京都府立医科大学大学院医学研究科 救急・災害医療システム学

サイトマップ

ごあいさつ

教室案内

診療案内

教育・研修

研究内容

活動記録

教育関連施設

リンク

教育・研修

救急医療学

教育の目的と方針

 疾病や創傷は時間・場所を問わず発生する。人々が健康面で安心して生活を送るためには、場所、時間を問わず医療へのアクセスが等しく保証されていることが重要である。また救急診療においては、疾患ベースでのアプローチよりも病態の把握と症候からのアプローチが、より重要である。救急医療学では、重症度、対象年齢、病態を問わずに対応する救急診療について、その意義と基本的知識、求められる態度を学習する。

教育目標

1 一般目標
  医師として人々の救急医療ニーズに応えることができるように、重症度、対象年齢、病態を問わずに対応する救急診療の重要性を知り、その意義と基本的知識、求められる態度を身につける。

2 行動目標
  (1)救急医療の現状について理解し、課題について検討できる。
  (2)救急医療の特徴を列挙できる。
  (3)病院前救護体制について理解する。
  (4)救急診療における緊急度・重症度分類について理解する。
  (5)緊急病態に関する症候を知り、鑑別を列挙できる。
  (6)一次救命処置を実施できる。
  (7)二次救命処置を説明できる。
  (8)呼吸心拍監視モニターの装着とバイタルサインの測定ができる。
  (9)医療面接を実施して医療情報を収集し、病態を要約することができる。
  (10)救急診療現場での患者・家族とのコミュニケーションの重要性を理解する。
  (11)専門診療科へのコンサルテーションの重要性を理解する。
  (12)創傷処置の基本的手技について説明できる。
  (13)救急病態に関する個別症候のピットフォールを知る。
  (14)災害医療の現状について理解する。
  (15)救急場面ごとのトリアージの概念を理解する。

授業携帯

 系統講義、シミュレーション実習、臨床実習

授業概要

1 系統講義
(1)救急医療学総論
    救急医療の実際と特性、救急医療の現状と課題
(2)救急医療学各論
    ショック、院内トリアージ、心肺蘇生、小児救急、産婦人科救急、熱傷、重症外傷 軽症外傷
    創処置、内因系救急のピットフォール、中毒・環境因子救急、各科救急(眼科 耳鼻科 皮膚科
    泌尿器科 精神科)、プレホスピタルケア、災害医療

2 シミュレーション実習
 一次救命処置、バイタルサインの把握、症候・兆候の把握

3 臨床実習
 診療参加型実習、レポートの発表

指導方法

1 系統講義では、可能な限り症例に即し、救急診療の心構え、緊急処置の基本、見落としやすい
   病態、陥りやすいピットフォール、トピックス、救急診療のやりがいについて、双方向性を持った
  講義を行う。
2 シミュレーション実習では、マネキンやスキルトレーナーを用い、救急医療に関わるスキルを体験 
   し、チーム医療の重要性を体感する。
3 臨床実習では、本学附属病院および協力医療機関での実際の救急診療現場で、指導医による監督の 
  もとで診療に参加し、レポートの発表を行う。

教科書

1 Emergency Medicine. A Comprehensive Study Guide. 第7版
  Tintinalli JE et al. ed.  McGraw-Hill Professional. 2010年
   最も標準的な救急医学のテキスト。合理的、客観的で新鮮な内容と、簡潔明瞭な記載が特徴。

2 Atlas of Emergency Medicine. 第3版
  Knoop KJ et al.McGraw-Hill Professional. 2009年
   救急診療で遭遇する疾病、外傷につき写真が満載されている。説明文も簡潔で正確。

3 研修医当直御法度 第4版 寺沢秀一ら 三輪書店 2007年
  マニュアル的な構成だが、救急診療テキストとして必須の内容がおさめられており、陥りやすい
   ピットフォールも明示されている。

