日本アルコール・アディクション医学会

日本アルコール・アディクション医学会は、日本アルコール・薬物医学会と日本依存神経精神科学会が合併して2016年に設立されました。
日本依存神経精神科学会は、日本アルコール精神医学会とニコチン・薬物依存研究フォーラムが合併して設立されたものです。
日本アルコール・アディクション医学会はそれぞれの趣旨を生かし、時代と共に新しくなっていくアディクション問題に対応し、多領域にわたる専門家の力を結集するために設立されました。

1966年 (昭和41年) 第1回 日本アルコール医学会 京都
機関誌「アルコール研究」創刊
1981年 (昭和56年) 機関誌名称変更「アルコール研究と薬物依存」
1988年 (昭和63年) 第4回 国際アルコール医学生物学会議 京都
1989年 (平成元年) 第1回 日本アルコール精神医学会 浜松
1996年 (平成8年) 日本アルコール医学会名称変更 日本アルコール・薬物医学会
機関誌名称変更 「日本アルコール・薬物医学会雑誌」
1998年 (平成10年) 第1回 ニコチン・薬物依存フォーラム 東京
2000年 (平成12年) 第10回 国際アルコール医学生物学会議 横浜
2007年 (平成19年) 日本アルコール・薬物医学会 日本アルコール精神医学会
ニコチン・薬物依存研究フォーラム 3学会 合同開催 大津
2012年 (平成24年) 日本アルコール精神医学会 ニコチン・薬物依存フォーラム 合併
日本依存神経精神科学会 発足
第16回 国際アルコール医学生物学会議 札幌
2016年 (平成28年) 日本アルコール・薬物医学会 日本依存神経精神科学会 合併
日本アルコール・アディクション医学会 発足
国際アルコール医学生物学会議 : International Society for Biomedical Research and Alcoholism (ISBRA)


 

学会統合イメージ



 

  
  • 第52回 日本アルコール・アディクション医学会
  • 19th Congress of ISBRA
  • 「あなたの飲酒が心配です」という啓発用のリーフレットを販売しています。 TEL 059-351-2711 FAX 059-351-5340 メールでのお問い合わせはこちらから
  • 入会申し込み手続き
  • お知らせ
  • 関連リンク
  • HOME

ページトップへ戻る