京都府立医科大学雑誌 第117巻1〜12号(平成20年1月〜12月発行)
発行号別
 目       (Contents) 
特集 活性酸素 心不全治療 難病@ 難病A 1000号 最終講義 総説 原著 留学だより・体験記 部門紹介 病院だより 集談会抄録 博士論文要旨
特        集
      
特集『生体内における活性酸素産生酵素とその意義』
   
編集担当:矢部千尋(京都府立医科大学大学院医学研究科病態分子薬理学)
   
巻頭言:矢部千尋(京都府立医科大学大学院医学研究科病態分子薬理学)
233
新しい活性酸素産生酵素NOX/DUOXファミリーの機能:六反 一仁,ほか
     (徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部ストレス制御医学分野)
235
NOの役割と臓器障害: 中田 徹男(京都薬科大学病態薬科学系臨床薬理学分野)
243

新しい活性酸素産生酵素のNOX1の発現調節機構:勝山 真人
                 (京都府立医科大学大学院医学研究科病態分子薬理学)

255
活性酸素酸性酵素の遺伝子異常と疾患:矢部 千尋
                 (京都府立医科大学大学院医学研究科病態分子薬理学
263
   
特集『心不全治療の現状』
   
編集担当:白山武司(京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学)
   
巻頭言:白山武司(京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学)
233
心不全の薬物治療:中村 猛(京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学)
235
心不全のリハビリテーション:白石 裕一
                  (京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学)
243
ペースメーカによる心不全治療−心室再同期療法:白山 武司
                 (京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学)
255
心不全の外科治療:土井 潔,ほか
          (京都府立医科大学大学院医学研究科心臓血管・呼吸器外科学)
263
   
特集『”難病”診療の最前線@』
   
編集担当:片岡 慶正(京都府立医科大学大学院医学研究科消化器内科学)
   
巻頭言:片岡 慶正(京都府立医科大学大学院医学研究科消化器内科学)
603
リウマチ性疾患の診断と治療の進歩〜生物学的製剤がもたらした恩恵〜
         川人  豊(京都府立医科大学大学院医学研究科免疫内科学)
605
皮膚科難病診療の最前線−天疱瘡の病態と治療:上田英一郎,ほか
                 (京都府立医科大学大学院医学研究科皮膚科学)
613
神経疾患”難病”診療の最前線〜ALSの研究と診療の進歩〜:中川 正法
                (京都府立医科大学大学院医学研究科神経内科学)
621
骨・関節系疾患”難病”診療の最前線:久保 俊一,ほか
         (京都府立医科大学大学院医学研究科運動器機能再生外科学)
633
重症急性膵炎診療の最前線:阪上 順一,ほか
              (京都府立医科大学大学院医学研究科消化器内科学)
641
        
特集『京都府立医科大学雑誌通刊第1000号発行記念』
 
 編集担当:松哲郎
          (京都府立医科大学大学院教授,京都府立医科大学雑誌編集委員長)
    669
京都府立医大誌1000号発刊を祝す:山岸 久一(京都府立医科大学長)
     673
京府医大誌通刊1000号の発行を祝して:佐野 豊
           (京都府立医科大学名誉教授,元京都府立医科大学雑誌編集委員長)
     675
アーカイブスとしての京都府立医科大学雑誌:森本 武利
           (京都府立医科大学名誉教授,元京都府立医科大学雑誌編集委員長)
     679
京都府立医科大学雑誌1000号記念特集を祝す:今西 二郎
          (京都府立医科大学大学院教授,前京都府立医科大学雑誌編集委員長)
     683
       
特集『”難病”診療の最前線A』
    
編集担当:片岡 慶正(京都府立医科大学大学院医学研究科消化器内科学)
    
巻頭言:片岡 慶正(京都府立医科大学大学院医学研究科消化器内科学)
763
難治性血液腫瘍診療の最前線:島崎千尋,ほか
             (京都府立医科大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学)
765
呼吸器系疾患における”難病”診療岩ア 吉伸,ほか
                 (京都府立医科大学大学院医学研究科呼吸器内科学)
775
心血管難病に挑む再生医療:的場 聖明,ほか
                (京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学)
783
Stevens-Johnson症候群:上田 真由美,ほか
         (京都府立医科大学大学院医学研究科視覚機能再生外科学)
793
代謝・内分泌系疾患”難病”にいかに取り組むか
−内分泌疾患を見逃さないために−:長谷川 剛二,ほか
           (京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科学)
801
   
特集『保健看護学の将来的課題』
   
編集担当:三瓶 眞貴子(京都府立医科大学大学院保健看護研究科保健看護専攻)
                (京都府立医科大学医学部看護学科看護学講座)
   
巻頭言:岡山寧子(京都府立医科大学大学院医学研究科消化器内科学)
           (京都府立医科大学医学部看護学講座)
919
超高齢社会への提言『介護予防は体力維持から』:木村 みさか
             (京都府立医科大学大学院保健看護研究科保健看護専攻)
             (京都府立医科大学看護学科教養教育講座)
921
臨床看護教育の課題と展望:中川 雅子
             (京都府立医科大学大学院保健看護研究科保健看護専攻)
             (京都府立医科大学看護学科看護学講座)
941
保健師教育の変遷と今日的課題:福本 恵
             (京都府立医科大学大学院保健看護研究科保健看護専攻)
             (京都府立医科大学看護学科看護学講座)
947
   
