京都府立医科大学雑誌 第102巻1〜12号(平成5年1月〜12月発行)
発行号別
 目       (Contents) 
NO .
10 11 12
 Vol.102,No.1 January 1993  
原       著(Original Works)
 
斎藤 明彦:胃びらんおよび十二指腸炎の危険因子に関する症例・対照研究
1
河内 秀幸:カルシウム波の心筋細胞間伝播機序に関する研究
15

若松 美和:初代培養神経細胞における〔3H〕Taurine 取り込み能の変化および脳内〔3H〕Taurine
        特異的結合部位に関する神経化学的解析

27
中村 隆志:ラット肥大型心筋症の左室機能不全の特徴:左室弛緩能とペーシング負荷時の左室
        圧発生の解析
43
張 英華:羊水細胞を用いた出生前胎児染色体診断
61

安住 有史:細胞周期に伴うKi-67抗原の発現量と局在様式の解析
        −自動ステージ顕微鏡測光法を用いて−

73
Nito Yuji :Role of superoxide anion radical in acute gastric mucosal and vascular injury induced
       by ischemia-reperfusion in rats
87
Takahashi Shuji:Role of nitric oxide in acute intestinal damage induced by endotoxin in rats
107
岸本 光夫:ラット主要組織におけるDNase I感受性細胞の解析:In situニックトランスレーション法
        のパラフィン切片への応用による
129
下竹 孝志:先天性無神経節腸管の発生に関する胎生学的研究
        −ミュータントマウス胎仔消化管神経叢に於けるNCAM及びL1分子の発現過程−
141
          
投稿規程
149
     
Vol.102,No.2 February 1993  
原       著(Original Works)
   

Urabe, M. et al.:Human steroid sulfate mRNA level in human tissues

153
Wada, T. et al.:Evaluation of raight ventricular outflow tract obstruction before and afte surgery
161
Yoshioka, K. et al. :Contribution of visceral fat accumulation to metabolic complications in obesity
169
Inoue, F. et al.:Preparation of 18O, 2H- labeled acyl-glycines as internal standards for
          quantitative mass spectrometric analysis
177
Inoue, F. et al. :Effect of aspirin on glycine conjugation in isovaleric acidemia
183
石丸 圭荘,ほか:鍼通電および経皮的電気刺激法の深部痛覚閾値におよぼす影響について
189

志馬 伸朗,ほか:過換気発作後に生じた低酸素血症の2症例

197
田中 善紹,ほか:気管支結核の4症例
201
坂本 博彦:Quinupramineの中枢作用に関する薬理学的研究
205

柳原 潤,ほか:胆道閉鎖症術後に肝移植が行われた4例の術前検討

223
         
集談会抄録:第630回京都府立医科大学学術集談会抄録
230
博士論文要旨(甲第484〜289号,乙第1260〜1264号)
233
     
 Vol.102,No.3 March 1993  
原       著(Original Works)
   
田邊 進一 :加令に伴う後部視床下部GABA系の変化と圧受容器反射との関連
253
平田 正弘:高血圧発症維持に占める延髄腹外側部(RVLM)と後部視床下部(PH)のcholinergic
        神経機構の役割
265
小原 尚之:ラット消化管の迷走神経系支配についての解析−逆行性神経細胞標識物質:
        Cholera-toxin B subunit による検討−
279
藤田 幸久:原発性肺腫瘍におけるbasic fwtproteinの免疫組織学的検討ならびにその臨床応用
        に関する検討
297
伊勢谷 和史:BrdUおよびpol-α免疫組織化学併用によるヒト胃腫瘍の細胞増殖に関する研究
311
石井 秀美:トロンビン刺激血小板におけるカルパインI型の活性化機序と役割
327

