxx97xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) その他の手術あり 72 6.01 10.14 0.00 56.42
07040xxx01xxxx 人工股関節全置換術 69 29.00 24.42 0.00 61.33
070230xx99xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 手術なし 59 3.92 14.05 0.00 73.90
 変形性関節症(膝、股関節)に対する機能再建として人工関節置換術の手術について豊富な症例数がある。綿密な術前計画と高度な手術手技、また術後のリハビリテーションまで一貫した治療を行い、良好な治療成績を上げています。
 悪性骨軟部腫瘍の領域においても効果的な化学療法と手術療法を組わせた治療を行い、患肢温存と生存率において良好な治療成績を上げています。
産婦人科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 81 6.16 6.29 0.00 42.38
120100xx01xx0x 子宮内膜症 子宮全摘術等 副傷病なし 50 7.80 7.92 0.00 37.26
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 49 6.61 6.42 0.00 48.16
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 47 5.40 5.12 0.00 60.30
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 32 13.50 13.29 0.00 60.13
 産婦人科では、子宮筋腫、子宮腺筋症などの子宮良性腫瘍に対する腹腔鏡下手術症例が1番多くなっています。生殖年齢の女性に最も多くみられる良性腫瘍で、産婦人科ではほとんどの症例で腹腔鏡での手術が可能です。
 続いて産婦人科での取扱いが多いのが子宮内膜症症例です。子宮内膜症も生殖年齢の女性に多く見られる疾患であり、年齢と妊孕性温存希望の有無、症状によって手術療法、薬物療法、もしくはその組み合わせによって治療を行います。産婦人科では独自に子宮内膜症専門外来を設けており、子宮内膜症術後は、再発予防、不妊治療などを個別に外来管理します。
 3番目に多い子宮内膜症を除く良性卵巣腫瘍は腹腔鏡下手術のよい適応となります。術後は概ね頻繁な外来管理を要しません。
 4番目に多いのは早期の子宮頸癌であり、診断および治療を目的として子宮頸部円錐切除術を行います。
 5番目は子宮頸癌および子宮体癌の進行症例であり、子宮体癌に対しては腹腔鏡での手術を行う場合があります。
眼科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 208 10.05 9.15 0.00 66.50
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 187 8.33 10.53 1.07 54.48
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 71 3.00 3.36 0.00 15.80
020220xx97xxx1 緑内障 手術あり両眼 58 15.45 14.33 0.00 64.19
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 45 7.00 7.72 0.00 68.69
 眼科では一般的な白内障疾患はもちろんのこと、5つの専門外来を主軸に診療を行っています。
 特に緑内障、網膜剥離や黄斑疾患を対象とした網膜硝子体分野、前眼部疾患を対象とした角膜診療、小児眼科である斜視・弱視治療、さらに外傷や眼窩腫瘍を対象とした眼形成外来により多数の専門性の高い診療を実施しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 悪性黒色腫以外の皮膚悪性腫瘍に対する手術療法 94 8.11 8.78 1.06 74.34
080006xx99x3xx 悪性黒色腫以外の皮膚悪性腫瘍に対する化学療法・放射線療法など 50 2.54 9.17 0.00 73.92
080005xx01x0xx 悪性黒腫に対する手術療法 28 8.89 14.87 0.00 66.18
080007xx010xxx 皮膚良性腫瘍に対する手術療法 26 4.35 4.28 0.00 56.12
080011xx99xxxx 蜂巣織炎、丹毒等の皮膚感染症 22 9.86 11.97 4.55 63.86
 皮膚科では悪性黒色腫や有棘細胞癌・乳房外パジェット病などの皮膚悪性腫瘍に対する外科的切除術や化学療法、放射線療法といった集学的治療を多く行っています。これら疾患の診断や治療方針については、皮膚悪性腫瘍指導専門医が中心となってカンファレンスを行い適切な治療ができるように配慮しています。
 また、良性腫瘍や感染症、潰瘍などの悪性腫瘍以外の皮膚外科疾患に対しても幅広く治療しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 経尿道的膀胱腫瘍切除術 126 7.06 7.44 0.00 74.17
110080xx01x0xx ロボット支援前立腺全摘除術 93 13.91 13.39 0.00 66.96
11001xxx01x0xx ロボット支援腎がん部分切除術・腎がんおよび尿路がんの低侵襲的鏡視下手術 48 11.35 12.52 0.00 68.23
