京都府立医科大学雑誌 第121巻1~12号(平成24年1月~12月発行)
項目別
 目       (Contents) 
特集 最終講義 総説 原著 留学だより・体験記 部門紹介 病院だより 集談会抄録 博士論文要旨
特        集  
川崎病医療の現状と今後の問題点を考える
編集担当:濱岡 建城(京都府立医大学大学院医学研究科循環器小児科・腎臓学)
  
巻頭言:濱岡 建城 53
川崎病疫学調査よりわかってきたこと
小澤 誠一郎(舞鶴共済病院小児科)          
55
川崎病の病因と発症機序をめぐる最近の研究
中村 明宏(京都府立医科大学大学院医学研究科循環器小児科・腎臓学)
61
急性期治療の問題点―免疫グロブリン大量療法の不応例を中心に―
秋岡 親司(斉生会京都府病院小児科)
69
川崎病の既往は若年成人期冠イベントの危険因子となるか?
白石 淳(京都第一赤十字病院循環器科)    
79
救急医療の今
 編集担当:落合 登志哉(京都府立医大学大学院医学研究科消化器外科学 鏡視外科光学講座)
 
巻頭言:落合 登志哉  
救急医療総論~救急医療の特性と救急医療政策の規範~
太田  凡(京都府立医科大学大学院医学研究科救急・災害システム学)
171
救急医療と救急教育の現状
山畑 佳篤(京都府立医科大学大学院医学研究科救急・災害システム学)
179
京都府北部の救急医療~少子高齢化と人口減少を踏まえて~
隅田 靖之,ほか(京都府与謝の海病院救急科)
189
急性期外科体制のあり方―外科系救急医育成の重要性―
清水 義博(社会医療法人岡本病院(財団)第二岡本総合病院外科・救急部)    
205
病院前救急診療~病院前救護から病院前医療へ~
高階謙一郎,ほか(京都第一赤十字病院救急部)   
215
消化器がん 診断・治療の進歩①
      編集担当:伊藤 義人(京都府立医大学大学院医学研究科消化器内科学)
  
巻頭言:伊藤 義人 295
ESDの歴史と展望
小野 裕之(静岡県立静岡がんセンター内視鏡科)          
297
胃癌における分子標的薬治療の現状と展望
朴 成和(聖マリアンナ医科大学臨床腫瘍学)
303
肝細胞癌に対する肝動脈化学塞栓療法の現状と今後の展望
宮山 士朗(福井県済生会病院放射線科)
313
消化器官癌に対する腹腔鏡下手術の進歩
中西 正芳,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科消化器外科学)    
323
消化器がん 診断・治療の進歩②
 編集担当:柳澤 昭夫(京都府立医大学大学院医学研究科人体病理学)
 
巻頭言:柳澤 昭夫  
膵癌のリスクファクター
片岡慶正
405
膵癌早期診断における細胞診の意義
中泉明彦
417
膵癌早期診断の最前線
花田敬士,ほか
427
膵がんに対する超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUS-FNA)による診断
~膵がん診断におけるEUS-FNAの現状と展望~

今岡大,ほか
435
   
超高齢社会への提言 ~鍵は介護予防にあり~
      編集担当:岡山 康子(京都府立医大学大学院保健看護研究科保健看護専攻)
(京都府立医科大学医学部看護学科看護学講座)
 
巻頭言:岡山 康子 517
長寿・超高齢社会への挑戦:「動ける90歳代」を目標に!
木村みさか (京都府立医科大学大 学院保健看護研究科保健看護専攻)
(京都府立医科大学医学部看護学科教養教育講座応用健康科学)
519
フレイルティ&サルコペニアと介護予防
山田 陽介,ほか (京都府立医科大学大 学院保健看護研究科保健看護専攻)
(京都府立医科大学医学部看護学科教養教育講座応用健康科学)
(日本学術振興会特別研究員(SPD))
535
口腔機能向上が運動器の機能向上,栄養改善にもたらす効果
―介護予防のさらなる発展に向けて―

