発 表

国際学会 招待講演 01. Kinoshita S, Nakamura T, Nishida K: Pathological keratinization of ocular surface epithelium. The Third International Conference on the Lacrimal Gland, Tear Film and Dry Eye Syndromes: Basic Science and Clinical Relevance, Maui, Hawaii, USA, 2000.11.17.
02. Nakamura T: LRIG1 controls corneal homeostasis. 3rd Midnight Sun Symposium LRIG Proteins and the Regulation of Growth Factor Signaling, Abisko, Sweden, 2014.6.27.
03. Nakamura T: Corneal Regeneration using Tissue-specific Epithelial and Endothelial Cells. From Cells to Tissues: Stem Cells, Tissue Repair & Tissu Engineering for Diabetes, Eye Disease & Neurodegenerative Diseases, Dublin, Ireland, 2014.9.18.
国際学会 シンポジウム
01. Kruse FE, Koizumi N, Fullwood NJ, Cooper L, Nakamura T, Inoki K, Tsuzuki K, Quantock AJ, Kinoshita S. Clonocally relevant results In basic fundamental research of the cornea「Kultur menschlicher Stammzellen fur die Epitheltransplantation」. 99th Annual Meeting of the German Society of Ophthalmology, Berlin, Germany, 2001.9.29.
02. Inatomi T, Nakamura T, Koizumi N, Sotozono C, Kinoshita S: Clinical application of cultivated mucosal epithelial transplantation for ocular surface reconstruction. XVI International Congress of Eye Research (ICER), Sydney, Australia, 2004.9.2.
03. Nakamura T, Koizumi N, Inatomi T, Sotozono C, Kinoshita S: Ocular Surface Reconstruction Using Cultivated Mucosal Epithelial Stem Cells. XVI International Congress of Eye Research (ICER), Sydney, Australia, 2004.9.3.
04. Nakamura T, Kinoshita S: Hes1 regulates development and the function of corneal epithelial stem/progenitor cells. ⅩⅧInternational Congress of Eye Research, China, Beijing, 2008.9.25.
05. Nakamura T, Takeda K, Inatomi T, Sotozono C, Kinoshita S: Autologous Cultivated Oral Mucosal Epithelial Teansp;antation in Severe Ocular Surface Disorders:Long-Term Results. World Cornea Congress Ⅵ, Boston, USA, 2010.4.9.
06.
Nakamura T, KinoshitaS: Hes1 Regulates Corneal Development and The Function of Corneal Epithelial Stem Progenitor Cells. XIX Biennial Meeting of the International Society for Eye Research(ISER), Montreal, Canada, 2010.7.22.
07.
Nakamura T: Long-Term Clinical Results of Autologous Cultivated Corneal Limbal Epithelial Transplantation in Severe Ocular Surface Disease. The 2nd Asia Cornea Society Biennial Scientific Meeting, Kyoto, Japan, 2010.12.3.
08. Nakamura T: Long-Term Results of Autologous Cultivated Oral Mucosal Epithelial Transplantation in The Scar Phase of Severe Ocular Surface Disease. 2010 Korea-Kyoto Joint Cornea Conference, Kyoto, Japan, 2010.12.3.
09.
Nakamura T: Long-Term Results of Cultivated Epithelial Transplantation for Severe Ocular Surface Dysfunction. The Cornea and Tissue Engineering, Wales, Cardiff, 2011.8.19.
10.
Nakamura T: Recent advances and future challenges in ocular surface reconstruction. APAO/SOE Busan 2012. Busan Korea, 2012.4.14.
11.
Nakamura T: Lrig1 Controls Corneal Maintenance Through the Stat3-Dependent Inflammatory Pathway. ISER XXI Biennial meeting, San Francisco, California, USA, 2014.7.21.
12.
Nakamura T: Ocular surface reconstruction with a tissue-engineered nasal mucosal epithelial cell sheet for the treatment of severe ocular surface diseases. The 1st Advanced Biomedical Engineering Research Center Symposium, Kyoto, Japan, 2015.2.21.
13.
Kitazawa K, Hikichi T, Ikeda T, Nakamuru T, Ueno M, Kawasaki S, Masui S Kinoshita S: Direct conversion of fibroblasts to human corneal epithelial-like cells by defined factors. 2015 Asia ARVO, Yokohama, Japan, 2015.2.16.
14.
Nakamura T: Holoclone-type stem cells control corneal homeostasis. 2015 Asia ARVO, Yokohama, Japan, 2015.2.16.
15.
Nakamura T: Holoclone-type Stem Cells Controls Corneal Homeostasis. Chulalongkorn Eye Center (CEC) and Kyoto Prefectural University of Medicine (KPUM) Joint Meeting, Bangkok, Thailand, 2015. 8. 19.
 

