京都府立医科大学大学院医学研究科  免疫学(松田研究室)
Department of Immunology, Kyoto Prefectural University of Medicine

プロジェクトのご紹介 3    - Project 3 -

褐色脂肪のダイレクト・リプログラミングと代謝疾患の制御
Direct reprogramming of functional brown adipocytes that control metabolic diseases

褐色脂肪のダイレクト・リプログラミングと代謝疾患の制御

褐色脂肪細胞は食物由来の余剰エネルギーを散逸する細胞であるが、糖尿病患者ではその機能はほとんど消失している。我々は、ヒトとマウスの線維芽細胞を直接、機能的な褐色脂肪細胞にリプログラミングする技術を樹立した。

その効率は90%以上であり、得られた褐色脂肪細胞(dBAs)はUCP1を高発現し、高い代謝活性を有する。糖尿病マウスに移植すると、食餌量は変えずに、インスリン抵抗性、体重増加、耐糖能、脂質異常症がすべて抑制できる。そこで糖尿病に対する新しい再生医療をもたらすと考えられる(岸田他、Stem Cell Reports)。

Brown adipocytes dissipate excess energy originated from food as heat, while diabetic patients have mostly lost functional brown adipocytes. We established a technology to directly convert human and mouse fibroblasts into brown adipocytes at an efficiency of more than 90%. The directly converted brown adipocytes (dBAs) highly express UCP1 and have high metabolic activities. Transplantation of dBAs into diabetic mice significantly improved insulin resistance, body weight gain, glucose tolerance and dyslipidemia, without affecting food intake. This technology may generate novel regenerative therapy for diabetes (Kishida et al, Stem Cell Reports).

一部プロジェクトのご紹介 - See some projects among others -