京都府立医科大学雑誌 第105巻1〜12号(平成8年1月〜12月発行)
発行号別
 目       (Contents) 
NO .
10 11 12
 Vol.105,No.1 January 1996  
原       著(Original Works)
 
清水 俊寿:C3H/Heマウス乳癌(FM3A腫瘍)における放射線と低線量全身照射,Bestatinとの
        併用効果について
1
富家 文孝:気腫性腎盂腎炎:臨床像と画像診断
11
成原 英彦:N-methyl-D-aspartateおよびsodium nitroprusside誘発性のacetylcholine放出に
       おけるperoxynitriteの役割:マウス大脳皮質神経細胞を用いた解析
19
平田 理佳:ラット心筋のCalcitonin Gene Related Peptide(CGRP)受容体の特性と慢性心不全時
        における機能変化に関する薬理学的研究
33
関本 郁史:人間ドックにおいて発見された無症候性脳梗塞の危険因子に関する症例対照研究
47

Sakai RYuuta:Kinetics of use-dependent conduction delay by class I antiarrhythmic drugs in
          human atrium

59
藤居 亙:ヘテロサイクリックアミンの中枢作用に関する薬理学的研究
73
Matsumura Satoshi:Effect of peritoneal macrophages on acid secretory function of parietal cells
89
三好 雅美:職域における大腸癌検診
103
弘田 まこと:十二指腸潰瘍症例に対するHelicobacter pylori除菌の医療経済的検討
121
林 隆志:OK-432によるマウス線維芽細胞のTNF産生誘導と抗腫瘍活性
141
Yamamura Yoshiro:A novel urokinase-type plasminogen activator secreted by human pancreatic
            cancer cell line, HPC-YS
151
川嶋 祥樹:マウス線条体ニューロンペプチドYに対するメタフェタミンおよびフェンサイクリジンの
        影響−画像解析を用いた免疫組織化学的研究−
159
山下 達久:境界パーソナリティ構造を伴う摂食障害の治療
167
                                            
集談会抄録:第658回京都府立医科大学学術集談会
179
ヘルシンキ宣言
187
実験動物の飼養及び保管等に関する基準
189
投稿規程
191
     
Vol.105,No.2 February 1996  

長花 操名誉教授を追悼して

195
原       著(Original Works)
   

山根 哲郎,ほか:腹腔鏡下胆嚢摘出術453症例の検討
            −前・後期における比較検討と術式改善の影響−

191
井本 雅美:ラット正常膵の成長および急性膵炎後の膵サイ性におよぼすcholecystokinin受容体
        拮抗剤KSG-504の影響
205
葛西 恭一,ほか:男性同性愛者に発症した大腸アメーバ症の一例
217
藤野 博也:内視鏡的食道静脈瘤硬化療法の合併症と長期予後に関する研究
221

前川 正義,ほか:3歳以下発症のモヤモヤ病にどう対処するか

237
中村 公郎:脳腫瘍におけるpentose phosphate pathwayの意義
245
庄林 智:活性炭吸着ペプロマイシンの毒性と肺線維症軽減に関する実験的研究
253
森岡 宏行,ほか:ブドウ球菌における糖鎖の局在とその意義
265
宗川 勝彦,ほか:顎関節症89症例における臨床統計的観察
271
宮垣 拓也:131I標識モノクローナル抗体A7を用いたヒト大腸癌のradioimmunodetectionに関する研究
277
Kitamura, K. et al.:Clinicopathologic charcteristics of early gastric cancer in young and
            older patients
285

吾妻 隆久:手根骨部分固定術後の手根骨の動作解析に関する実験的研究

291
植村 理:椎間板の粘男性変形と椎間板内の水の動態の1H-MRIによる解析
307
山下 琢:外傷性肩関節前方不安定症におけるBankart lesionの新しい関節鏡分類の有用性に
      関する臨床的研究
319
   
集談会抄録:第667回京都府立医科大学学術集談会
328
博士論文要旨
337
     
 Vol.105,No.3 March 1996  
原       著(Original Works)
   