 
国内学会 シンポジウム
01. 中村隆宏: 培養上皮移植による眼表面の再構築 「オキュラーサーフェス再構築の新しい考え方と方法」. 第56回日本臨床眼科学会, 盛岡, 2002. 9. 29.
02. Nakamura T: Ocular surface reconstruction using cultivated mucosal epithelial stem cells. The 8th Annual Meeting of the Kyoto Cornea Club, Kyoto, 2002.12.7.
03.
中村隆宏: 生体デバイスとしての培養粘膜上皮シート「Ocular surfaceの再生医療」.第27回角膜カンファランス 第19回日本角膜移植学会, 軽井沢, 2003.2.21.
04. 中村隆宏: 培養上皮移植「角膜移植の現在と未来」.第57回日本臨床眼科学会, 名古屋, 2003.10.31.
05. 中村隆宏: 難治性眼表面疾患に対する培養口腔粘膜上皮移植術の開発(第一回日本角膜学会学術奨励賞受賞記念講演). 第28回角膜カンファランス 第20回日本角膜移植学会, 米子, 2004.2.19.
06.
中村隆宏: 難治性眼表面疾患における病的角化の分子機構(平成15年度日本眼科学会学術奨励賞受賞記念講演). 第108回日本眼科学会総会, 東京, 2004.4.17.
07.
中村隆宏: 角膜再生医療の現状と課題. 第6回日本再生医療学会総会, 横浜, 2007.3.13.
08. 中村隆宏: 培養上皮移植の最前線. 第33回角膜カンファランス 第25回日本角膜移植学会, 大阪, 2009.2.20.
09. 中村隆宏: 角膜再生医療の新たな展開. 京都府立医科大学「研究開発センター」第11回学術講演会(JST戦略的国際科学技術推進事業 日本―スイス研究交流事業). 京都, 2009.11.4.
10.
中村隆宏: 角膜再生医療の最前線. 第9回日本再生医療学会総会. 広島, 2010.3.19.
11. 中村隆宏: 口腔組織を用いた角膜再生医療の現状と展望. 第11回日本抗加齢医学会総会, 京都, 2011.5.27.
12.
中村隆宏: 瘢痕性角結膜疾患と外科治療. 第35回日本眼科手術学会総会. 名古屋, 2012.1.27.
13. 中村隆宏: Recent advances and future challenges in ocular surface reconstruction. 第116回日本眼科学会総会. 東京, 2012.4.6.

 
 
 
 
 
特別講演
 
01. Nakamura T: Strategy for Corneal Regeneration -Tissue Engineering and Cellular Surgery. Cardiff & KPUM meeting. Kyoto, Japan, 2005.1.25.
02.中村隆宏: 難治性眼表面疾患への挑戦―病態の解明から角膜再生へ. 第114回日本眼科学会総会 名古屋
  2010.4.15.  (第15回ROHTO AWARD 受賞記念講演)

