日本アルコール・アディクション医学会

CPDD (The College on Problems of Drug Dependence)

CPDDは,1929年に米国科学アカデミーの中に設立された薬物依存研究に関する由緒ある委員会です.現在は,国の機関から独立して薬物依存分野における国際的学会となっており,研究と政策樹立に関する最新の情報を提供しています.


APSAA APSAAR (Asian-Pacific Society for Alcohol and Addiction Research)

APSAA APSAARは,2007年に京都で設立された新しい学会です.アルコールとアディクションに関する研究を促進することにより,アジアー太平洋地域の人々のQOLを向上させることを目的としています.


ISBRA (International Society for Biomedical Research on Alcoholism)

ISBRAは,アルコール依存症の医学生物学的研究促進のための学会です.
1981年に設立され,世界各国に多数の会員を擁しています.


  
  • 第52回 日本アルコール・アディクション医学会
  • 19th Congress of ISBRA
  • 「あなたの飲酒が心配です」という啓発用のリーフレットを販売しています。 TEL 059-351-2711 FAX 059-351-5340 メールでのお問い合わせはこちらから
  • 入会申し込み手続き
  • お知らせ
  • 関連リンク
  • HOME

ページトップへ戻る