岩本 芳浩:外傷性脳損傷後の神経栄養因子mRNA発現と遺伝子治療へ向けての基礎的研究
343
松尾 敏:Monosodium L-glutamate肥満マウスの高インスリン血症と発育障害に対する
      Dextromethorphan投与の影響
357
Nakajima Tomoki:Oriliferative activity and apoptosis in hepatocellular carcinoma
369
西機 哲夫:新生児の虚血性脳障害におけるマグネシウム投与の影響
379
小松 博史:ラット培養メサンギウム細胞における血小板活性化因子の細胞増殖および
        チロシンリン酸化反応に対する影響の検討
259
Takami Shiro:changes in connexin32 in experimental intrahepatic and extrahepatic cholestasis
393
Tanaka Toru:The role of adhesion molecules in the development of autoimmune diabetes in the
          RT6.1-deplated DR-BB rats
407
Masahiro Arai:Protective effect of β-carotene on gastric mucosal injury induced by
          ischemia-reperfusion in rats
423
廣内 雅明:GABAA受容体α1サブユニットの遺伝子発現に関する分子薬理学的研究
435
管 文賢,ほか:ICG負荷試験とGalactose負荷試験に対する出血と成分輸血の影響
447

管 文賢,ほか:定量的肝切除後の肝機能評価におけるICGとGalactose負荷試験の有用性

457
          
医学フォーラム(Forum)
   
藤原 敦子:エディンバラ大学奮戦記
          ―夏期学生として実験に参加して―
467
集談会抄録:第660回京都府立医科大学学術集談会
471
   
Vol.105,No.4 April 1996  
原       著(Original Works)
  
山本 和明:未破裂脳動脈瘤の手術適応―過去の症例の検討から―
485
Park Hyohun:Activated pancreatic B cell function in acute liver injury in D-galactosamine
         treated rats
491
Kitamura, K.et al.:p-loop jejunal interposition after proximal gastrectomy for early gastric cancer
503
秋本 昌一:Segmental Lipiodol TAEによる再発パターンに関する検討
        -Lipiodol CT patternと血管系の変化―
511
河村 啓司:アルコール依存症形成機序に関する行動薬理学的研究
        ―ラット即座核神経毒投与によるアルコール嗜好性の変化―
523
弥永 邦彦:外傷性肩関節前方不安定症における骨性因子について
537
瀬理 純:手関節三角線維軟骨の微細血管分布に関する研究
549
大槻 克一:肥大型心筋症における心筋脂肪酸代謝障害に関する研究
561
      
集談会抄録:第661回京都府立医科大学学術集談会抄録
431
   
Vol.105,No.5 May 1996  
原       著(Original Works)
  
東原 繁樹:高知市浦戸大橋における投身者の社会精神医学的研究
597
Morimoto,S. et al.:A case of idiopathic thrombocytopenic purpura with warm-reactive and
            cold-reactive autoantibodies
609
天神 博志,ほか:一時的脳体外循環用小口径内面ヘパリン塗布カテーテルの試作(第1報)
617
Tanaka Shinji:Heterogeneous fusion of BCR and ABL genes in philadelphoa
         chromosome-positive acute leukemia
612
竹内 孝幸:肝再生及び肝発癌におけるc-myc mRNAの発現と細胞増殖の関係に関する組織
        化学的研究-in situ ハイブリダイゼーションを用いて-
633
超 京:前腕骨間膜の修復に関する実験的研究
651
赤井 秀幸:赤外線電子内視鏡の臨床応用
        -食道静脈瘤硬化療法前後に着目して―
665
中野 克哉:Barrett食道の発生と特性に関する臨床病理学的および実験的検討
679
      
博士論文要旨
692
   
Vol.105,No.6 June 1996  
原       著(Original Works)
  
小笹 晃太郎,ほか:医学生の喫煙状況(1992〜95年)
701
島 俊英:電子スピン共鳴法を用いた肝細胞膜におけるnitroxideラジカルの消去機序に関する研究
709
堂埜 秀文:腕神経叢牽引損傷に関する生体力学的研究
725
Satomi, Y .et al.:Anti-tumor-promoting activity of fucoxanthin, a natural carotenoid
739
吉田 昌弘,ほか:胆嚢捻転症の一手術例
745
    
  
集談会抄録:第670回京都府立医科大学学術集談会抄録
749
博士論文要旨
762
投稿規程
779
    
Vol.105,No.7 July 1996  
原       著(Original Works)
  