高祖 均:赤外線電子内視鏡の基礎的臨床的研究

343

竹迫 俊行:弧束核(NTS)におけるNeuropeptide Y(NPY)の血圧調節機構とその高血圧発症
        維持への関与について

367

久津見 弘:Phenylarsine oxideによるヒト多形核白血球スーパーオキサイドアニオン産生の
        特異的な阻害とその機構について

379
岡 正直:アルコール性肝障害及びウイルス性肝障害におけるプロテアソームの動態
391
奥 成顕:1-β-D-arabinofuranosylcytosineによるK562細胞の分化誘導効果とpoly ADP-
       ribosylationとの関係
401
Yamamoto, Hidehiko:The Lack of SEP amplitude increase indicatiing the early involvement
             of the reduction in diabetes
411
張 英華,ほか:蛍光 in situ ハイブリダイゼーション法による性染色体数的異常の迅速診断法
421
   
Vol.102,No.4 April 1993  
原       著(Original Works)
  
岩本 恒典,ほか:冠動脈バイパス手術(CABG)に於ける完全血行再建に対する反省
            −安全性と成績向上の為の考察−
429
Ohtomo, S. et al.:Osteoblastic menigioma at the level of 12th thoracic vertebra, showing a
            direct tumor sign
437

伊志嶺 智子,ほか:食道癌のリンパ節再発による主気管支狭窄に対するExpandable metallic
              stentの飼養経験

445
Yamamoto, T. et al.:Histological and cytological effects of medroxyprogesterone aceteta(MPA)
             in endometrial carcinoma
451
猪田 浩史:Interleukin-1βおよびProstaglandin E2による発熱時の循環ならびに体液の応答
459
伊地智 俊晴,ほか:下肢の錐体路徴候を伴いMRIにて頚髄側索変性が示唆された平山病
              類似のFlexion myelopathyの一例
469
戸田 省吾,ほか:検診時腫瘤影で発見された肺葉内肺分画症の1手術治験例
475
Ozasa, K. et al. :A cohort study of lifestyle and other risk factor total death in a rural town
481

Honjo, H. et al. :BOne mineral loss in young women with menstrual irregularity and/or lumbago
              stentの飼養経験

491
Kohli, Y. et al .:Helicobacter pylori distribution in gastric mucosa of patients with gastric caner
499
      
会    報:第3回青蓮賞受賞論文要旨
505
集談会抄録:第631〜632回京都府立医科大学学術集談会抄録
511
博士論文要旨(乙第1265〜1271号,甲第490号,乙第1272,1273号)
522
   
Vol.102,No.5 May 1993  
原       著(Original Works)
  
上田 祐二,ほか:食道癌術後肺転移症に対する異系LAK細胞養子免疫療法とその抗腫瘍
            効果発現機序の検討
541
Nishino, H. et al. :Inhibitory effect of chalcone derivatives on tumor promoter-induced
           phenomena and on growth of malignant tumor cells
551
Horikawa, Y. et al.:Cerebello-potine angle lipoma
557
高顕 純平:十二指腸乳頭部Oddi括約筋の運動機能に関する研究
        −内視鏡下胆道内圧測定による検討−
563
足立 勝也:コレステロールとパルミチン酸の腸管吸収におよぼす種々の胆汁酸の影響
585
西村 和彦:ヒト大腸癌の発生と進展に伴う細胞増殖の変化とp21ras及びp53の発現について
597
井上 滋夫:正常および各種異常妊娠における胎盤aromataseに関する研究
        −ELISAによる定量的検討-
611
      
集談会抄録:第633〜634回京都府立医科大学学術集談会抄録
629
   
Vol.102,No.6 June 1993  
原       著(Original Works)
  
岩本 恒典,ほか:血管内溶血からみた京都第一赤十字病院での人工弁選択の検討
657
岩本 恒典,ほか:京都第一赤十字病院における人工弁置換後の経口抗凝固療法
            -国際標準比(INR)表示での検討−
665
横山 ちひろ:自傷行為モデルラットにおけるドーパミン神経系
         −新生仔期6-hydroxydopamine投与ラットの行動特性とドーパミン神経系の
         傷害部位−
673
勝盛 哲也:肝細胞癌に対する肝胆癌区域・亜区域塞栓術
        −Lipiodolの門脈枝描出像による治療成績の検討−
687
    
  
集談会抄録:第635回京都府立医科大学学術集談会抄録
699
博士論文要旨(乙第1274〜1276号,甲第491〜494号,乙第1277〜1283号,
          甲第495,496号,乙第1284〜1285号)
713
投稿規程
742
    
