日本アルコール・アディクション医学会

ICD-11 Beta draft(WHO)の日本語訳について:パブリック・コメントを求めます

日本アルコール・アディクション医学会の先生方

 現在、WHOのICD-11 Beta draftが公開されています(https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4592669/)。日本精神神経学会では、DSM-5のときと同様に、精神科病名検討連絡会・精神科用語検討委員会の合同委員会を開催し、ICD-11の日本語訳を検討してきました。これまでの経験から、用語翻訳の大原則は、わかりやすいこと、差別意識を生まないこと、”disorder” を“障害”と訳さず、“症”と訳すことなどです(詳細は資料3)。また、ICD-11とDSM-5の英語の用語やその内容が同一の場合には、場合によっては、今回のICD-11の邦語訳に合わせて、DMS-5の邦語訳の変更も検討されています。
 大きな事業なので、DSM-5のときと同様に、各専門学会でパブリック・コメント(パブコメ)をいただくことになりました。ご多忙のところ誠に恐縮でございますが、日本アルコール・アディクション医学会においても、“依存領域”のパブコメを求めたいと思います(メールやホーム・ページで)。


特にコメントをいただきたい要点を7点にまとめました。PDF

ICD-11 Beta draftの依存領域の日本語訳の全体を示しています(ICD-11では“依存”という用語を採用しています)。PDF

日本精神神経学会による日本語訳の大方針です。PDF

 お忙しい先生は、資料1の7項目だけでも結構です。お時間の許す先生は、資料2の依存領域全体の構成に目を通していただき、コメントをいただければ嬉しく思います。可能であれば、9月10日(本年度のアルコール薬物依存関連学会合同学術総会の終了する頃)までにご返事いただけばと思います。何卒、よろしくお願い申し上げます。

 ご返事は、宮田(、または、)までいただければ幸いです。


日本アルコール・アディクション医学会
宮田久嗣、樋口 進、齋藤利和

CPDD Membership Committeeから下記のような新規入会のお誘いが届きました。
当学会の会員の皆さまの積極的なご検討をお願いします。なおCPDDへの新規入会にはCPDD会員の推薦が必要です。
当学会事務局(事務局, 会員管理業務メールアドレス)よりCPDD会員(岸岡史郎先生、鈴木勉先生、池田和隆先生)をご紹介することもできます。


July 18, 2017

Dear Colleagues,

The Membership Committee of the College on Problems of Drug Dependence (CPDD) appreciates your membership. We are actively recruiting new members for the College. We ask that you please forward this message to your colleagues, students, trainees and fellows who might be interested in joining CPDD.


Membership benefits include:

  • Discount on registration fees to attend the annual scientific meeting
  • Complimentary electronic subscription to the journal Drug and Alcohol Dependence, which has one of the highest impact factors among substance abuse journals (not available to Student Members) · Access to the Members Only section of the CPDD website (www.cpdd.org), containing directory information, easy e-mail to other members, and committee reports
  • Membership Listserv, for rapid communication of items of interest to the entire membership and posting of job opportunities
  • Mentorship activities for trainees and junior faculty
  • Opportunities to serve on CPDD committees
  • Sponsorship of abstracts for presentation at annual meeting
  • Eligibility to submit abstract for Late-Breaking News session


One important activity of the College that is supported by your dues is our ability to impact public policy. This mainly involves educating our representatives and other governmental officials on the need to support addiction research. Such activity ensures the science base for new policies as well as programs dealing with human and animal research issues. The larger the membership of the College, the more likely your research needs can be met in the future.


CPDD also can be found on Facebook. Please see us there, and request to be added to the group for more informal networking and communication with others interested in our field.
The cost of joining is almost entirely offset by the difference in registration fees between members and non-members for the Annual Meeting. Visit us at cppd.org.


Membership information can be found here: http://www.cpdd.org/Pages/AboutUs/MemberBenefits.html You can contact Greg Homish, the chair of the membership committee, at ghomish@buffalo.edu or any of the other members, at their email addresses listed below. They would be happy to help you contact someone from your home institution who could sponsor your application.