110080xx9906xx 前立腺がん密封小線源(内照射)治療 40 4.90 4.27 0.00 70.20
110080xx99000x 前立腺がん低侵襲的治療計画 39 2.56 10.89 0.00 70.51
 泌尿器がん(膀胱がん・前立腺がん・腎がん・腎尿管がん・精巣がんなど)の外科的治療を中心に、現行の標準的治療とともに先端的手術を含めて、治療選択肢を提示しており、その結果、低侵襲・先進的な手術を希望される方が多く、それを提供している。
 治療前より先端的な画像検査・精度の高い組織検査の技術を世界に先駆けて導入し、がんの部位・進展度・悪性度などを治療前に、より正確に診断して、より的確な治療選択が可能となるよう努めています。加えて、3次元画像構築・新しい術中超音波手術支援システムを導入し、成績向上・安全性確保に努めています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 69 10.61 14.06 0.00 63.91
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 46 7.98 7.75 0.00 55.54
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 42 11.79 9.27 0.00 58.60
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 38 7.89 8.12 0.00 31.18
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 38 6.95 7.47 0.00 52.53
 耳鼻咽喉科では、頭頸部癌、甲状腺癌の治療に特化しており、京都一円の癌患者さんを取り扱っています。
 また、一方で扁桃炎や副鼻腔炎のようなコモンディジィーズにも幅広く対応しています。
放射線科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 29 2.79 3.68 0.00 68.28
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2なし - - 11.74 - -
11001xxx99x0xx 腎腫瘍 手術なし 手術・処置等2なし - - 10.51 - -
050200xx97xxxx 循環器疾患(その他) 手術あり - - 11.05 - -
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 14.28 - -
 各診療科からの依頼を受け、放射線科の入院で様々なIVR手技を行っています。
 放射線科入院では、肺腫瘍に対するCTガイド下生検が最も多いです。小さい腫瘍であっても高い正診率(90%以上)であり、術後翌日に退院できることがほとんどです。
 骨腫瘍や腹部腫瘍に対しても、CTガイド下生検をおこなっています。他には、肝癌に対する肝動脈化学塞栓療法や、胃静脈瘤や腹部内臓動脈瘤、血管奇形に対する塞栓術も施行しています。
 甲状腺の悪性腫瘍に対しては、放射線治療病室に入院した上で放射性ヨードを内服することにより、非侵襲的にがんの治療をおこなっています。
 全身の悪性腫瘍に対する放射線治療は、外来もしくは放射線科入院で施行しており、年間約700例の治療を行っています。
疼痛・緩和ケア内科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010111xxxxx0xx 遺伝性ニューロパチー 手術・処置等2なし 14 13.07 13.33 0.00 75.00
060050xx99x00x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 10.33 - -
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 14.83 - -
060050xx99x01x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病あり - - 17.09 - -
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 10.41 - -
 DPCコード「010111xxxxx0xx」:帯状疱疹の急性期は痛みが強く日常生活も支障を来すため、早急な入院加療により1,2週間程度の持続神経ブロックを行い良好な転帰を得ている。
 DPCコード「060050xx99x00x」、「040040xx99000x」、「060050xx99x01x」、「06007xxx99000x」:上腹部臓器のがん性疼痛については、入院して早期に腹腔神経叢ブロックを行うことで、長期にわたる痛みのコントロールが可能となる。また、肋骨や胸膜転移による痛みでは、高周波熱凝固による神経根ブロックにより痛みの改善が得られ、高いQOLが維持できる。これらのがん性疼痛に対して速やかに高度な医療が提供できるように、入院加療を積極的に行っている。
小児科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 70 8.81 6.18 0.00 0.00
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 手術・処置等1なし 62 1.13 2.62 0.00 5.87
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 57 3.82 4.39 0.00 5.46
