京都府立医科大学雑誌 第122巻1~12号(平成25年1月~12月発行)
発行号別
 目       (Contents) 
NO .
10 11 12
Vol.122,No.1 January 2013 (平成25年1月25日発行予定)   
総     説(Review)

  
五條 理志:重症心不全治療のパラダイムシフト 1
       
医学フォーラム:私の歩んできた道  
安原正博:―神経病理学から法医学へ―
15
           部門紹介(放射線診断治療学) 27
           病院だより(有馬病院) 31
           病院だより(北出病院) 35
博士論文要旨 39
ヘルシンキ宣言 51
実験動物の飼養及び保管等並びに苦痛の軽減に関する基準 54
投稿規程(附録)  
 
Vol.122,No.2 February 2013 (平成25年2月25日発行予定)   
特        集  
腎疾患と移植   
巻頭言:吉村了勇(京都府立医科大学大学院医学研究科移植・再生外科学) 63
慢性腎臓病(CKD):その現状と今後の方向性
玉垣圭一,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科腎臓内科学)
65
膠原病・リウマチ性疾患と腎病変
河野正孝,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科免疫内科学)
75
糖尿病性腎症に対する集学的治療
福井道明,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科学)
83
I型糖尿病に対する外科的治療
牛込秀隆,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科移植・再生外科学)
93
II型糖尿病性腎症に対する腎移植
秋岡清一,ほか(近江八幡市立総合医療センター外科)
101
   
医学フォーラム:部門紹介(歯科口腔科学) 109
           病院だより(国民健康保険新大江病院 113
集談会抄録:第813回京都府立医科大学学術集談会 117
   
 
Vol.122,No.3 March 2013 (平成25年3月25日発行)   
総     説(Review)

  
中屋 隆明:インフルエンザウイルスHAタンパク質の病原性分子機構 123
松田 修,ほか:TGF-βスーパーファミリー・サイトカインMyostatin/growth differentiation
factor8(GDF8)による筋の恒常性と代謝の制御
133
       
医学フォーラム:私の歩んできた道  
前田 知穂:―時代の動きに先駆けた研究―
143
           部門紹介(地域保健医療疫学) 157
           病院だより(京都九条病院)

163

   
Vol.122,No.4 April 2013 (平成25年4月25日発行予定)   
特        集  

光生体イメージングの進歩と医療

  
巻頭言:高松 哲郎(京都府立医科大学大学院医学研究科細胞分子機能病理学) 171
LNP(ランタニドナノ粒子)を用いたイメージングについて
村山 康利,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科細胞分子機能病理学)
173
5-アミノレブリン酸(5-ALA)を用いた消化器癌転移リンパ節の診断
原田義規(京都府立医科大学大学院医学研究科細胞分子機能病理学)
181
SHGイメージングの組織診断への応用
福島修一郎,ほか(大阪大学大学院基礎光学研究科機能
189
ラマン散乱顕微鏡を用いた生細胞イメージング
岡田昌也,ほか(大阪大学大学院工学研究科精密科学・応用物理学専攻)
199
無染色組織イメージング~ラマン散乱分光法を用いて~
南川 丈夫,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科細胞分子機能病理学)
209
医療応用へ向けた2光子励起光音響イメージング
山岡 禎久,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科研究法システム学)
219
   
症例報告(Case Report)

  
小木曽 望,ほか:膣壁に発生したAggressive angiomyxomaの一例 231
出口 勝也,ほか:小腸悪性腫瘍の2例 237
   
医学フォーラム:部門紹介(医学生命倫理学 245
           病院だより(ほうゆう病院 249
 
Vol.122,No.5 March 2013 (平成25年5月25日発行予定)   
北村信夫名誉教授を偲んで 259
永田久紀名誉教授を偲んで 263
   
総     説(Review)

  
吉田 直久,ほか:早期大腸癌の内視鏡診断と治療 265
   
症例報告(Case Report)