 
研究会
 
01. 川崎論, 西田幸二, 堂田敦義, 中村隆宏, 木下茂: 京都府立医科大学における角膜変性症の遺伝子解析. 第27回福井県眼科集談会, 福井, 1998.8.2.
02. 中村隆宏: 眼表面疾患における病的角化のメカニズム. 第5回眼科分子生物学研究会, 青森,2001. 3.24.
03.
瓶井資弘, 中村隆宏, 都築祐勝, 安原徹, 鄭守, 木下茂, 久米典昭, 北徹: 糖尿病網膜新生血管と黄斑変性脈絡膜新生血管におけるスカベンジャーレセプター発現の相違. 糖尿病合併症に関する研究会, 東京, 2001.6.2.
04.
中村隆宏: 角膜再生への挑戦. 第4回広島大学幹細胞研究会, 広島, 2002.5.15.
05. 川崎諭, 遠藤健一, 中村隆宏, 木下茂: ヒトin vivo, in vitroの角膜、結膜および口腔粘膜上皮細胞のキャラクター解析. 第107回日本眼科学会総会 第4回眼科DNAチップ研究会, 福岡, 2003.4.20.
06.
中村隆宏: Ocular surface reconstruction by tissue engineering. 京都大学再生医学研究所田畑研究室セミナー, 京都, 2003.5.31.
07.
中村隆宏: 組織工学を用いた角膜再生への挑戦. 第3回バイオ分野チャレンジ研究会, 京都, 2004.2.10.
08.
中村隆宏: 組織工学を用いた角膜再生への挑戦. 第7回組織工学・再生医学ワークショップ, 大阪, 2004.3.6.
09. 中村隆宏: 角膜に対する再生医療学的アプローチ. 兵庫県東部地区眼科医会学術講演会, 兵庫, 2004.3.27.
10. 中村隆宏: 難治性眼表面疾患に対する培養粘膜上皮幹細胞移植術の開発に関する研究. 厚生省ヒトゲノム再生医療等研究推進事業 研究成果発表会“先端医学研究の進歩と今後, 東京, 2006.2.24.
11. 中村隆宏: 難治性角膜疾患に対する角膜再生医療の最前線. 第22回神戸市立医療センター中央市民病院眼科臨床懇話会, 兵庫, 2008.11.6.
12. 中村隆宏: Regenerative Therapy for Cornea. 熊本大学発生医学研究所平成22年度グローバルCOEリエゾンラボ研究会, 熊本, 2010.11.17.
13. 雨宮傑, 中村隆宏, 足立圭司, 山本俊郎 木下茂, 金村成智: ヒト羊膜を用いた新たな歯周組織再生法の再発. 第27回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い(平成22年度)」, 東京, 2011.1.8.
14. 中村隆宏: 難治性眼表面疾患への挑戦~病態の解明から角膜再生へ~. 愛媛大学医学部プロテオ医学研究センター特別セミナー, 愛媛, 2011.3.3.
15. 堀内稔子, 中川絋子, 稲富勉, 外園千恵, 上田真由美, 中村隆宏 ,小泉範子, 横井則彦, 木下茂: 当科10年間の全層角膜移植術における術後成績の検討. 第81回京都府立医科大学同窓眼科集談会ならびに明交会総会, 京都, 2011.9.23.
16. 中村隆宏: 「難治性眼表面疾患への挑戦」~病態の解明から角膜再生へ~. 第13回眼科若手研究者の会. 東京, 2011.10.8.
17. 中村隆宏: 学会ダイジェスト. 第14回眼科若手研究者プログラム. 東京, 2012.4.6.
18. 中村隆宏: 難治性眼表面疾患への挑戦. 第1回JBP研究会, 久留米, 2012.8.31.
19. 中村隆宏: 角膜上皮再生医療への挑戦. 科学・技術フェスタ, 京都, 2013.3.17.
20. 中村隆宏: JBP485を用いた新規点眼薬開発を目指して. 第2回JBP研究会, 久留米, 2013.9.13.
21.
森川恵輔, 外園千恵, 稲富勉, 中村隆宏, 横井則彦, 松尾俊康, 木下茂: 先進医療としての羊膜移植の現状と有効性. 第83回京都府立医科大学同窓眼科集談会ならびに明交会総会, 京都, 2013.9.15.
22. Nakamura T: Holoclone-Type Stem Cells Control Corneal Homeostasis. Kyoto International Workshop for Visual Science 2013. Kyoto, 2013.11.4.
23. 中村隆宏: 白内障、緑内障、診察アップデート. 第10回ほりかわフォーラム, 京都, 2014.06.21.
24. 中村隆宏: 難治性角膜疾患への挑戦~病態の解明から角膜再生へ~. 第2回New Frontiers Conference, 横浜, 2014.7.3.
25. 中村隆宏: JBP485を用いた新規点眼薬開発を目指して2014. 第3回JBP研究会, 東京, 2014.8.8.
26. 中村隆宏: 角膜再生医療の最前線. 第11回宮城県セミナー, 仙台, 2014.8.23.
27. 中村隆宏: 「角膜内皮移植(DSAEK)の適応と現状」. 第46回神戸市立医療センター中央市民病院眼科臨床懇話会内, 神戸, 2014.11.6.
28. 中村隆宏: 感覚器の未来医療を考える. 第9回めざせ!コルネアの鉄人~ , 東京, 2015.2.27.
29. 中村隆宏: 難治性角膜疾患への挑戦 ~病態の解明から角膜再生へ~ . 堀川病院第9回部署活動発表会, 京都, 2015.2.28.
30. 中村隆宏: 学会ダイジェスト. 第19回眼科若手研究者の会. 札幌, 2015.4.17.
31. 中村隆宏, 外園千恵, 稲富勉, 木下茂: 淋菌性角結膜炎後角膜穿孔に対する表層角膜移植による角膜再建~臨床学的・病理組織学的考察~. 第121回京都眼科学会, 京都, 2015.6.14.
32. 中村隆宏: 幹細胞と創傷治癒. 第19回眼創傷治癒研究会, 兵庫, 2015.8.22.
33. 中村隆宏: JBP485を用いた新規点眼薬開発を目指して2015. 第4回JBP研究会, 久留米, 2015.9.4.
34. 中村隆宏: 角膜の未来医療を考える. 第4回石川オキュラーサーフェス研究会, 金沢, 2015.11.5.