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 55 3.11 3.81 0.00 8.45
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 38 15.00 11.55 0.00 0.00
 NICUでは、出生時体重の高低を問わず、先天奇形、染色体異常らの当院でしか取り扱えないような重症幼児の術前、術後管理を行っています。
 食物アレルギー児の治療には経口負荷試験が必須であるが、アナフィラキシーの危険を伴うため、診療所から多くの紹介を受けて当科アレルギー専門医が主治医を指導して実施しています。
 低身長の内分泌負荷試験と外来治療を小児科の専門医が行っています。
 小児科では、先天性心疾患をはじめ、川崎病、後天性心疾患(心筋疾患、不整脈など)を含む、すべての心臓病に対して診療に当たっており、また、大学病院という特性を生かして、小児心臓病血管外科、循環器内科とも協力し、成人後の先天性心疾患患者の管理も行っています。
小児外科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140590xx97xxxx 停留精巣 手術 56 3.18 3.29 0.00 2.02
14044xxx99x0xx 直腸肛門奇形・ヒルシュスプルング病 検査 35 3.51 6.02 0.00 5.97
060130xx99000x 胃食道逆流症 検査 25 3.20 7.44 8.00 5.08
070590xx99x0xx 血管リンパ管奇形 検査 22 2.59 5.82 0.00 3.68
060570xx99xxxx 便秘症 検査 19 3.95 7.65 0.00 6.58
 小児外科では、0-15歳までの小児(新生児を含む)の心臓,脳以外のあらゆる臓器の外科疾患に対する診断と治療を行っています。
 主要疾患として、最も入院患者数が多いのは、鼠径ヘルニア・陰嚢水腫ですが、これらは「短期滞在手術」扱いのため、この診断群分類別患者数等では、あらわれておりません。そのため、次いで多い「停留精巣 手術」が上位に挙がっています。
 さらに、小児外科の特徴としては、消化管機能疾患に対する診断を行うことが挙げられます。胃食道逆流症および便秘症は、小児において非常に多い疾患であり、これらの検査入院が上位に挙がってきます。
 小児外科ではこれらの検査手技として、京滋で唯一、食道インピーダンス検査、直腸内圧検査や直腸粘膜生検などの特殊検査を施行することができる施設です。また、難治性疾患である血管・リンパ管奇形の治療にも積極的に取り組んでいます。硬化療法や新しい治療である漢方薬、mTOR阻害薬などを使用し、全身に発生しうるこの疾患に対して、患者さんに応じた治療に取り組んでいます。
小児心臓血管外科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx002x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2なし 24 19.04 25.84 4.17 3.71
14029xxx01x0xx 動脈管開存症、心房中隔欠損症 弁形成術等 手術・処置等2なし 18 10.50 15.13 0.00 3.28
14031xx102x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) ファロー四徴症手術等 手術・処置等2なし 15 17.20 26.85 0.00 0.00
14031xx101x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 完全型房室中隔欠損症手術等 手術・処置等2なし - - 40.36 - -
14031xx003x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 心室中隔欠損閉鎖術 単独のもの等 手術・処置等2なし - - 14.56 - -
 小児心臓血管外科ではファロー四徴症手術、心室中隔欠損閉鎖術、心房中隔欠損閉鎖術、動脈管結紮術等を行うものが上位3つの症例で合計57症例となっています。小児心臓血管外科の対象となる先天性心疾患の病気は多岐にわたっており、小児心臓血管外科での各症例数は少なくなっていますが、幅広い疾患を対象として治療しています。
 入院期間を短くすることで、特に軽症例については、早期退院により幼稚園や学校への早期復帰を目指しています。
救急医療科
DPCコード DPC名称等 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 4.06 7.52 23.53 53.12
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2なし 14 9.71 19.24 35.71 77.57
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 10 10.40 12.43 20.00 86.10
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 2.70 3.64 0.00 35.60
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.24 - -
 救急医療科では全診療科・各科専門医の常駐する総合病院での救急診療体制をとっています。
 最も多い症例は頭蓋・頭蓋内損傷で、次に多い症例は敗血症となっており、続いて腎臓または尿路の感染症及び薬物中毒(その他の中毒)が同数で多く、前庭機能障害、股関節大腿近位骨折の順となっています。
