京都府立医科大学雑誌 第101巻1〜12号(平成4年1月〜12月発行)
発行号別
 目       (Contents) 
NO .
10 11 12
 Vol.101,No.1 January 1992  
原       著(Original Works)
 
白井 馨:ヒト培養血管内皮細胞のPGI2産生遊離機構におけるCa++及びNa+動態の関与
       ―Na+−KATPase活性およびCa+−Ca++交換系を中心として―
1
Fukuda, Wataru :Kinetics of immune complexes and complementactivation in cationized
           activaation in catinoized antigen induced experimental glomeruloephiritis
17

Mizuno, Toshiki:Changes in diprotonated inorganic phosphate and intramuscular acidity
          during muscle fatigue in rat skeletal mmuscle studied by in vivo
             31P-nuclear magnetic resonance spectroscopy

31
松野 博行:低酸素細胞放射線増感剤KU-2285の実験動物腫瘍の分割照射における増感
        効果について
43
井手 真理子:三次元化学シフト画像法によるMULTI-VOXEL 1H-MRSの実用化と脳代謝
         画像の検討
57

Sawada, Manabu:Contribution of media conditioned by concanvalin A activated spleen
           cells to the onset of diabetes mellitus of BB/W rats

71
Morita, Yutaka:The role of oxygen-derived gree radicals in the pathogenesis of cerulein-
          induced pancreatitis in rats
81
小林 裕:顕微蛍光測光法によるヒト巨核球の核DNA定量
93
川瀬 秀明:哺乳動物におけるスペルミジンの代謝に関する研究―ラットの尿中より未同定代謝
        産物である2-オキソ-1-ピロリジンプロピオン酸の分離同定―
105
Ueda, Masahiro:Generation of complement fragments increases expression of C3 receptors on
          polymorphonuclear leukocytes in patients during hemodialysis
115

山本 慎一:肥大型心筋症モデルラット心臓におけるβ受容体/アデニレートシクラーゼ系の機能
        変化について

129
          
投稿規程
151
     
Vol.101,No.2 February 1992  
原       著(Original Works)
   

山本 徹:Monosodium L-glutamate処置マウスの肥満と低体長の発症原因解明に関する研究
      ―インスリン,サイロキシン,ソマトメジンCと肝NaK-ATPase活性―

155
Yasuhiro, Shioaki :Experimental studies on incorporation of bromodeoxyuridine into VX2
            matastatic liver tumor ―After intra-arterial, intraporatal and intra-
            venous administration of bromodeoxyuridine―
165
清水 義博,ほか:外科的療法が著効した胃癌術後肝リンパ漏による難治性腹水の1例
175
辻 秀治:ラット実験食道潰瘍の治癒過程に関する研究
181
時田 和彦:細胞増殖からみたヒト胃癌背景粘膜の研究
199
原田 博行:L-スレオならびにエリスロ-3,4-ジヒドロキシフェニールセリンのラット脳内
        モノアミン及びその代謝産物の含量トメトアンフェタミン誘発の行動に及ぼす影響
213
         
集談会抄録:第622〜623回京都府立医科大学学術集談会
225
     
 Vol.101,No.3 March 1992  
原       著(Original Works)
   
Minami, Masahito:point mutations in the hepatitis B virus precore region in Japanese patients
            with chronic HBV infection
235
勝目 紘,ほか:心筋症の臨床的研究
          KCM study に登録された心筋症患者の初年度調査報告―症候を中心に―
245
小西 英一:ラット初代培養肝細胞を用いた多倍体細胞の細胞周期解析―自動ステージ結合
        型顕微鏡蛍光測光装置を応用して―
259
加藤 正人:Bethanechol連続投与のラット膵臓に及ぼす肥大効果およびその発現機序に関す
        る研究
271
佐々木 純一:妊娠ラットに及ぼす抗プロゲストーゲンの効果に関する基礎的研究
287

本田 光世:抗ヒト大腸癌モノクローナル抗体A7-NCS複合体の臨床応用におけるA7の動態
        と免疫反応に関する研究―特にHuman Anti-Mouse Antibody(HAMA)の発現と
        中心として―

303

福岡 正晃:エストロゲン依存性腫瘍に対するアロマターゼ阻害剤の抗腫瘍効果に関する基礎
        的研究

317
        
会   報:第24回組織培養カンファランス
335
集談会抄録:第624回京都府立医か大学学術集談会
336
   
Vol.101,No.4 April 1992  
原       著(Original Works)
  