Vol.102,No.7 July 1993  
原       著(Original Works)
  
Kawauchi, A. et al. :The possibility of centripetal stimulation from the urinary bladder for
             vasopressin excretion
747

植木 孝宜,ほか:OK-432とfibrinogen混合液リンパ節内局注が奏功したと考えられる
           Stage4胃癌の1例

753

Mori Hiroshi :Monosodium glutamate-induced obesity and overeating can induce overt
         diabetes in neonatally streptozotocin treated glucose intilerant mouse

759
牧野 弘之:正常および肝硬変部分切除後の肝再生におよぼす脾摘の影響に関する
        実験的検討
779

Tsujimoto, H. et al. :A study of general surgery on maintenance hemodialysis patients
             -recent experiences-

795

岩崎 吉伸:alpha-napthyl thiourea(ANTU)惹起肺水腫における肺血管透過性の経時的変化
       および血管作動性物質の関与

803
    
集談会抄録:第636回京都府立医科大学学術集談会抄録
816
博士論文要旨(乙第1286〜1291号,甲第497〜507号)
819
   
Vol.102,No.8 August 1993  
原       著(Original Works)
  
Motoi Shigehiro:Role of NK and CD4-positive T cells in in vivo antitumor activity
           against B16 melanoma in mice
847
高淵 洋彰:低分子ヘパリノイドの抗凝固作用特性とDICに対する阻止効果の検討
861
Sonoda, Y. et al. :Interleukin-6 supports terminal proliferation and maturation of human bone
           marrow derived megakaryocyte progenitors in vitro
873
Yoshihara, T. et al.:Heterogeneity of human neuroblastoma cell adhesion to fibronect
            in during neuronal and schwannian differentiation
885
Okamoto, T. et al.:Needlesticl injuries and clinical trial of pervention of hepatitis C virus
            infection by interferons in hospital employees
893
上田 祐二:Class I MIHC抗原低発現性腫瘍に対する養子免疫療法の基礎的研究
899
下尾 和敏:WKY/NCrjラットにおけるファロー四徴症,肺動脈弁異形成および肥大型心筋症
        の心機能異常の解明−心エコー図法と心カテーテル法を用いて−
921
   

集談会抄録:第637回京都府立医科大学学術集談会抄録

937
博士論文要旨(甲第508,乙第1292〜1296号,甲第509〜514号)
943
   
Vol.102,No.9 September 1993  
原       著(Original Works)
 
岩本 芳浩,ほか:外傷性脳梗塞の検討
953
Kitamura, K. et al.:Inhibitory effect of monosialoganglioside on epidermal growth factor
            receptor dimerization
981

山根 哲郎,ほか:胃十二指腸潰瘍穿孔の外科治療の変遷についての臨床的検討

989
粂 多佳子,ほか:乳房切断術における低血圧麻酔法の有用性と施行例における
            有効血圧維持レベルの検討
999
沢辺 保範,ほか:胃悪性リンパ腫症例の検討
953
大森 浩二:周術期における肝転移発現と抑制に関する実験的研究
981

小林 恭一郎:ヒト血管内皮細胞のPGI2産生機構に及ぼすアンギオテンシン変換酵素(ACE)
         阻害薬の影響とその構造の差異について
         −細胞内Ca++およびcyclic mucleotides動態に関する検討

989
丸山 圭史:生体電気インピーダンス法による体組成の測定
        −第2報:血液透析患者に関する検討−
999
Tsuchihashi, Y. et al.:Histopathological study of the effect of OK=432 on lymphangioma
             of an infant
1013
   
博士論文要旨(甲第515〜第522号,乙第1297〜1303号)
933
   
 Vol.102,No.10 October 1993  
原       著(Original Works)
  