  
木ノ下 修:診断的腹腔鏡を行った中結腸動脈破裂の1例 273
米田 政幸:腹腔鏡補助下食道切除術後にポート孔ヘルニアをきたした1例 277
   

医学フォーラム:私の歩んできた道  
上田 惠一:―皮膚疾患の病態と治療、特に電子顕微鏡による研究、そして
新設医科大学・附属病院と共に歩んだ人生記

285
           部門紹介(中央手術部 291
           病院だより(宇治病院

295

会報:関西医事法研究会第284回関西医事法研究会 299

博士論文要旨(甲第1429号,乙第2083,2084号,甲第1430号,乙第2085号,
甲第1431~1434号,乙第2086,2087号)

309
   
   
Vol.122,No.6 June 2013 (平成25年6月25日発行予定)   
特        集  

個体発生と細胞分化の医学

  
巻頭言:奥田 司(京都府立医科大学大学院医学研究科分子生化学) 327
血球発生と血管分化のCrossroad
山元 康敏,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科分子生化学)
329
筋発生分化と横紋筋肉腫の発生病態
菊地 顕,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科小児発達医学)
341
消化管上皮細胞の発生・分化異常と発癌:TGF-β/Wntシグナル
伝達系とRUNX3は消化器癌にどのようにかかわっているのか?

阪倉 長平,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科消化器外科学)
349
中枢神経系の発生における細胞の分化と系譜解析
後藤 仁志,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科神経発生生物学)
361
繊毛は身体の「右と左」を決める筋発生分化と横紋筋肉腫の発生病態
小林 大介,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科生体機能形態科学)
371
   
医学フォーラム:部門紹介(統計学 381
           病院だより(福井愛育病院 385
第23回青蓮賞受賞論文要旨 389
集談会抄録:第815回京都府立医科大学学術集談会 397
博士論文要旨(甲第1435号、乙第2088号、甲第1436,1437号、乙第2089号) 405
   
投稿規程(附録)  
   
Vol.122,No.7 July 2013  (平成25年7月25日発行予定)   
最終講義

 
木村 みさか:これが研究だろうかと思いながらここまできました 415
   
総     説  
岩破 一博:性器クラミジア感染症 433
   

医学フォーラム:私の歩んできた道  
北里 宏:―植物細胞の膜電位から糖尿病諸症状の発症機構まで―

447
後藤 幸生:医師として研究・教育者として55年の足跡 461
海外留学体験記:後藤 仁志:コネチカット大学に留学して 481
           上田 育代:アメリカ東海岸Yale大学に留学して 485
           部門紹介(集中治療部 489
           病院だより(田辺病院

495

          学会案内 498
集談会抄録:第816回京都府立医科大学学術集談会 501
博士論文要旨(甲第1438~1453号) 506
 
Vol.122,No8 August 2013  (平成25年8月25日発行予定)   
特        集  

コモンディジーズの診療・最近の話題

 
巻頭言:加藤 則人(京都府立医科大学大学院医学研究科皮膚科学) 529
インクレチン製剤への期待
福井 道明(京都府立医科大学大学院医学研究科内分泌・代謝内科学)
531
「かぜ」とはどういう病気なのか
藤友 結実子,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科分子病態検査医学)
541
ドライアイ診療のパラダイムシフト 眼表面の層別診断・層別治療
横井 則彦,ほか(京都府立医科大学大学院医学研究科視覚機能再生外科学)
549
蕁麻疹
益田 浩司(京都府立医科大学大学院医学研究科皮膚科学)
559
   
医学フォーラム:私の歩んできた道  
柴﨑 雅志:ニューヨーク痛みの基礎研究留学だより
567
          森 潤:アルバータ大学に留学して 571
          部門紹介(保健看護研究科(教養教育講座・医学講座)) 575
          病院だより(多根記念眼科病院)

582

          学会案内  
集談会抄録:第817回京都府立医科大学学術集談会 584
博士論文要旨(甲第1454~1465号) 588
   
Vol.122,No.9 September 2013  (平成25年9月25日発行予定)   
総    説  
伊藤 義人,ほか:肝疾患診療の新潮流
―ウイルス性肝炎・脂肪肝~肝癌まで―
609
   
原     著  
Chouhei Sakakura et al.:Positive Short-term Outcomes of Laparoscopic Sleeve Gastrectomy
(LSG)for the Treatment of Obesity and its Associated Comorbidities
in Japanese Patients
619
   

医学フォーラム:私の歩んできた道  
沢山 俊民:何か一つ、自分以外には「まねの出来ない教育研究テーマ」を持ち続けよう!