Cordially yours,
The CPDD Membership Committee
Thomas Green
Assistant Professor
Dept. of Pharmacology and Toxicology

運営委員会

委員長 齋藤 利和 (医療法人北仁会幹メンタルクリニック)
委 員 藤宮 龍也 (山口大学大学院医学系研究科 法医・生体侵襲解析医学分野)
委 員 松下 幸生 (国立病院機構久里浜医療センター)
委 員 松本 俊彦 (国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所)

 

総務委員会

委員長 藤宮 龍也 (山口大学大学院医学系研究科 法医・生体侵襲解析医学分野)
委 員 池田 和隆 (公益財団法人東京都医学総合研究所 依存性薬物プロジェクト)
委 員 堀江 義則 (国際医療福祉大学 臨床医学研究センター)
委 員 廣中 直行 (株式会社LSIメディエンス 薬理研究部)
委 員 宮田 久嗣 (東京慈恵会医科大学 精神医学講座)
委 員 吉本 寛司 (広島工業大学 生命学部食品生命科学科)

 

広報委員会

委員長 池田 和隆 (公益財団法人東京都医学総合研究所 依存性薬物プロジェクト)
委 員 岡村 智教 (慶應義塾大学医学部 衛生学公衆衛生学)
委 員 近藤あゆみ (国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所)
委 員 田中 増郎 (医療法人信和会高嶺病院)
委 員 廣中 直行 (株式会社LSIメディエンス 薬理研究部)
委 員 藤宮 龍也 (山口大学大学院医学系研究科 法医・生体侵襲解析医学分野)

 

医療保険委員会

委員長 杠  岳文 (国立病院機構肥前精神医療センター)
委 員 白石 光一 (東海大学医学部付属東京病院 消化器内科)
委 員 堀江 義則 (国際医療福祉大学 臨床医学研究センター)
委 員 松下 幸生 (国立病院機構久里浜医療センター)

 

編集委員会

委員長 白石 光一 (東海大学医学部付属東京病院 消化器内科)
委 員 大熊誠太郎 (京都府山城北保健所)

 

学術賞選考委員会

委員長 宮田 久嗣 (東京慈恵会医科大学 精神医学講座)

 

倫理・COI 委員会

委員長 白石 光一 (東海大学医学部付属東京病院 消化器内科)

 

専門医委員会

委員長 樋口  進 (国立病院機構久里浜医療センター)

 

国際委員会

委員長 高田 孝二 (帝京大学 文学部心理学科)
委 員 白坂 知彦 (医療法人渓仁会手稲渓仁会病院 精神保健科)
委 員 原田 隆之 (筑波大学 人間系)

Vol. 2-1 2017

2017年7月25日発行

[目 次]

  1. 法医学とアルコール(藤宮龍也)
  2. 2017 年度年会案内(岡村智教)
  3. 2018 年度年会案内・ISBRA2018 案内
  4. 第5回 AsCNP 学会印象記(田中増郎)
  5. 賞選考委員会・国際委員会より(宮田久嗣・高田孝二)
  6. 施設紹介:岡山県精神医療センター(橋本 望)
  7. 薬物依存症回復支援施設ダルクと障害者総合支援法(近藤あゆみ)
  8. 当学会の法人化について(鈴木 勉)
  9. 追悼 柳田知司先生(廣中直行)
  10. 編集後記(近藤あゆみ)

 


【日本脳科学関連学術連合からのお知らせ】

日本学術会議臨床医学委員会脳とこころ分科会による「精神・神経疾患の治療法開発のための産学官連携のあり方に関する提言」が日本学術会議のウェブページに公表されました。

 柳田知司賞は、薬物依存研究の世界的な権威であり、旧ニコチン・薬物依存研究フォーラムの理事長としてご活躍された柳田知司先生のご功績を顕彰するとともに、ニコチン、アルコールおよび薬物依存関連研究の発展に大きく貢献し、次世代を担う若手・中堅の会員に与えられる本学会最高位賞として位置づけられています。受賞者は、賞状・副賞のほか、学術総会での受賞講演と懇親会での授賞式への参加をお願いすることになります。
 会員の皆様には、候補者の推薦を何卒宜しくお願いいたします

  1. 応募資格:平成28年12月31日 時点で、満50歳以下の方
  2. 推薦受付:平成29年 7月12日(水)まで
      
    必要書類を学会ホームページからダウンロードしていだたき、ご記入の上、下記学会事務局までお送りください。

    PDF   Word
      
      推薦書送付先
       〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465
              京都府立医科大学法医学教室内(基礎3階307号)
              日本アルコール・アディクション医学会事務局
               TEL&FAX:075-241-0749

      学会ホームページ(柳田賞) http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jmsas/prize/award3/

  3.             

