ウイルス研究医学部の感染病態学教室

ウイルス学研究

インフルエンザウイルス病原性の分子機構解明に関する研究

Viromicsとメタゲノム研究

生体内ウイルス集団(Virome)の感染動態に関する研究

新規診断・予防法開発

新しい感染症診断・予防法の開発研究

当研究室について

「You cannot see the wood for the trees. :木を見て森を見ず」の戒めは私たちの研究にも当てはまります。
感染症をコントロール(診断・治療・予防)するために、私たちは病原微生物を識ろうとしています。

See the infectious diseases through the pathogens! が私たちの研究モットーです。

具体的な研究テーマとして、

  • インフルエンザウイルス病原性の分子機構解明に関する研究
  • 生体内ウイルス集団(Virome)の感染動態に関する研究
  • 感染症のメタゲノム研究

に取り組んでいます。

また、新しい感染症診断・予防法の開発研究も行っています。

教授からのメッセージ

"ウイルス"は1mmの1万分の1程度の本当に小さな粒子です。
そのままでは増えもしなければ何の物質も産生しません。
しかしながら一度"細胞"の中へ入ると、圧倒的な勢いで自己複製・タンパク質合成を行い、子孫となるウイルス粒子を大量に産生し、細胞外へと飛び出します。
そこには倍々で増える"細胞=生物"の複製ルールは当てはまりません。

さらに"RNA"を遺伝子情報として持つものが多くあり、AIDSの原因となるHIVやインフルエンザウイルスがその中に含まれます。

一つのウイルス粒子が「どの生物のどの細胞に侵入し、どんな物質を産生し、どのように拡がっていくか」で、そのウイルスと生物との関係が決まります。

⇒続きを読む

中屋教授

ウイルス研究医学部

Information

京都府公立大学法人 京都府立医科大学

大阪大学微生物病研究所 感染症メタゲノム研究分野


ページトップへ