このページは、京都府立医科大学雑誌第100巻発刊記念として森本武利,ほか(京都府立医科大学第一生理
学教室名誉教授)により執筆された京都府立医科大学雑誌第100巻10号(937〜952頁)をもとに作成しています。

はじめに

 『京都府立医科大学雑誌』は、専門学校から医科大学への昇格に功績のあった学長兼院長兼内科教授,

小川瑳五郎が大正15年(1926年)8月に退職して兵庫県立神戸病院の院長に赴任した、このときに本学

へ奨学資金を寄附したとあり、この資金を基に大学では、総説・原著・抄録・会報からなる『校友会雑誌』とし

純学術誌として発足させた。 その後、下記表のとおり、雑誌名を変更し現在にいたる。

また、この第1巻第1号は小川前学長の退職記念号となっている。

 

 編集発行人は、発行当初から学術研究会会長の梅原信正教授が昭和18年(1943年)の停年退官まで

任にあたっている。その後、昭和18年〜36年までを大沢徹翁氏ほかが一時編集兼発行人となっている。

昭和36年よりは、学術研究会の理事長に病理学の荒木正哉教授が就任され、編集兼発行者を兼ねられ、

解剖学の佐野豊名誉教授に引き継がれ大沢徹翁とともに担当される。

 

 昭和54年11月に森本武利名誉教授を編集長とし編集委員会が結成され、 昭和55年第89巻より、現

在の表紙に変更された。

 

また、昭和54年より全ての論文を査読審査されることとなる。この頃、出版経費の財政基盤が不安定であった

ので京都府立医科大学雑誌のみで独立採算制をとるようになる。しかし、投稿者にとって、非常な経済負担を

強いるものであった。そして、この問題は明治20年代に本学を廃校の危機から救ってくださった島村俊一先生に

より、再び救っていただく結果となった。

それは、未亡人である島村こう氏がお亡くなりになったおり、遺言に島村俊一先生邸跡を処分し、京都府立医科

大学精神医学教室に寄附するようにとの1項があった。これを有効に使うため精神医学教室から大学へとの申し

出があり、これを嶋村基金として、財団法人京都府医学振興会が発足し、発行人となり現在に至る。

 

◎雑誌名の変遷
発 行 年(西暦)
明治30年〜明治35年(1897〜1902年)
明治35年〜明治36年(1902〜1903年)
明治36年〜大正10年(1903〜1921年)
大正11年        (1922年)
大正11年        (1922年)
大正12年        (1923年)
大正12年〜大正15年(1923〜1926年)
昭和 2年〜昭和19年(1927〜1944年)
昭和19年        (1944年)
昭和19年〜昭和25年(1944〜1950年)
昭和25年〜昭和41年(1950〜1966年)
昭和42年〜昭和63年(1967〜1988年)
昭和63年〜
巻数(通刊)
          (  1〜 26)
          ( 27〜 30)
          ( 31〜 90)
          (   91   )
          (   92   )
          (   93   )
          ( 94〜103)
  1 〜  40(104〜271)
 41原著編  (272〜277)  
41抄録編〜47(3号)(272〜306)
47(4号)〜75(307〜498)
76〜97(3号)(499〜753)
97(4号)〜現在 (754〜)
雑誌名
校友会雑誌
学友会雑誌
京都府立医科大学学友会雑誌
京都府立医科大学雑誌
京都府立医科大学論文集
京都府立医科大学雑誌
雑誌名(欧文)
     
Mitteilunge aus der Medizinishen
Akademie zu Kioto
Journal of Kyoto Prefectural
Medical University
Journal of Kyoto Prefectural
University of Medicine

     

 京都療病院医学校〜京都府立医科大学までのあゆみ

 

明治4年(1871年)京都療病院創立事務所が創設され、明治5年(1872年)京都療病院が

開かれた。

明治14年(1881年)には、京都府医学校となり、明治29年(1896年)には京都府医学校

校友会が発足し、京都府医学校校友会雑誌が発行される。

 

明治34年(1901年)に京都府立医学校となり、明治36年(1903年)に京都府立医学専門

校となり、大正10年(1921年)に京都府立医科大学となって、京都府立医科大学雑誌の

代となる。

 

1.京都療病院

2.京都府医学校〜京都府立医科大学

3.京都府立医科大学雑誌

     ←戻る