 また、平均年齢も偏りがないことから、救急医療科では年齢や病態を問わず、幅広い医療の提供をしています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 43 20 10 30 208 63 1 6,7
大腸癌 49 31 29 31 46 54 1 6,7
乳癌 113 62 23 - 29 35 1 6,7
肺癌 36 16 17 53 199 135 1 6,7
肝癌 26 17 13 - - 198 1 6,7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌及び肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期分類別、及び再発に分けて集計した結果を表しています。
 UICC病期分類とは、UICC(国際対がん連合)によって定められた、癌の進行度の分類(ステージ)です。
 当院は都道府県がん診療連携拠点病院として、5つの癌について大きな偏りなく診療を行っています。なかでも肺癌の患者数が最も多く28.4%を占めており、昨年度に比べ63人の増加となっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 43 15.40 73.91
重症 11 8.09 83.27
超重症 - - -
不明 - - -
 成人市中肺炎とは病院外で日常生活をしていた人に発症した肺炎のことで、その重症度別に集計した結果を表しています。
 重症度が上がるのに比例して平均年齢が高くなる傾向があります。また、中等症の患者数が最も多くなっています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 105 25.64 74.77 34.65
その他 22 21.45 64.09 2.36
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 34 9.94 74.21 8.82
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
 脳梗塞等の疾患の患者さんの人数をICD-10と呼ばれる病気の分類コードごとに集計したものです。
 脳梗塞(I63$)の患者数が127人と最も多く、昨年度に比べ28.3%増加しており、続いて脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの(I65$)の患者数が多くなっています。
 脳梗塞(I63$)では発症から3日以内の症例が多く、急性期の患者さんを多く診療していることが分かります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 355 0.12 1.03 0.28 67.74
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 220 1.02 5.95 0.00 71.75
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 113 2.03 7.12 0.00 72.62
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 109 1.00 4.71 0.00 67.94
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 96 2.11 10.30 4.17 67.56
 最も患者数が多いのは、内視鏡的大腸ポリープ切除術で、一般的にポリペクトミーと言われている治療で1泊2日の入院で行っています。続いて、早期胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、肝癌に対する血管塞栓術、早期大腸がんに対するESD、膵癌や胆道癌に対する内視鏡的胆道ステント留置術と、悪性疾患に対する治療です。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 167 2.38 2.06 0.60 70.51
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 67 1.99 2.06 2.99 73.97
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 60 1.97 2.07 0.00 60.62
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 48 1.19 2.63 2.08 57.27
K574-2 経皮的心房中隔欠損閉鎖術 32 3.28 2.03 0.00 51.13
 狭心症、心筋梗塞をおこした方の心臓へ血液を送る血管にステントを留置して、細くなった部分を治療します。他にバルーンによる拡張などの方法も行います。
 下肢動脈についても同様です。不整脈については、その種類により種々の方法でカテーテル治療を行いますが、心房細動と発作性上室性頻拍の方が多いです。
 循環器内科の特徴であるカテーテルによる心房中隔欠損閉鎖(生まれつき開いている穴を閉じる)も行い、大きな手術痕もなく短期入院で治っています。
血液内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 16 16.38 9.25 0.00 58.38
