日本アルコール・アディクション医学会

(所属は当時)

第20回(2013年)

  • アルコール依存症におけるtopiramateの飲酒量低減効果について ーレスポンダーとノンレスポンダーの比較検討ー
    河本泰信  (久里浜医療センター)   48巻2号
  • 全国高校生におけるクラブ活動および運動と喫煙・飲酒・薬物乱用との関連ー2004,2006,2009年JSPAD調査のボンド・サンプルの結果ー
    三好美浩,勝野眞吾,和田 清  (岐阜大学医学部)    48巻6号

第19回(2012年)

  • 薬物乱用の希死念慮の危険因子に関する研究
    森田展彰,幸田 実,梅野 充,池田朋広,谷部陽子,遠藤恵子,阿部幸枝,平井秀幸,高橋康二,合川勇三,妹尾栄一
    (筑波大学医学医療系)   47巻1号

第18回(2011年)

  • 未成年者飲酒問題コホート研究,10年間の追跡結果
    鈴木健二,松下幸生,木村 充,武田 綾,樋口 進
    (鈴木メンタルクリニック)   46巻5号
  • FASDモデルに対する神経幹細胞移植療法の可能性 ー神経回路再生と行動学的変化の解析ー
    白坂知彦, 鵜飼 渉, 吉永敏弘, 渡邊公彦, 金田博雄,木川昌康,五十嵐健史, 館農 勝, 橋本恵理, 齋藤利和
    (札幌医科大学神経精神医学講座)   46巻6号

第17回(2010年)

  • Ethanol decreases cellular protein content and mitochondrial membrane potential of cultured neonatal rat cardiomyocytes: microassays with fluorometric and spectrometric plate readers
    Keiko Mashimo, Shigeru Sato, Akiko Adachi and Peter G. Arthur
    (日本医科大学法医学教室)   45巻6号

第16回(2009年)

  • Effect of a herbal medicine on fatty liver in rats fed ethanol chronically
    Yoshinori Horie, Masahiro Kikuchi, Yoshiyuki Yamagishi, Rumiko Umeda, Hirotoshi Ebinuma, Hidetsugu Saito, Shinzo Kato, Hiromasa Ishii, Toshifumi Hibi and Jing-Yan Han
    (慶應義塾大学医学部消化器内科)   44巻6号

第15回(2008年)

  • ICD-10分類によるアルコール依存症者の身体合併症と性差
    篠田律子,水上由紀,中川靖枝,丸山勝也
    (久里浜アルコール症センター)   43巻1号
  • Alcohol Consumption and Physical Health-related Quality of Life in Older Women Using the Transformation of SF-36 to Account for Death
    Hiroyuki FURUYA, Anne F. YOUNG, Jennifer R. POWERS, and Julie E. BYLES

    (東海大学医学部基盤診療学系公衆衛生学)   43巻2号

第14回(2007年)

  • 日本の薬物依存症者に対するマニュアル化した認知行動療法プログラムの開発とその有効性の検討

    森田展彰,末次幸子,嶋根卓也,岡坂昌子,清重知子,飯塚 聡,岩井喜代仁

    (筑波大学医学医療系)   42巻5号

第13回(2006年)

  • Effect of-361 G/A Polymorphism of Aldehyde Dehydrogenase-2 Gene on Alcohol Metabolism and Its Expression in Human Peripheral Blood Leukocytes

    Fusae T. NISHIMURA, Yukiko KIMURA, Shuntaro ABE, Tatsushige, FUKUNAGA and Kiyofumi SAIJOH
    (金沢大学大学院医学系研究科環境生命分子応答学講座)   41巻2号

  • Reliability and Validity of the Japanese Version of the Addiction Severity Index (ASI-J)
    Eiichi SENOO, Yasukazu OGAI, Ayako HARAGUCHI, Ayumi KONDO, Yoko ISHIBASHI, Mitsuru UMENO, Hirotsugu KIKUMOTO, Toru HORI, Tokutaro KOMIYAMA, Riki KATO, Katsuro ASO, Nozomu ASUKAI, Kiyoshi WADA, Satoru SAITOH and Kazutaka IKEDA

    (東京都医学総合研究所)   41巻4号

第12回(2005年)

  • わが国の成人飲酒行動およびアルコール症に関する全国調査
    尾崎米厚,松下幸生,白坂知信,廣 尚典,樋口 進
    (鳥取大学医学部環境予防医学分野)   40巻5号
  • 未成年者の問題飲酒促進因子についての研究 -未成年者の飲酒問題コホート調査5年後の分析-
    鈴木健二,武田 綾,松下幸生
    (久里浜アルコール症センター)   40巻6号

第11回(2004年)

  • 全国代表標本による日本人の飲酒実態とアルコール関連問題 −健康日本21の実効性を目指して−
    清水新二,金 東洙,廣田真里
    (奈良女子大学生活環境学部)   39巻3号

