matsumoto-top-gazou
 図書館Top >デジタルアーカイブTop >古医書
 
 

  ◆松本仁介氏医学振興基金より受贈された図書館蔵書の紹介

    図書館では、毎年財団法人京都府医学振興会(松本仁介氏基金)から、医学の歴史研究に
   役立つ古医書を貴重なコレクションとして寄贈いただいています。
   このページでは、このコレクションの一部を紹介し、その内容をわかりやすく説明していきます。
   解説は本学人文・社会科学教室准教授 八木聖弥先生にお願いしています。
   (内容は順次増やしていく予定です)


 
前のページ//

(2007年受入分)

2008年受入分リスト

// 次のページ

(2009年受入分)

             
  【婦人寿草】享保11年(1726)刊 OPAC 画像(抜粋)
    香月牛山(1656〜1740)著。3巻6冊。牛山は筑前出身で儒学を貝原益軒に、医学を鶴原玄益に学んだ。のち京都で開業する。李東垣の医説を信奉する後世派であるが、みずからの経験も加味した。本書は啓蒙的な産科書であり、中国の古典を引用しつつ、産前産後の過ごし方について説明する。胎教についての一節もあり、「妊婦、其子の容貌端正に心行正直ならんことを欲せば、つねに口に正言を談じ、かりにも雑話婬乱なることをかたるべからず。身に正事をおこなひ、放逸無慙なるふるまひをなすべからず」などと記されている。   
  【西遊日記】天保7年(1836)序 OPAC 画像(抜粋)    
    新宮凉庭(1787〜1854)著。1巻1冊。凉庭の長崎遊学を日記風にまとめた。凉庭は文化7年(1810)8月6日京都を出発、同10年(1813)9月16日長崎到着。吉雄如淵(耕牛の末子)にオランダ語を学び、プレンキの外科書・解剖書を訳した。のち『解体則』として出版される。また天文学者末次独笑に算数を学んだ。本書の内容には一部錯簡が認められるが、凉庭の長崎遊学を知る好資料といえる。巻末に「順正楼丙申集」を付し、中国人物論や漢詩を載せる。続刊の予定もあったようだが未刊。  
 

【但泉紀行】弘化3年(1846)序 OPAC 画像(抜粋)

    新宮凉庭(1787〜1854)著。1巻1冊。弘化2年(1845)3月、凉庭一家が城崎温泉に行ったときの記録。娘の松代が「子宮疝」に罹ったため湯治に出かけた。3月15日に出発し4月1日に到着。城崎には25日まで滞在し、5月18日に帰宅する。その間、凉庭自身は多くの診察をこなし、「温泉論」の執筆を行うなど、多忙を極めた。娘は一時危篤となったが、のち回復して凉民と結婚、本家を相続した。   
  【破レ家ノツヅクリ話】弘化4年(1847)序 OPAC 画像(抜粋)
    新宮凉庭(1787〜1854)著。3巻3冊。上巻は経済篇、中巻は政事篇、下巻は政事篇・吏術篇から成る。某藩家老が凉庭に財政の立て直し策をたずね、これにこたえたもの。凉庭は経済的に困窮した家庭に育ったこともあって、のち裕福になっても質素倹約を旨として生活した。本書でも奢侈を戒め、倹約を説く。また人の上に立つ者は、徳を積み諫言を聞き入れる度量が必要であるという。   
  【順正書院記】明治2年(1869)序 OPAC 画像(抜粋)
    新宮貞亮(凉介。1822〜1875)編。1巻1冊。新宮凉庭の死後、凉a・凉閣・凉介の三子が相謀り一書をなしたという。凉庭は私財1万両を投じて順正書院を創設した。天保10年(1839)から3年を費やしたという。医学・儒学を講じる場であり、文化人のサロンでもあった。シーボルトは順正書院の蔵書を黄金3000両に値すると評した。本書は書院の絵を載せるほか、凉庭の業績に対して12名が賛辞を寄せている。  
  【鬼国先生言行録】明治18年(1885)序 OPAC 画像(抜粋)
    新宮凉閣(1828〜1885)著。1巻1冊。新宮凉庭に関する基本的伝記の一つ。幼少時の凉庭については本書によるしかない。凉庭は11歳のとき伯父有馬凉築の学僕となり、巌渓嵩台に経書を学んだ。記憶力に優れ神童とうたわれた。33歳のとき京都で開業したが、治療に「楽屋療治」「附合療治」「豪家療治」の三法があるといった。また医は仁術というも、術が拙くては誤って人を殺すこともあり、仁医とはいえないと考えた。門弟には医術の上達につとめさせたという。  
             
             
COPYRIGHT (C) 2009 KYOTO PREFECTURAL UNIVERSITY OF MEDICINE LIBRARY ALL RIGHTS RESERVED