喜多 正和,ほか:マウス飼育環境におけるサイトカインmRNA発現への影響
1089
Enmoto, T. et al.:Surgical management of jujunal leiomyosarcoma -A case of 12-yewr survival
           with repeated resection for intraperitoneal recurrence-
1093
渡部 欣忍:アコースティック・エミッション法による仮骨の生体力学的特性の評価に関する
        基礎的研究
1101
千坂 武司,ほか:ヒト肝癌由来PLC/PRF/5細胞に組み込まれているHBV-DNAに及ぼす
           インターフェロン(IFN)の影響
1117
相馬 雅明:Plate HybridizationによるDNAおよびRNAウイルス・ゲノムの新しい超高感度
        定量法の開発に関する研究
1127
Otsuji, E. et al.:small intestinal amyloidosis in a patient with long term hemodialysis
1145
Murakoshi Michiaki :Studies on antitumor-promoting and antirumor activities of α-carotene
1151
柴田 節子:末梢神経自家移植術後の微細血管再構築に関する実験的研究
1169
桑田 克也:緑茶成分(−) -epigallocatechin gallateによる消化器発癌の抑制
1183
   
博士論文要旨(甲第523〜第525号,乙第1304〜1306号,甲第526号,乙第1307〜1312号)
1194
   
Vol.102,No.11 November 1993  
原       著(Original Works)
 

童 麗媚:γ型インターフェロンによるヒト骨肉腫細胞の増殖促進作用

1217
中山 和行:天然型ヒト腫瘍壊死因子の宿主介在性抗腫瘍作用の作用機序に関する研究
1229
杉本 尚仁,ほか:バイポーラーポリペクトミースネアを用いた粘膜除去法の基礎的および
           臨床的検討
1243
Okano Shinji :Intra-lymph nodal injection of an mixture of OK432 and mitomycin C cures
         distant lymph
1249

北井 祥三:抗ヒト大腸癌マウスモノクローナル抗体A7のF(ab')2フラグメントの生体内動態
        に関する実験的研究

1261
横井 則彦:プロトン核磁気共鳴法による角膜上皮・内皮のバリアー機能評価
1275
鶴海 博:キメラ抗体と抗癌剤との複合体の作製とその生物学的活性に関する実験的研究
1289
田村 裕二:熱ショックタンパク質の温熱療法およびインターフェロン療法における役割
        −骨肉腫細胞株を用いて−
1301
   
集談会抄録:第638回京都府立医科大学学術集談会
1311
博士論文要旨(乙第1313〜1320号)
1317
   
Vol.102,No.12 November 1993  
原       著(Original Works)
 
荻野 博巳:組換えヒト膵分泌性トリプシンインヒビターの大腸菌菌体外生産機構の解析と
        その蛋白化学的,酵素学的性状
1333
Tanaka Satoshi :Molecular analysis of hereditary antithrombinIII deficiency
1353
阪倉 長平:アクラシノマイシン吸着微粒子活性炭(ACR-CH)局在投与によるマウス所属
        リンパ節内免疫能賦活作用に関する基礎的研究
1365
小黒 厚:ポジトロンCTによる局所脾血流量測定に関する研究−脾血流量と肝機能の関係−
1377
Nagao Yasuyuki :Role of cytokeratin-intermediate filaments in hepatocytes during mitosis
1389
高 謙一郎:パルス磁場勾配NMR法による正常および変性椎間板内水分子拡散の定量的解析
1405
Kojima, O. et al.:Immunohistological study of progesterone receptors in human gastric cancer
1415
Kojima, O. et al.:Inhibition of gastric caner cell lines by tomoxifen
1421
小島 治,ほか:胃癌組織内におけるc-erbB2蛋白とestrogen receptorの局在と予後に関する
           研究
1429
      
集談会抄録:第639回京都府立医科大学学術集談会
1435
附録:第102巻総目次
T〜XV
     
Vol.102, Suppkement Decenber 1993
学位論文追補
吉川 三郎 :水質ぽーらろぐらす的研究
       第一編 重金属ノ微量分析
S1
       第二編 水中溶解酸素ノ分析
S33
       第三編 酸素極大ト水ノ汚染度二周テ
S45
加藤 一夫 :異種乾燥血球内容注入の臨牀的研究
S51
隠岐 宗達:大脳半球の形態学的研究補遺
S65
藤井 哲:猫の頸髄外側核についての実験的研究
S89
米田 栄之:色彩好悪に関する精神医学的研究
S103
石津 元康:脳動脈硬化症の椎骨動脈写像
        −その所見の分類と臨床症状との関連−
S121

 

 戻る