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - - - - -
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K711-2 腹腔鏡下脾摘出術 - - - - -
 血液内科では日本骨髄バンク認定施設として、移植に用いる造血幹細胞を採取するための処置である骨髄採取術や末梢血幹細胞採取を実施しています。また同種、自家造血幹細胞移植は年間約20件実施しています。
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 61 1.90 4.75 0.00 59.36
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 59 3.44 11.85 0.00 69.98
K655-22 腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 34 2.21 10.56 0.00 64.09
K695-21 腹腔鏡下肝切除術(部分切除) 33 2.12 9.97 3.03 70.21
K5291 食道悪性腫瘍手術(消化管再建手術併施)(頸部、胸部、腹部の操作) 30 9.67 39.10 0.00 68.37
 消化器がんの中で最も多い大腸がんに対して当院では約90%の症例に腹腔鏡下手術を実施しており、そのうちの約半数の手術を腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術が占めています。
 消化器外科でその次に多い悪性腫瘍(がん)の手術は胃がんに対する腹腔鏡下胃切除術です。
 消化器外科で行っている手術は悪性腫瘍(がん)に対する手術だけでなく、胆嚢結石といった良性疾患に対する手術も行っています。良性疾患に対する手術のほとんどが腹腔鏡下胆嚢摘出術です。
 腹腔鏡下手術は一般的に傷が小さく、手術後の患者さんの負担が軽いとされています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 36 4.44 9.67 16.67 78.92
K5551 弁置換術(1弁) 28 6.71 25.82 14.29 74.79
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺不使用)(2吻合以上) 23 7.30 23.04 0.00 69.00
K5541 弁形成術(1弁) 17 9.06 21.24 5.88 54.12
K5606 大動脈瘤切除術(腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)) 15 2.73 12.07 0.00 69.67
 虚血性心疾患や弁膜症などの心臓の病気や、大動脈瘤や末梢血管など血管の病気を、外科的に治療しています。
 最も多いのは大動脈瘤に対するステントグラフトによる治療です。
 大動脈瘤は、血液を全身へ送るパイプの役割をしている大動脈が瘤状にふくれる病気であり、ステントグラフトと呼ばれる、人工血管をたたんでカテーテルで瘤の部分に進め人工血管を広げる血管内治療を行っています。通常の開胸開腹手術と比較すると、鼠径部の小さな傷だけで行う事ができ、手術後の回復も早いため、高齢の方や合併疾患をお持ちの方にも行うことができます。若い体力のある方に対しては開胸開腹手術を行い、患者さんの状態に応じて最適な治療を選択します。
 2番目と4番目の治療は、弁膜症に対する弁置換術や弁形成術などの手術です。
 弁膜症とは、心臓内に血液の逆流防止のためについている弁の疾患であり、これらに対して自己の弁を温存して治す弁形成術や、悪い弁を取り替える弁置換術を行います。我々の施設ではできるだけ自己組織を温存する弁形成術を行い、これが困難な場合には人工弁を用いた置換手術を行います。
 3番目に多いのは狭心症・心筋梗塞に対して行う冠動脈バイパス手術で、これについてもできる限り人工心肺を用いずに心臓を止めずに行うバイパス手術を第一選択としています。
このように、近年の高齢化・ハイリスク化に対応して、できるだけ患者さんの負担を減らす手術を心がけています。
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 57 2.82 10.95 1.75 67.46
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 53 2.62 7.00 1.89 65.02
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除) 18 2.44 8.67 0.00 67.17
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 10 2.50 21.60 0.00 69.40
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) - - - - -
 肺がん根治術として、胸腔鏡下に肺葉切除や肺区域切除などの解剖学的切除を行っています。
内分泌・乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 92 1.90 10.54 0.00 57.09
K4765 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術・胸筋切除を併施しない) 49 1.90 12.61 2.04 55.22
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 36 1.86 5.92 0.00 58.42