吉田 光由,ほか (広島市総合リハビリテーションセンター)
549
介護予防運動としての体操
―認知機能に対する効果:体操継続者と一般女性の比較―

吉中 康子 (京都学園大学)
557
   
認知症の臨床 最近の話題  
  編集担当:福居 顯二(京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学)  
巻頭言:福居 顯二 639
神経変性疾患のMR画像診断
山田 惠(京都府立医科大学大学院医学研究科放射線診断治療学)
641
レビー小体型認知症;神経内科と精神科の間(はざま)で:
近藤 正樹(京都府立医科大学大学院医学研究科神経内科学)
649
認知症の看護~脳の残存機能を活かしたBPSDへ対応を目指して~
占部 美恵(京都府立医科大学医学部看護学科)
657
認知症臨床における医療福祉連携:
成本 迅(京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学)
665
 
原 著(Original Works)  
森本 昌史:遺伝性疾患とてんかん
山脇 正永:嚥下障害治療への新たな戦略:神経メカニズムからみた cutting edge 11 
木塚 雅貴:専門職養成教育における「省察」―ドナルド・ショーンの視座に基づく教師教育と医学教育の架橋― 247
鈴木孝禎:次世代エピジェネティックドラッグを目指した創薬研究 461
Hiroaki Hashimoto:Prediction of a Non-virological Response to Pegylated Interferon and Ribavirin Combination Therapy for Genotype1 Chronic Hepatitis C Based on Amino Acid Substitution in the HCV Core Region and the Early HCV RNA Reduction Rate 567
田尻 達郎:臨床医の観点からの小児がんにおける トランスレーショナルリサーチ 595
 
症 例 報 告(Case Report)  
氏家 和人,ほか:後腹膜脂肪肉腫の一例 9
Tsukasa Nakamura et al. : A Case of Cowden Syndrome 223
松村 篤:女性に発症した感染経路不明のアメーバ性肝膿瘍の1例 331
大林 孝吉,ほか:腹腔鏡下に切除した盲腸、上行結腸動脈奇形の1例 351
 

追 悼 文  
   
   
医 学 フ ォ ー ラ ム  
私の歩んできた道  
加嶋 敬:私の歩んできた道 17
中島 健二:―多くのひとに支えられて今ある私― 121
湯浅 慎一:―ドイツ留学と教養教育の難しさ― 257
中川 雅夫:私の歩んできた道 357

岡上 武 :―定年後の臨床・研究は面白い

469
塩見 武雄:―障害児の早期療育活動に参加した社会心理学の研究者として― 607
 
海外留学だより  
任書晃:ニューヨーク聴覚留学だより 443
川崎諭:~ロンドン大学,遺伝子治療研究室に留学して~ 477

小森秀樹:ボストン留学報告

479
植村武史:アリゾナ大学アリゾナがんセンターに留学して 579
草場 哲郎:Boston留学便り 613
   
   
部 門 紹 介  
総合医療・医学教育学 23
心臓血管外科学 91
呼吸器外科学 135
脳神経機能再生外科学 231
疼痛緩和医療学 261
視覚機能再生外科学 261
医薬品化学 365
泌尿器外科学 447
麻酔科学 481
耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 583
運動器機能再生外科学 617
 
病 院 だ よ り  
五条山病院 27
宇治おうばく病院 95
丹後中央病院 99
金井病院 139
斉生会京都府病院 143
京丹後市立久美浜病院 235
医療法人社団仁生会 甲南病院 265
公立山城病院 269
康生会武田病院 341
六地蔵総合病院 369
東近江敬愛病院 371
医療法人沖縄徳州会高砂西部病院 489
社会医療法人岡本病院(財団)第二岡本総合病院 493
亀岡市立病院 587
医療法人恒昭会 藍野病院 623
医療法人社団石鎚会 田辺記念病院 627
 
会     報  
関西医事法研究会第275回研究会 31
関西医事法研究会第276回研究会 102
   
学 術 集 談 会 抄 録  
第804回京都府立医科大学学術集談会 35
第805回京都府立医科大学学術集談会 147
第806回京都府立医科大学学術集談会 239
第807回京都府立医科大学学術集談会 272
第808回京都府立医科大学学術集談会 375
第809回京都府立医科大学学術集談会 451
第810回京都府立医科大学学術集談会 630
 
博 士 論 文 要 旨  
   
ヘルシンキ宣言 41
実験動物の飼養及び保管等に関する基準 44
附録:投稿規程 1、6号
附録:第121巻総目次  

戻る