吉岡 慎二:手根管症候群における症状誘発肢位の臨床的検討
785

植木 孝宣,ほか:マウス自然肝転移モデルにおけるOK-432およびrIL-2投与の肝転移抑制
            効果の検討

797

徳永 大作:小指浅指屈筋腱の破格に関する実験的研究

803

高橋 謙治:軟骨様細胞におけるサイトカインおよびストレスタンパク質の静水圧負荷による発現
        動態に関する研究

815
    
会報:第6回青蓮賞受賞論文要旨
827
集談会抄録:第663回京都府立医科大学学術集談会抄録
833
博士論文要旨
841
   
Vol.105,No.8 August 1996  
原       著(Original Works)
  
圓本 剛司,ほか:僧帽弁置換術後に発症したMRSAによる難治性敗血症の1例
865
山根 哲郎,ほか:早期直腸癌手術例の臨床病理的検討とその手術対応
871
村田 博昭:骨肉腫における蛍光in situ ハイブリダイゼーション法を用いた染色体異常とDNA
        プロイディの関連に関する研究
877
菅沼 泰:血管新生阻害剤による肝転移抑制に関する実験的研究
891
   
集談会抄録:第664回京都府立医科大学学術集談会抄録
899
博士論文要旨(乙第1440〜第1449号,甲第618号〜623号,乙第1450〜1458号)
907
   
Vol.105,No.9 September 1996  
糸井素一名誉教授を偲んで
949
原       著(Original Works)
 
松尾 泰孝,ほか:京都府立医か大学周産期診療部NICU
            ―開設後14年の現況と課題―
951
Asakura, F.et al.:Experimental saccular aneurysms in pig carotid arteries
963

Yamane, T.et al.:Treatment for early colon cancer with laparoscope-assisted colon resection

969
石橋 一哉:発作性心房細動患者における心房細動閾値測定の臨床的意義に関する検討
977
郭 金龍:一酸化窒素(NO)誘発性〔3H〕GABA放出機構に関する研究
991
     
博士論文要旨(乙第1459,1460号,甲第624〜626号,乙第1461〜1472,甲第627〜637号)
1001
   
 Vol.105,No.10 October 1996  
原       著(Original Works)
  
島 孝友:インドメサシンによる胎生末期の動脈管狭窄がラット心の形態および機能に及ぼす
      影響:ヒト肥大型心筋症類似病変の誘発
1047
高田 治:微小血管血栓モデルの作製と低分子ヘパリンの抗血栓作用の検討
1069
安田 究:精神分裂病患者の随伴性陰性変動(CNV)に対する音声雑音の注意散乱効果
1087
劉 亞黎:マウス急性ウイルス性心筋炎におけるサイトカインの役割
1097
    
博士論文要旨(乙第1473号,甲第638〜648号)
1109
   
Vol.105,No.11 November 1996  
総     説(Review)
 
Nishino Hoyoku :Cancer chemoprevention by food constituents and their related compounds
1131
原       著(Original Works)
 

徐 俊:一酸化窒素(NO)の神経細胞へのCa2+流入誘発機序に関する研究

1145
西出 直人,ほか:実験的片側咬合拳上がラット咬筋重量に及ぼす影響
1155
Onodera Hideki :Role of complement in nonspecific inflammation in patients with asthma
1163
保田 仁介,ほか:Chlamidia tracomatis母子感染とその予防プログラムの有用性
            -13年間の評価と今後の課題
1179
   
博士論文要旨(甲第649,乙第1474〜1487号)
1189
   
Vol.105,No.12 November 1996  
原       著(Original Works)
 
趙 秀之,ほか:腹壁再発を二度にわたり切除しえたS状結腸癌の1例
1215
後藤 武近:癌性胸膜炎に対する抗癌剤胸腔内投与法に関する基礎的ならびに臨床的研究
1221
日比野 康:Hydroxyl radical scavengerによる一酸化窒素(NO)誘発性〔3H〕GABAh放出の増強
        機序に関する研究
1241
小山 拡史:モデル解析とポジトロンCTを用いた肝血量測定法の開発
1251
Kosaka Tatsushi :Mechanisms responcible for reduced microcirculation in cooled tissue as
           studied in innervated and sympathectomized rat mesenteries
1263
志賀 俊樹:骨粗鬆症ラットの骨折修復過程に関する研究
1279
      

会  報:第5回癌化学療法カンファレンス

1213
集談会抄録:第665回京都府立医科大学学術集談会
328
附録:第105巻総目次
T〜VIV

 

 戻る