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 11 0.45 3.09 0.00 64.09
K4764 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴う)) - - - - -
 内分泌・乳腺外科の特徴は以下のような乳房同時再建手術を併用した乳がん手術を随時受けていただける点です。
  ・自家組織による乳房同時再建手術
   形成外科と合同で実施
  ・皮膚拡張器(エキスパンダー)とゲル充填人工乳房(インプラント)
   平成25年7月より正式に保険適応となり、当院も認定施設登録されています。
  ・センチネルリンパ節生検
   RI法・色素法の併用法により同定率98%
移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 27 2.00 3.48 3.70 64.11
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 11 1.00 2.55 0.00 72.91
K6105 動脈形成術、吻合術(その他の動脈) - - - - -
K686 内視鏡的胆道拡張術 - - - - -
K711-2 腹腔鏡下脾摘出術 - - - - -
 腎移植術以外に、肝移植や一般外科として内視鏡を用いた鼡径ヘルニア修復術を行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 35 1.09 6.09 0.00 49.31
K0102 瘢痕拘縮形成手術(その他) - - - - -
K1001 多指症手術(軟部形成のみ) - - - - -
K4072 顎・口蓋裂形成手術(硬口蓋に及ぶ) - - - - -
K4263 口唇裂形成手術(片側)(鼻腔底形成を伴う) - - - - -
 乳房再建・口唇口蓋裂形成・指趾形成・瘢痕形成などが主要手術疾患です。
 可能なかぎり、整容・審美的な改善になるよう配慮しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 45 9.51 31.67 20.00 58.78
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 25 1.32 14.24 16.00 78.72
K1781 脳血管内手術(1箇所) 15 6.20 15.67 13.33 59.27
K1742 水頭症手術(シャント手術) 11 7.91 17.55 18.18 34.18
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 11 6.91 8.55 18.18 75.00
 頭蓋内腫瘍摘出術は脳神経外科が最も得意とする分野であり、特に神経膠腫(グリオーマ)に関してはナビゲーション、電気生理学的モニタリング、術中蛍光診断や神経内視鏡など最先端の診断・治療技術を駆使して安全かつ低侵襲に手術を行います。
 高齢の方の軽微な頭部外傷後にしばしば発生する慢性硬膜下血腫に対し、局所麻酔下で穿頭洗浄術を行います。
 脳神経外科では診断後速やかに入院、手術を行い、術後は積極的に離床していただくことで早期の自宅退院を目指します。
 脳動脈瘤のコイル塞栓術や、頚動脈狭窄に対するステント留置術などの脳血管内手術(カテーテル治療)については、この治療の専門医資格を有するスタッフが治療に当たっており、良好な成績を得ています。水頭症については、新生児のVPシャント(脳室腹腔短絡)術から高齢者に多い正常圧水頭症に対するLPシャント(腰椎腹腔短絡)術まで、幅広く対応しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 163 2.39 28.13 3.68 68.71
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 52 3.23 22.23 13.46 68.88
K0301 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(肩,上腕,前腕,大腿,下腿,躯幹) 32 1.00 8.88 0.00 53.75
K110-2 第一足指外反症矯正手術 32 1.47 24.03 0.00 59.09
K0782 観血的関節固定術(胸鎖,肘,手,足) 28 1.75 36.04 0.00 63.46
 変形性関節症(膝、股関節)に対する機能再建として人工関節置換術の手術について豊富な症例数があります。
 綿密な術前計画と高度でかつ低侵襲な手術手技、また術後のリハビリテーションまで一貫した治療を行い、長期的に良好な治療成績を上げています。脊椎外科においても内視鏡や顕微鏡を用いた低侵襲手術からコンピュータナビゲーションシステムを用いた安全で精度の高い脊椎固定術等を、小児の先天性側弯症から成人、高齢者の脊柱管狭窄症や変性側弯症まで手掛けています。変形性足関節症や外反母趾の変形が高度な難症例についても全国的にみて豊富な症例があり、良好な治療成績を上げています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 91 1.03 5.16 0.00 42.42
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 61 1.20 4.44 0.00 47.18
K867 子宮頸部(腟部)切除術 44 1.02 1.32 0.00 38.52