川上 定男:ホルマリン固定パラフィン包埋標本を用いた乳癌・胃癌組織内のestrogen receptor
        の免疫組織化学的研究
343
Asaka, Y. et al.:5,7,3',4'-Tetrahydroxy-3-methoxy flavine, a potent anti-tumor promoter
          isolated from Gnaphalium indicum
353

木村 晋也,ほか:アルキル化によるDNA損傷の細胞への影響とその修復過程の
            Flow Cytometryによる解析

361
松田 知之,ほか:呼吸器疾患を伴った高齢者回復術の麻酔管理
367
谷 俊男:ラット実験的慢性胃炎およびヒト慢性胃炎の増殖細胞分布の解析
373
梅田 朋子,ほか:アポクリン化生癌の2例
383
      
集談会抄録:第625回京都府立医科大学学術集談会抄録
389
博士論文要旨(甲第455〜459号,乙第1222〜1229号)
402
投稿規程
423
   
Vol.101,No.5 May 1992  
総          説(Review)
  
高梨 芳彰,ほか:脳磁図の原理とその臨床応用
427
            
原       著(Original Works)
  
清河 志朗,ほか:高齢者における上部消化管出血の特徴
441
藤本 美智子:小児急性白血病長期生存60例の予後調査
         (2)神経学的および内分泌学的件と晩期障害
449
町野 満夫,ほか:皮膚転移腫瘍細胞で見られた結晶封入糸粒体について
            −民間病院で提供された生検片を材料として−
459
人見 智:樹立株化シュワン細胞由来神経栄養因子の部分精製とその生物活性
463
平田 たつみ:神経細胞膜蛋白質A5に対するイムノブロット可能なモノクローナル抗体の作成,
         および,アフリカツメガエル神経系におけるA5発現の解析
477
      
会    報:第25回組織培養カンファランス
487
博士論文審査要旨:(甲第460号,乙第1230〜1233号,甲第461〜465号)
488
   
Vol.101,No.6 June 1992  
原       著(Original Works)
  
Sakakura, C. et al.:A case report: Remarkable respose of perianal Paget's disease to
            treatment with 5-fluorouracil ointment
509
Liu, H. et al. :Case-control study on the risk facors forpeptic ulcer disease in Taiwan
517
柱本 照,ほか:慢性関節リウマチに続発し急激な臨床経過をたどった消化管アミロイドー
          シスの一例
529
小笹 晃太郎,ほか:京都府の主要死因の主成分分析による解析
537
中川 善雄,ほか:外傷性髄液漏16例の臨床的検討
545
    
  
集談会抄録:第626回京都府立医科大学学術集談会抄録
553
博士論文要旨(甲第467〜472号,乙第1234〜1242号)
561
投稿規程
585
    
Vol.101,No.7 July 1992  
原       著(Original Works)
  
藤井 光広,ほか :右腎摘出10年後に膵転移が確認された腎細胞癌の1例
589

Mizobe, T. et al. :Extracorporeal membrane oxygenation for severe postoperative pneumoia

597

Nishida, K. et al.:Chromosome translocation, t(3;14)(q27;q32.3), in two cases of B-cell non-
           Hofgkin's lymphoma

603
伊東 宏:Ca++による中枢性降圧作用に関する検討
611

仲井 幹雄,ほか:低酸素負荷による睡眠時血圧動揺の解析

625

佃 信博:肝腫瘍に対する血管降下剤動注療法の腫瘍効果に関する実験的研究

635
Yoshioka, K. et al. :Vibratory perxeption threshold in diabetic patients measured by Suzuki-
             Matsuoka Vibrometer(SMV-5)
645

Yoshioka,K. et al. :A case of circulating anticoagulant to factor VIII in an aged woman

651
    
集談会抄録:第627回京都府立医科大学学術集談会抄録
657
博士論文要旨(乙第1243〜1247号)
659
   
Vol.101,No.8 August 1992  
原       著(Original Works)
  
立川 弘孝:急性虚血心筋における心臓交換神経活動とpostextrasystolic potentiation
669
Minami, M. et al.:DNA analysis of hepatitis B virus in an anti-HBe positive HBV carrier
           whose fiance died of fulminant hepatitis B
683
反町 吉秀:グルタチオン代謝と脂質過酸化物の比較生化学的研究−生理的状態の各種
        マウスの系統差−
691
大森 浩二,ほか:大腸癌肝転移切除例の検討
709
   