第10回(2003年)

  • Regulation of Mouse Retinal Dehydrogenases and Retinal Dehydrogenases in Hepatocyte Differentiation
    Kengo TOMITA, Toshifumi AZUMA, Sayaka INOKUCHI, Naoto KITAMURA, Takeshi NISHIMURA, Shinzo KATO, Hiromasa ISHII
    (慶應義塾大学医学部消化器内科)   38巻1号
  • Adolescent Smoking Behavior in Japan, 1996
    Yoneatsu OSAKI, Masumi MINOWA, Kenji SUZUKI, Kiyoshi WADA

    (鳥取大学医学部環境予防医学分野)   38巻6号

第9回(2002年)

  • Prevalence of Solvent Inhalation among Junior High school Students in Japan and Their Background Lifestyle:Results of Chiba Prefecture Survey 1994
    Kiyoshi WADA
    (国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究部)    37巻1号
  • Effect of Ethanol and Docosahexaenoic Acid on Nerve Growth Factor-inducedn Neurite Formation and Neuron Specific Growth-associated Protein Gene Expression in PC12 Cells
    Hiroyuki FURUYA, Tetsu WATANABE, Yoshihiko SUGIOKA, Yutaka INAGAKI, Isao OKAZAKI
    (東海大学医学部基盤診療学系公衆衛生学)   37巻5号

第8回(2001年)

  • Two Models of Ethanol Withdrawal Kindling
    Izuru MATSUMOTO, Lez BURIKE, Yuki INOUE, Peter A. WILCE
    (福島県立医科大学神経精神医学講座)   36巻1号

第7回(2000年)

  • アルコールの併用は高アルコール嗜好性ラットにおける覚せい剤の中枢神経作用を増強する
    山内順子,丸川征四郎,菱田 繁
    (兵庫医科大学救急災害医学)   35巻1号
  • 薬物依存症の回復施設ダルクにおける回復度の関連要因に関する研究
    近藤千春,飯室 勉,岩井喜代仁,倉田和彦,幸田 実,立川久永,中島清治,宗像恒次

    (筑波大学大学院健康教育学研究室)   35巻4号

第6回(1999年)

  • エタノールの胆嚢平滑筋収縮抑制作用の異なったメカニズムについて −ヒスタミン収縮とアセチルコリン収縮の場合の相違−
    増井秀久,若林一郎,小泉直子
    (兵庫医科大学公衆衛生学教室)   34巻1号
  • アルコール慢性投与マウスの脳内のアセトアルデヒドアダクトについて
    中野太郎,中村和彦,洲脇 寛,伊藤正裕,飴野 清,伊東恭子,岩橋和彦

    (香川医科大学精神神経医学教室)   34巻6号

第5回(1998年)

  • 薬物イメージの形成とマスコミ報道

    藤原真理,清水新二(国立精神・神経センター精神保健研究所)   33巻2号

第4回(1997年)

  • “Effects of Ethanol on the Levels of Brain 6R-L-Erythro-5,6,7,8-Tetrahydrobiopterin in the Inbred Strains of Mice, DBA/2J, C3H/H and C57BL/6J with Different Alcohol Preferences”

    吉本寛司,反町吉秀,李 裕江,上村公一,矢山和宏,谷 淳子,上田秀一,古村節男

    (京都府立医科大学法医学教室)    32巻2号

第3回(1996年)

  • アルコール依存症者の血小板アデニル酸シクレース系の変化

    片村能也,齋藤利和,高畑直彦
    (札幌医科大学神経精神医学講座)    31巻2号

第2回(1995年)

  • “Early Onset of Drinking and Mortality among Male Alcoholics. A Result of a 10-year Prospective Follow-up Study in Hokkaido, Japan”

    森  満,白坂知信
    (佐賀医科大学地域保健科学教室)   30巻6号

第1回(1994年)

  • Genetic Polymorphism of Alcohol and Aldehyde Dehydrogenase and the Effects on Alcohol Metabolism

    山本健二,上野易弘,溝井泰彦,龍野嘉紹

    (神戸大学医学部法医学教室)    28巻1号

  • アルコール性肝疾患に関する遺伝疫学的研究
    原田勝二,高瀬修二郎,堀池典生,石井邦英,石井裕正,高田 昭

    (筑波大学社会医学系)   28巻5号

  • アセトアルデヒドアダクトに対する免疫反応性の基礎的検討とアルコール性肝障害における臨床的意義

    横山裕一(慶應義塾大学医学部内科)   28巻6号

  
  • 第52回 日本アルコール・アディクション医学会
  • 「あなたの飲酒が心配です」という啓発用のリーフレットを販売しています。 TEL 059-351-2711 FAX 059-351-5340 メールでのお問い合わせはこちらから
  • 入会申し込み手続き
  • お知らせ
  • 関連リンク
  • HOME

ページトップへ戻る