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 38 1.00 4.29 0.00 37.58
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 27 2.52 12.26 0.00 57.56
 産婦人科では、腹腔鏡による子宮附属器腫瘍摘出術が最も多く行われています。これには子宮内膜症性卵巣嚢胞と子宮内膜症を除く良性卵巣腫瘍が含まれます。当院では独自に子宮内膜症専門外来を設けており、年齢と妊孕性温存希望の有無、症状によって手術療法、薬物療法、もしくはその組み合わせによって治療を行います。良性卵巣腫瘍は茎捻転のリスクあるいは悪性除外の目的で手術が行われます。
 子宮筋腫、子宮腺筋症などの子宮良性疾患に対する腹腔鏡下子宮全摘術が2番目に多くなっています。術後は概ね頻繁な外来管理を要しません。
 3番目に多い子宮頸部円錐切除術は、子宮頸部高度異形成および上皮内癌に対して診断および治療を目的として行われます。
 4番目、5番目は妊孕性温存希望の症例に対する筋腫のみを摘出する腹腔鏡下子宮筋腫核出術と卵巣癌に対する開腹手術が続きます。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 343 1.01 1.92 0.58 72.38
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 237 0.55 7.11 2.95 61.63
K2683 緑内障手術(濾過手術) 171 0.89 11.53 0.00 69.92
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 75 0.52 5.99 0.00 67.05
K2682 緑内障手術(流出路再建術) 65 0.88 6.15 0.00 57.35
 眼科手術では、白内障手術を主体に、難治性疾患に対する緑内障手術、網膜剥離や眼底疾患に対する網膜硝子体手術、小児疾患を対象とした斜視手術、顔面外傷で発症する眼窩壁骨折手術、さらに角膜移植などを実施しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 150 1.13 7.76 2.00 73.03
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 15 0.60 4.73 0.00 59.47
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm以上6cm未満) 11 0.36 3.91 0.00 46.18
K013-21 全層植皮術(25cm2未満) 11 5.09 8.64 9.09 74.27
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -
 麻酔下では、悪性黒色腫や有棘細胞癌・乳腺外パジェット病などの皮膚悪性腫瘍に対する外科的切除術を最も多く行っています。
 局所麻酔下切除が可能な小さい腫瘍は局所麻酔で行っていますが、大きな腫瘍や長時間の手術が予想されるものに関しては全身麻酔下にて行います。次いで多いのが表皮のう腫(粉瘤)、母斑(ほくろ)、脂肪腫などの良性腫瘍の切除で、小さなものであれば日帰り手術を行うことも可能です。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの) 118 2.02 4.25 0.00 74.04
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 90 2.29 10.97 0.00 66.57
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 41 2.90 9.61 0.00 59.78
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 31 3.26 10.90 3.23 70.13
K773-4 腎腫瘍凝固・焼灼術(冷凍凝固) 24 3.88 4.54 0.00 66.63
 低侵襲的治療、すなわち、身体への悪影響を最小限に止める(傷がない・小さい、痛みが少ない、手術時間・入院期間の短縮に寄与する)治療として、(1)経尿道的な内視鏡手術、(2)ロボット支援手術、さらには、(3)治療用プローブ(針)をがんの存在部位に配置して、がんの部分だけを標的化治療する凍結治療など、新技術を提供しており、治療前機能の温存・早期の社会復帰に寄与しています。
 これら低侵襲手術は、外科医が直接に手で対象を触れ得ない手術であるので容易な技術ではなく、その成績向上・安全性確保のための具体的方法が問われていますが、泌尿器科では先進的な3次元画像・治療監視システムなどの先進技術を導入しその向上に努めています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K319 鼓室形成手術 41 2.98 3.20 2.44 36.51
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 36 1.22 5.89 0.00 32.56
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 30 1.17 4.77 0.00 53.10
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 27 2.19 7.81 0.00 59.00