集談会抄録:第628回京都府立医科大学学術集談会抄録

714
博士論文要旨(甲第473〜483号,乙第1248〜1254号)
718
   
Vol.101,No.9 September 1992  
中村文雄先生を偲んで
749
原       著(Original Works)
 
西山 勝彦,ほか:高齢者肺癌の手術について
751
兼子 裕人,ほか:MRIにて経過観察してNeuro-Behcet病の一例
757

Motoi, S. et al. :Studies on the pulmonary metastasis of B16-melanoma
          -Resistance of a highly metastatic subline to NK cell lysis-

763
川合 寛治,ほか:乳腺穿刺吸引細胞診の検討
773
丸山 圭史,ほか:生体電気インピーダンス法による体組成の測定
            第1法:測定条件に関する検討
781
小原 尚之,ほか:緊急胆道ドレナージ法(ENBD)の有用性について
           −減黄効果ならび予後を踏まえて−
791

戎井 浩二:前立腺重量と食生活・性生活との関係に関する疫学的研究

805
馬場 みわ子:実験的熱傷創の治癒過程に及ぼすDBcAMPの作用−組織学的観察および
        コラーゲン分子種の生化学的検討−
817
   
 Vol.101,No.10 October 1992  
総        説(Review)
  
前田 知穂:これからの病院に求められるシステム:PACSについて
839
            
原       著(Original Works)
   
中村 修治:インテグリンファミリーとは異なった分子を認識する新規モノクローナル抗体(R1-20)
        による細胞凝集の誘導
847
瀬戸 良文:胆汁酸の肝細胞障害機序に関する実験的研究
861
橋本 恒一:Mergocryptine (2-methyl-α-ergocryptine)の脳内ドーパミンおよびセロトニン神経
        系に対する作用の神経化学的解析
875
康原 正弘:成熟加齢過程における前十字靭帯骨付着部の生体力学的特性と組織学的変化
895
河合 隆寛:対外循環中の虚血再灌流障害に関する実験的研究
        −心筋Ca2+代謝およびスーパーオキサイドディスムターゼとカタラーゼの有用性−
913
清田 啓介,ほか:Non-ulcer dyspepsiaに対する臨床的研究−予報−
931
   
Vol.101,No.11 November 1992  
原       著(Original Works)
 

岩本 恒典,ほか:冠動脈バイパスグラフト開存率の検討

941
中川 修史,ほか:肝inflammatory pseudotumorの一例
947
中川 修史,ほか:魚骨による食道潰瘍の一例
953
Shimotsuma, M. et al.:Segmenntal pacreatectomy following Roux-Y pancreatiojejunostomy
              for the surgical treatment of a cystadenoma of the pancreatic body
959

細田 修司:ヒト子宮内膜および内膜癌組織内エストラジオール・エストロゲンセレプター結合
        阻害物質に関する研究

965
川本 一柞:プロトン核磁気共鳴法による角膜上皮・内皮のバリアー機能評価
973
鶴海 博:キメラ抗体と抗癌剤との複合体の作製とその生物学的活性に関する実験的研究
985
田村 裕二:熱ショックタンパク質の温熱療法およびインターフェロン療法における役割
        −骨肉腫細胞株を用いて−
999
   
集談会抄録:第629回京都府立医科大学学術集談会
1007
博士論文要旨(乙第1255〜1259号)
1016
   
Vol.101,No.12 November 1992  
勝 義孝名誉教授を追悼して
1035
原       著(Original Works)
 
Yoshioka, K. et al. :Anti-obesity action of a new β3-adrenoceptor agonist, BRL 35,135, in
            MSG obese mice
1037
Sakane, N. et al. :A case of mixed gonadal dysgenesis with secretory dysfunction of
            growth hormone
1043
長谷川 功,ほか:京都府立医科大学周産期診療部NICU10年間の観察から
1051
岩本 恒典,ほか:心臓原発横紋筋肉種の一例
1061
松原 周信:心拍数,体温,歩数の連続測定とエネルギー消費量の推定
1067
野口 明:マウスモノクローナル抗体A7-Fab fragmentの作製と生物学的性状に関する研究
1079
伊藤 通敏:ペプロマイシン吸着活性炭による癌リンパ節転移の四号と治療に関する実験的
        研究
1089
米山 千尋:腹膜播腫性転移に対する活性炭吸着Aclarubincinの臨床応用のための基礎的
       研究
1097
      
ヘルシンキ宣言
1109
実験動物の飼養及び保管等に関する基準
1111
投稿規程
1113
附録:第101巻総目次
T〜XI

 

 戻る