日本アルコール・アディクション医学会

CPDDは,1929年に米国科学アカデミーの中に設立された薬物依存研究に関する由緒ある委員会です.
現在は,国の機関から独立して薬物依存分野における国際的学会となっており,研究と政策樹立に関する最新の情報を提供しています.
年1回の年会には,二千人近くの世界の専門家が集まり,5日間に亘って米国行政府の報告をはじめ千題以上の研究発表が行われます.

2016年度のCPDD年会参加奨励賞の募集は既に始まっています

募集要項はこちらをご覧ください

過去の受賞者はこちら


CPDD奨励賞審査合格者

(所属は当時)

2014年度 水野晃治(川崎医科大学薬理学教室)
2013年度 該当なし
2012年度 芝崎真裕(星薬科大学薬品毒性学教室)
2011年度 縄田陽子(長崎国際大学薬学部)
2010年度 中原加恵(星薬科大学薬品毒性学教室)
毛利彰宏(財)東京都医学研究機構東京都精神医学総合研究所)
2009年度 板坂典郎(科学技術振興機構ERATO下條潜在脳機能プロジェクト)
大谷保和(財)東京都医学研究機構東京都精神医学総合研究所)
2008年度 新倉慶一(星薬科大学薬品毒性学教室)
2007年度 申請者なし
2006年度 平仁田尊人(九州大学大学院薬学研究員薬効解析学分野)
2005年度 葛巻直子(星薬科大学薬品毒性学教室)
2004年度 藤原 淳(株式会社イナリサーチ 薬理・毒性試験部)
宮武真由美(星薬科大学薬品毒性学教室)
2003年度 水尾圭祐(星薬科大学薬品毒性学教室)
2002年度 尾崎 覚(星薬科大学薬品毒性学教室)
船田正彦(国立精神・神経センター精神保健研究所薬物依存研究室)

第1回はニコチン・薬物依存研究フォーラムとして表彰

  
  • 第52回 日本アルコール・アディクション医学会
  • 「あなたの飲酒が心配です」という啓発用のリーフレットを販売しています。 TEL 059-351-2711 FAX 059-351-5340 メールでのお問い合わせはこちらから
  • 入会申し込み手続き
  • お知らせ
  • 関連リンク
  • HOME

ページトップへ戻る