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 23 1.13 4.70 0.00 53.48
 高度な技術を要する耳科手術、副鼻腔の内視鏡手術、甲状腺悪性腫瘍手術が多く、最先端の技術を提供しているのが特徴です。
放射線科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 12 1.17 4.83 8.33 60.42
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
K697-31ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cm以内のもの)(その他のもの) - - - - -
 放射線科入院で施行する手術にあたる手技としては、肝癌に対する肝動脈化学塞栓療法やCTガイド下ラジオ波焼灼療法を多く行っています。
 胃静脈瘤や腹部内臓動脈瘤、血管奇形に対する塞栓術も施行しています。また、種々の血管狭窄に対する血管形成術も施行しています。
 その他、放射線科入院で、腎癌に対する凍結療法や頭頸部などの悪性腫瘍に対する動注療法、種々の出血に対する血管塞栓術、膿瘍ドレナージ、埋め込み型中心静脈カテーテル留置などを多数施行しています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 25 0.00 46.96 12.00 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) 19 0.00 39.16 21.05 0.00
K5622 動脈管開存症手術(動脈管開存閉鎖術(直視下)) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - - - - -
K5621 動脈管開存症手術(経皮的動脈管開存閉鎖術) - - - - -
 小児科では、致死的先天性心疾患を始めとする、すべての先天性心疾患を持つ患児に対して、小児心臓血管外科、麻酔科、小児集中治療科と連携をとりながら、外科的手術を行っています。また、当院は最新のカテーテル治療を行える認可施設であり、外科的治療に代わる、もしくは補助する低侵的治療も可能です。
 小児がん拠点病院に指定されている当院においては、多数の新規小児がん患者の紹介入院に対して、抗がん剤治療を含む多診療科連携の集学的治療を行っています。
 早産、低出生体重児、先天奇形症候群などのハイリスク新生児においては小児科医が24時間体制で分娩に立ち会い出生直後の新生児蘇生を行います。新生児仮死に対して速やかな対応を行い、その後のNICUでの入院管理を行っています。
小児外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K836 停留精巣固定術 54 1.06 1.06 0.00 2.06
K6335 鼠径ヘルニア手術 41 1.27 1.07 0.00 3.71
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 40 1.08 1.13 0.00 5.13
K6333 臍ヘルニア手術 15 1.13 1.00 0.00 2.67
K7151 腸重積症整復術(非観血的なもの) 12 0.00 2.92 0.00 1.75
 小児外科における主要手術は、鼠径ヘルニアに代表される日常的に小児に見られる疾患に対する手術で、年間全体の手術数の約1/3を占めます。
 鼠径ヘルニアに対しては、開放手術であるポッツ法および腹腔鏡手術を行っています。停留精巣および臍ヘルニアに対する手術、腸重積症に対する高圧注腸整復など、侵襲が少なく安全で短期間の入院となるよう務めています。
小児心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5741 心房中隔欠損閉鎖術(単独) 12 2.17 7.42 0.00 3.92
K5541 弁形成術(1弁) 11 2.73 9.91 0.00 1.45
K5702 肺動脈狭窄症手術,純型肺動脈弁閉鎖症手術(肺動脈弁切開術(右室流出路形成又は肺動脈形成を伴うもの)) - - - - -
K5801 ファロー四徴症手術(右室流出路形成術を伴う) - - - - -
K5862 単心室症又は三尖弁閉鎖症手術(フォンタン手術) - - - - -
 心房中隔欠損閉鎖術や弁形成術が当院での主要手術となっています。さらに対象となる先天性心疾患の病気は多様なため、各症例に対する手術数は少ないですが多様な手術に対応しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 21 0.14
180010 敗血症 同一 30 0.20
異なる 31 0.20
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 140 0.92
異なる 11 0.07
 DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の患者さんの人数と発生率を表したものです。入院の契機となった病名と、医療資源を最も必要とした病名が同一か否かに分類して集計しています。
 いずれのDPCも発生率は1%未満です。
 手術・処置等の合併症の内訳の上位3分類は、体内関節プロステーシスの機械的合併症が最も多く30症例、他にに分類されない処置のその他の合併症が29症例、他に分類されない処置に合併する出血及び血腫が22症例となっています。
更新履歴
2017年9月29日
初版掲載