627
海外留学体験記:笠井 高士:英国Lancaster大学 633
           部門紹介(応用言語学) 637
           病院だより(兵庫青野原病院) 641
          学会案内 645
集談会抄録:第818回京都府立医科大学学術集談会 647
博士論文要旨(甲第1466号~1470号,乙第2091号~2093号,甲第1471号~1474号) 658
 
   
Vol.122,No.10 October 2013  (平成25年10月25日発行予定)   
特        集  

地域保健の現状と課題
編集担当:渡邊能行(京都府立医科大学大学院医学研究科地域保健医療疫学)

 
巻頭言:渡邊 能行(京都府立医科大学大学院医学研究科地域保健医療疫学) 677

地域保健の現状と課題―特に保健諸の活動について―:
廣畑 弘(京都府中丹西保健所)
(京都府立医科大学大学院医学研究科地域保健医療疫学)

679
母子保健の現状と課題
三沢 あき子(京都府乙訓保健所)
(京都府立医科大学大学院医学研究科小児発達医学)
687
地域精神保健医療福祉の現状と課題:
土田 英人(京都府精神保健福祉総合センター)
(京都府立医科大学大学院医学研究科小児発達医学)
697
もう一つの医師不足―行政医師(保健所長)育成をどうするか―:
渡邊 能行(京都府立医科大学大学院医学研究科地域保健医療疫学)
707
   
海外留学体験記:松井史裕:中西部アメリカ、ミズーリに留学して 713
部門紹介(リハビリテーション部) 717
病院だより(公立南丹病院) 721
集談会抄録:第819回京都府立医科大学学術集談会 726
 
Vol.122,No.11 November 2013  (平成25年11月25日発行予定)   
総    説  
中野 正和:多因子疾患のゲノム医科学研究の動向 745
原    著  
辻子 祥子,ほか:血管性病変に対する可変式パルスダイレーザーによる治療の検討 757
   
医学フォーラム:私の歩んできた道
藤本 孟男:”残したい言葉がある,伝えたい生き方がある”
 765
海外留学体験記:西川 太一郎:ピッツバーグ留学体験記 775
部門紹介(保健看護研究科看護学講座健康回復看護学部門) 779
病院だより(草津総合病院) 785

第819回京都府立医科大学学術集談会

726
   
 
Vol.122,No.12 December 2013  (平成25年12月25日発行予定)   
特        集  

地域保健の現状と課題
(編集担当:白山武司 京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学)

 
巻頭言 :白山 武司(京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学) 807
イベント記録:ループレコーダ
白山 武司(京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学) 
809
MRI対応ペースメーカの現状と問題点:
石橋 一哉(社会福祉法人恩賜財団済生会京都府病院循環器内科) 
815
植込み型除細動器:
畔柳 彰(琵琶湖大橋病院循環器内科)
825

CRT/CRT‐D:
白石 裕一(京都府立医科大学大学院医学研究科循環器内科学) 

835
補助人工心臓治療の潮流:
五條 理志(京都府立医科大学大学院医学研究科人工臓器・心臓移植再生医学講座)
843
   
海外留学体験記:小林正樹:フィンランドの法医学中毒学 851
部門紹介(保健看護研究科看護学講座健康増進看護学部門) 855
病院だより(近江八幡市立総合医療センター) 859
集談会抄録:第821回京都府立医科大学学術集談会 862
   
附録:第122巻総目次  
 
戻る