京都府立医科大学雑誌 第115巻1〜12号(平成18年1月〜12月発行)
項目別
 目       (Contents) 
特集 緩和ケア 心血管病治療 循環器研究 分子標的医療 最終講義 総説 原著 フォーラム 部門紹介 病院だより 集談会抄録 博士論文要旨
特        集
      
特集 緩和ケアにおけるチーム医療の意義と実践
      

緩和ケアチームにおける麻酔科医の役割:廣瀬宗孝
                      (京都府立医科大学大学院医学研究科麻酔学)

175
緩和ケアチームにおけるリエゾン医の役割:濱元 泰子,ほか
                  (京都府立医科大学学院医学研究科精神機能病態学)
183

緩和ケアチームにおける放射線科医の役割:坪倉 卓司,ほか
               (京都府立医科大学大学院医学研究科放射線診断治療学)

191
緩和ケアチームにおける薬剤師の役割:神林 祐子,ほか
                         (京都府立医科大大学附属病院薬剤部)
201
緩和ケアチームにおける看護師の役割:冨田 英津子,ほか
                         (京都府立医科大学附属病院看護部)
211
      
    
特集 心血管治療の最前線
    

巻頭言:辰巳 哲也(京都府立医科大学大学院医学研究科循環器病態制御学)

359

動脈硬化形成におけるレニン・アンジオテンシン系解明の新展開:山田浩之,ほか
                (京都府立医科大学大学院医学研究科循環器病態制御学)

361

幹細胞を用いた心筋再生:高橋 知三郎
                (京都府立医科大学大学院医学研究科循環器病態制御学)

371

最新の不整脈治療:白山 武司
                (京都府立医科大学大学院医学研究科循環器病態制御学)

379

京都における急性心筋梗塞治療の現況:沢田 尚久
                (京都府立医科大学大学院医学研究科循環器病態制御学)

387

細胞移植を用いた急性心筋梗塞治療:辰巳哲也
                  (京都府立医科大学大学院医学研究科循環器病態制御学)

395
      
    
特集 循環器研究の最前線
    

巻頭言:高松 哲郎(京都府立医科大学大学院医学研究科細胞分子機能病理学)

359

再生医療 末梢血管病から心筋再生:高橋 知三郎,ほか
                (京都府立医科大学大学院医学研究科循環器病態制御学)

361

食塩感受性高血圧症と腎ナトリウム再吸収制御機構:新里 直美,ほか
            (京都府立医科大学大学院医学研究科生理機能制御学)

371

虚血性心筋症に対する外科治療の最前線
−遅延MRIによる局所心筋バイアビリティー評価に基づいた左室形成術の適応
 と術式選択−:
小川 貢,ほか
     (京都府立医科大学大学院医学研究科心臓血管・呼吸器機能制御外科学)

379

心臓と繊毛:横山 尚彦(京都府立医科大学大学院医学研究科生体機能形態科学)

387

分子心臓発生学研究の最前線:白石 公
                (京都府立医科大学大学院医学研究科発達循環病態学)

395

不整脈の発生貴質を求めて
−心筋カルシウムシグナリング異常と不整脈−:
田中秀央,ほか
              (京都府立医科大学大学院医学研究科細胞分子機能病理学)

395
   
特集 分子標的医療研究の新展開     

巻頭言    奥田 司(京都府立医科大学大学院医学研究科分子標的癌予防医学)

723

造血器腫瘍における新たな分子標的としてのFLT3変異:横田 昇平
                  (京都府立医科大学大学院医学研究科血液病態制御学)

725

EGFR阻害剤(gefitinib/イレッサ®)の小児固形腫瘍における
臨床応用への検討:
繻エ 康通,ほか
                  (京都府立医科大学学院医学研究科小児発達医学)

739

慢性骨髄性白血病に対する分子標的治療
-新規Bcr-Abl/Lyn同時阻害剤INNO-460の開発-
:木村 晋也,ほか
                  (京都大学附属病院輸血細胞治療部)

749
消化管間質腫瘍(GIST)治療におけるイマチニブグリベックの意義:
分子標的としてのc-kit
:阪倉 長平,ほか 
                 (京都府立医科大学大学院医学研究科消化器機能制御外科学)
761
抗CD20抗体を用いた悪性リンパ腫の治療戦略:野村 憲一,ほか
                  (京都府立医科大学大学院医学研究科血液病態制御学)
771
         
        
    
最終講義(Commemoratibe Lectures by Departing Professors)
    
八木 克巳:科学と数学
     445
 
    
総        説(Review)
  
    
島田 順一:白色発光ダイオードの基礎と応用
         −固体照明の技術革新に伴う医工連携と産学連携の夜明け−
     1
辻 肇:血管内皮細胞による血栓形成の制御
     47

Hideo Tanaka et al. :Spatiotemporally non-uniform dynamics of intracellelar Ca2+
             in the heart

