京都府立医科大学 長寿・地域疫学講座

京都府立医科大学 長寿・地域疫学講座

平成27年12月に「長寿・地域疫学講座」が、京都府立医科大学の大学院医学研究科に設置されました。日本は現在、世界有数の長寿国となっています。また京都府北部の京丹後市は、100歳以上の長寿者の人口が全国平均のおよそ2.8倍であり、長寿国日本の中でも最も高水準の長寿地域となっています。この長寿が如何にして可能になるのかを明らかにすべく、研究を開始致します。この研究を通じて京丹後市民の、ひいては京都府民全体の健康長寿の増進に貢献していきたいと考えております。

大学院医学研究科:長寿・地域疫学講座
医学部医学科:循環器内科学教室

新着情報

2017/10/27
長寿疫学研究の記事が10月26日の京都新聞に掲載されました。
詳細は⇒こちら
2017/10/26
京丹後地域における長寿疫学研究が、ABC朝日放送 「名医とつながる!たけしの家庭の医学」で放送されました。
詳細は⇒こちら
2017/08/08
読売新聞で研究が紹介されました。
詳細は⇒こちら