日本アルコール・アディクション医学会

本学会では,いくつかの学会賞を設けています.

まず一つは,「優秀論文賞」です.本学会創立30周年を記念し制定されました.本学会雑誌『日本アルコール・薬物医学会雑誌』に掲載された1年間の原著論文を選定委員会で審査し,選ばれます.

二つ目は,若手研究者を奨励・育成するために制定しました「優秀演題賞」です.これは学術集会において発表者の年齢が満40歳未満の方に口頭・ポスター発表された一般演題を対象に審査されます.

先の2つが日本アルコール・薬物医学会からの賞であるのに対し,次の賞は日本依存神経科学会で創設されたものです

その一つは,「柳田賞」.日本依存神経精神科学会となるまえのニコチン薬物依存フォーラムでご活躍なさった柳田知司先生を顕彰するとともに,若手研究者の育成のために創設されました.

もう一つは,広く世界的な舞台での活躍を支援する目的で作られた「奨励賞」です.これはISBRA(International Society for biomedical Research on Alcoholism), CPDD (The College on Problems of Drug Dependence), APSAA ASPAAR(Asian-Pacific Society for Alcohol and Addiction Research)といったアルコール,薬物依存,アディクションに関する国際会議への参加を支援するものです

いずれの賞も,応募の詳細,あるいは学会総会参加案内,論文投稿規定などをホームページへ載せて行きます.積極的にご参加ください.



  
  • 第52回 日本アルコール・アディクション医学会
  • 「あなたの飲酒が心配です」という啓発用のリーフレットを販売しています。 TEL 059-351-2711 FAX 059-351-5340 メールでのお問い合わせはこちらから
  • 入会申し込み手続き
  • お知らせ
  • 関連リンク
  • HOME

ページトップへ戻る