  4. 審査結果は、7月下旬にお知らせいたします
    受賞された方には、賞状及び賞金15万円と記念品が贈られます
    授賞式は、本年の学会総会時の懇親会の席上で執り行う予定です

    以上

[ 総説 ]

Current status of alcoholic liver disease in Japan and therapeutic strategy
Yoshinori Horie Hirotoshi Ebinuma Masahiro Kikuchi and Takanori Kanai
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・71

アルコール依存症におけるニューロフィードバック療法
山口哲生,田崎美子
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・91

脳幹コリン作動性ニューロンでの神経可塑性のコカイン依存形成における役割
金田勝幸,上居寛典,田岡直史,南雅文
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25

Vol. 1-2 2017

2017年1月30日発行

[目 次]

  1. 禁煙した後の体重増加をどう考えるか。(岡村智教)
  2. 第 51 回日本アルコール・アディクション医学会学術総会を終えて(高田孝二)
  3. 2017 年度年会の御案内(岡村智教)
  4. 2018 年度年会案内・ISBRA2018 案内
  5. 2016 年度評議員会・総会議事録(藤宮龍也)
  6. 柳田賞を受賞して(中村幸志)
  7. ISBRA 奨励賞を受賞して~ISBRA Berlin 2016 学会印象記~ (遠山朋海)
  8. 第一回「認知行動療法の手法を活用した薬物依存症に対する集団療法研修会」開催の報告(杠 岳文)
  9. 施設紹介:成増厚生病院(西村 光太郎)
  10. 研究室紹介:山口大学大学院 法医学講座(藤宮龍也)
  11. アディクションとは何だろうか?(廣中直行)
  12. 事務局からのご連絡・ご案内
  13. 編集後記(藤宮龍也)

 

第52回日本アルコール・アディクション医学会総会の一般演題募集期間が延長されました
皆様のご参加をお待ちしております

会期:平成29年9月8日(金)~9日(土)
会場:パシフィコ横浜 会議センター

演題登録期間:平成29年3月15日(水)~   6月8日(木)
事前参加登録:平成29年4月20日(木)~  7月31日(月)(予定)

登録はこちらから →  http://www.pw-co.jp/j-andac2017/

日本アルコール・アディクション医学会新評議員推薦について

 

平成29年度新評議員推薦の受付を、下記の要領で行います。

 

1.平成29年度の新評議員推薦受付は、平成29年5月20日(土)までとします。

新評議員推薦書および推薦同意書を、学会ホームページからダウンロードしていだたき、ご記入の上、下記学会事務局へお送りください。

 

新評議員推薦書 http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jmsas/pdf/suisensho.pdf

推薦同意書   http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jmsas/pdf/list.pdf

 

推薦書送付先

  〒602-8566
  京都市上京区河原町広小路梶井町465
  京都府立医科大学法医学教室
  日本アルコール・アディクション医学会事務局
      TEL/FAX 075-241-0749
      
      
封筒に「評議員推薦書」と明記してください。
応募にあたっては、「会則施行細則第4章 評議員の選考」をご確認ください。
      
学会ホームページ http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jmsas/
学会会則 http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/jmsas/about/rule2
      
      
2.評議員候補者は、次の条件を満たしている者とします(会則施行細則第4章 第15条)。

(1)6年制大学卒業者にあっては満5年以上、4年制大学卒業者にあっては満6年以上、アルコール・ニコチン・薬物及びその他の依存に関する研究に従事している者

(2)前項にかかわらず、本会の目的に沿って顕著な業績のある正会員

3.推薦に必要な書類のほかに、最近の「アルコール・ニコチン・薬物及びその他の依存に関する主な原著論文」3編の別刷各2部を添付してください。

4.新評議員は、総務委員会、理事会、及び評議員会の審議を経て決定されます。また、新評議員の任期は総会の翌日からとなります(委嘱状は、後日お送りいたします)。

  • 第52回 日本アルコール・アディクション医学会
  • 19th Congress of ISBRA
  • 「あなたの飲酒が心配です」という啓発用のリーフレットを販売しています。 TEL 059-351-2711 FAX 059-351-5340 メールでのお問い合わせはこちらから
  • 入会申し込み手続き
  • お知らせ
  • 関連リンク
  • HOME

ページトップへ戻る