     53
谷脇 雅史:造血器腫瘍の進歩と腫瘍内科学
   111
山岸 正明:先天性心疾患外科治療の最前線
    241
Mayumi Nishi et al.:Corticosteroid receptor dynamics: implications from live cell imaging
    445
山岸 久一:難治性固形腫瘍に対する細胞免疫療法〜過去・現在・未来〜
    609
Keisho Kataoka:Specialized nutrition support corresponding to pathophysiological changes
           in acute and chronic pancreatitis
    625
長崎 生光:DNAのトポロジー
791
園山 輝久,ほか:肝細胞癌に対する外科治療
799
Tamotsu Hashimoto-Gotoh et al:Presenilins:clarification of contradictory observations
                    contradictory observations using molecular and
                    developmental animal models
809
田代 啓:ゲノム研究としてのシグナルシークエンストラップ法の意義とその成果
877
      
 
   
原       著(Original Works)
   
    
木村 修,ほか:高位鎖肛に対する腹腔鏡下腹会陰式肛門形成術後の排便機能
13
Hamaguchi M et al.:Serum anti-ribosomal P antibody reflected the activity neuropsychiatris
             syndromes in systemic lupus erythematosus:Report of 2 cases

65

荒金 英樹,ほか:難治性癌性腹水患者におけるPeritoneovenous shuntの使用経験
119
小森 秀樹:トリアムシノロン硝子体内注入による汎網膜光凝固後黄斑浮腫の抑制
127
Mika Okita:Serum 8-hydroxydeoxyguanosine levels in chronic hepatitis C patients treated
457
石原 靖紀:顆粒球刺激因子のマウス骨格筋由来造血幹細胞への影響
467
Takashi Kasai et al.:A case of amyotrophic lateral sclerosis that partially responded to
             immunomoduating therapy
649
中西 正芳,ほか:腹腔下胆嚢摘出術後に診断された胆嚢癌症例の検討
657
Hideki Fujii et al.:Hepatoc arterial infusion chemotherapy for advanced hepatocellular
           carcinoma:analysis of prognostic factors in patients receivinf low-dose
           cisplatin and 5-fluorouracil
887
  
   
  
     
追悼文
 

岩瀬善彦名誉教授を偲んで

357
岸田綱太郎名誉教授を偲んで
721
     
医学フォーラム
 
特集:タスキがけ方式による本学の卒後臨床研修の現状について
259
第16回青蓮賞受賞論文要旨
479
   
海外留学だより
     

横田知哉:ハリケーン,"Rita"の思い出      

  889

山口寛二:アメリカ留学記

  903
海外留学体験記
     

平位秀世:Beth Israel Deaconess Medical Center(Tenen研究室) 留学体験記
        

  663
塘 義明:Cardiovascular Research, St Elizabeth's Medical Center
  666
高取良太:シカゴ留学体験記
  670
浅井 純:ボストンでの留学生活
673
黒田純也:「WEHIで学ぶ」
  827
秋岡親司:Dana-Farber Cancer Institute@harvard.med.eau
  830
丸山和一:留学について
833
浮村 理:クリーブランドクリニック低侵襲外科部門の3年間
  906
    
     
部門紹介
     
総合診療部
19
医療安全管理部
75
血液浄化部
137
感染対策部
217
医療センター
347
医療機器管理部
405
内科学教室消化器内科学部門
487
内科学教室循環器・腎臓内科学部門
676
内科学教室内分泌・免疫内科学部門
779
内科学教室血液・腫瘍内科学部門
836
内科学教室呼吸器内科学部門
909
    
    
病院だより
    
大津市民病院
23
金井病院
81
兵庫青野原病院
139
五条山病院
223
丹後中央病院
343
医療法人財団厚生会武田病院
414
公立山城病院
493
甲南病院
409
六地蔵総合病院
681
宇治おうばく病院
781
京丹後市立久美浜病院
840
なぎ辻病院
915
   
学術集談会抄録
第747回京都府立医科大学学術集談会
27
第748回京都府立医科大学学術集談会
75
第749回京都府立医科大学学術集談会
145
第750回京都府立医科大学学術集談会
230
第751回京都府立医科大学学術集談会
414
第752回京都府立医科大学学術集談会
500
第753回京都府立医科大学学術集談会
684
第754回京都府立医科大学学術集談会
922
 
博士論文要旨
乙第1915,1916号,甲第1076号,乙第1917,甲第1077,1918号,乙第1918〜1921号,
甲第1079号
55
甲第1080,1081号,乙第1922〜1925号,甲第1083号,乙第1926〜1929号
153
甲第1084,1085号,乙第1930〜1933号
431
甲第1092〜1113号
689
甲第1114〜1131号,乙第1938〜1941号
846
   
 
ヘルシンキ宣言
36
実験動物の飼養及び保管等に関する基準
39
附録:投稿規程
1,6号
附録:総目次
I〜XII

 

戻る