4 救急診療指針 改訂第4版 日本救急医学会 監修 へるす出版 2011年
  救急診療に最低限必要な診療上の知識、技術について、具体的かつ明快に解説。
   日本救急医学会救急科専門医試験のための公式参考書

5 Dr.林の当直裏御法度―ER問題解決の極上Tips70  林寛之 三輪書店 2006年
  救急診療の難しさとやりがい、プロフェッショナリズムとストレスマネージメントにつき、笑いの
   感覚で読みやすく書かれている。救急診療に興味がある人にはぜひ読んでもらいたい。

6 ER・救急のトラブルファイル 太田凡 監訳 MEDSi 2007年
  米国の救急室で実際にあった数々の反省症例が紹介され、公平な分析のもとに教訓をシェアする
   という方針が貫かれている。

7 救急・ERエッセンシャル手技 北原 浩 監訳 MEDSi 2008年
  救急外来で行う救急医による診療手技が救急医によって書かれている

成績評価基準

1 系統講義は、毎回の講義時の提出レポートおよび筆記試験により成績評価を行う。
2 臨床実習は、実習への参加とレポートにより成績評価を行う。

救急医療学

・救急医療学臨床実習は、本学附属病院(月・火・水・金)および協力病院(木)で行います。
・月曜日午前10時(火曜日が祝日の場合は火曜日午前10時)に、救急医療学教室医局
 (中央診療棟2階)に集合してください。

一般目標

・年齢、性別、主訴、来院時間、来院手段に関わらず、緊急医療ニーズのある患者に対し、
  良好なコミュニケーションに基づいて標準的な医療を提供するという考え方と態度を身につける。

行動目標

1.患者、家族の苦痛や不安に配慮することができる。
2.患者背景と鑑別診断を意識した病歴聴取ができる。
3.守秘義務の必要性を理解し、プライバシーへの配慮ができる。
4.バイタルサインを測定し、結果から病態を解釈することができる。
5.12誘導心電図検査を実施し、緊急性のある疾患を診断できる。
6.鑑別診断と緊急度・重症度を念頭においた身体診察を実施できる。
7.病歴と身体所見から臨床推論を行い、適切な検査計画を立てることができる。
8.コメディカルや救急隊員と良好なコミュニケーションをとることができる。
9.臨床上の疑問点を解決するために情報を収集して評価し、臨床への適応を検討できる(EBM=Evidenced Based Medicineの実践)。
10.救急医療におけるプレホスピタルケアの役割と意義について理解する。
11.適切に症例提示を行うことができる。
12.救急医療におけるチーム医療の重要性を理解する。

実習上の注意事項

(1)医療従事者の一員として見られることを自覚し、社会的な基本的マナー、ルールを厳守する。
    特に時間は厳守し、各施設での取り決めに従って行動する。
(2)医療者として妥当で清潔な服装を心がけ、ネームプレートを常時胸に表示する。
(3)臨床の妨げにならないように配慮しながら積極的に実習に参加し、教科書的知識をいかに臨床で
    用いるかについて理解を深める。

実習内容

・月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)10時より本学附属病院で臨床実習を開始する。
・月曜日または火曜日に本学附属病院で夜間救急当直実習を行う(翌日日勤帯の実習との交代性)。
・火曜日(火曜当直実習者)または水曜日(月曜当直実習者)に本学附属病院で8時30分より17時まで
  日勤帯救急診療実習を行う。
・木曜日(祝日の場合は水曜日)は実習協力病院で臨床実習を行う。実習協力病院は、
  グループメンバーが別々の病院を選択する。
・金曜日は本学救急医療学教室医局で症例検討会、レポート評価を行う。

評価方法

 評価表の項目をふまえながら、臨床実習への参加状況、実習中の態度、最終日に提出するレポート
内容により評価する。

初期研修医教育

専門研修教育

カンファレンス

研修会

教室員専用ページ

専攻医・大学院内容

アクセスマップ

Page Top