最終講義(Commemorative Lectures by Departing Professors)
  
    
杉本 徹:小児悪性腫瘍株の樹立と臨床・基礎医学への貢献
     135
佐野 護:生物学の研究,彷徨からの呟き
     507
本庄 英雄:思春期・更年期・老年期
     593
      
      
総        説(Review)
  
    
鈴木 敏弘:MRSA感染耳への対応
     1
徳永 大作,ほか:関節リウマチの早期診断
           −なぜ必要か、どのようにアプローチするか−
     63
羽 夏樹,ほか:前立腺癌における核マトリックスタンパクhigh mobility group protein
           AT-hook1(HMGA1)の役割            
     167
國場 幸均,ほか:大腸癌に対する腹腔鏡下手術の現状と展望            
     329
吉川 敏一,ほか:熱ショック蛋白と癌            
     517
細井 創:小児がんのトランスレーショナルリサーチ  
687
池谷 博:寄生生物の法医学的利用 
835
      
      
原       著(Original Works)
   
    
山口 正秀,ほか:FDG-PET/CTによる乳癌リンパ節転移診断の検討
7
間嶋 孝,ほか:鈍的外傷における遅発性横隔膜ヘルニアの1例
181
曽我 幸次,ほか:巨大嚢胞を伴った無症候性褐色細胞腫の1例
337
間嶋 孝,ほか:大網裂孔ヘルニア嵌頓の1例
343
間嶋 孝,ほか:大腿ヘルニア内に嵌頓をきたした虫垂の1手術例
343
沼尻 敏明,ほか:頭頸部再建における大胸筋皮弁移植術の検討

525

藤山 准真,ほか:閉鎖孔ヘルニアの2例

697

藤原 浩芳,ほか:キーンベック病に対する血管柄付き骨移植術

705

近藤 正樹,ほか:髄液検査の有用性と合併症についての検討
             −当施設における824例の解析−

843

  
      
追悼文
 
岡 隆宏名誉教授を偲んで
167
      
医学フォーラム
 
附属病院研修プログラムCPC
 
「前頭側頭型脳萎縮を伴った筋萎縮性側索硬化症の1例」

 531

       
第18回青蓮賞受賞論文要旨
 
     
私の歩んできた道
 
佐野 豊:思い出の中から−研究に出会ったころ
 15
藤田 晢也:私の歩んできた道−人生の危機を超え
                     素晴らしい先輩に恵まれるまで−
 15
栗山 欣弥:基礎と臨床の橋渡しを目指して:米国での研究生活で得たもの
 187
井端 泰彦:マイペースの人生を振り返って;研究の楽しさと素晴らしい仲間たち
 428
谷 道之:終戦とともにドイツ医学から英米医学へ
 565
楠 智一:”未開拓での楽しさ”
 711
榊田 喜三郎:よき整形外科医となるために
          −慶大岩原教授に師事して−
 853
    
海外だより
     

中井 浩之:自身への挑戦:米国大学医学部教員職      

  717

芹生 卓:製薬企業における医薬品のグローバル開発   

  859
    
海外留学だより
     

関山 英一:ボストンより      

  21
海外留学体験記
     

今村 俊彦:シカゴ大学血液腫瘍部門に留学して       

  22

和田 良久:留学生活       

  723
     
部門紹介
     
消化器外科学部門
25
予防健康医学講座
99
研究開発センター
193
予防医学センター
193
分子標的癌予防医学
  809
地域保健医療疫学
865
   
病院だより
    
草津総合病院
27
宇治徳洲会病院
103
蘇生会総合病院
199
新大江病院
271
京都九条病院
271
福井愛育病院
271
田辺病院
578
多根記念眼科病院
651
公立南丹病院
727
近江八幡市立総合医療センター
813
社会保険京都病院
869
清水厚生病院
  957
     
 
学術集談会抄録
第764回京都府立医科大学学術集談会
29
第765回京都府立医科大学学術集談会
107
第766回京都府立医科大学学術集談会
206
第767回京都府立医科大学学術集談会
279
第768回京都府立医科大学学術集談会
279
第769回京都府立医科大学学術集談会
582
第770回京都府立医科大学学術集談会
656
第771回京都府立医科大学学術集談会
732
第772回京都府立医科大学学術集談会
  819
第773回京都府立医科大学学術集談会
  874
第774回京都府立医科大学学術集談会
  960
   
   
博士論文要旨
甲第1158〜1176号
31
甲第1177〜1190号
113

甲第1191〜1195号,乙第1972〜1974号,甲第1196号,乙第1975〜1976号

215

乙第1977号,甲第1197,1198号,乙第1978,1979号,甲第1199号,
乙第1980〜1983号,甲第1200〜1202号,乙第1984〜1989号

302

甲第1203〜1210号,乙第1990〜1994号

745
甲第1211号〜甲第1217号,乙第1995号
821
博士論文要旨:甲第1218号〜甲第1244号,乙第1996,1997号
821
 
 
ヘルシンキ宣言
54
実験動物の飼養及び保管等に関する基準
57
附録:投稿規程
1,6号
附録:総目次
T〜]Y

 

戻る