京都府立医科大学大学院医学研究科  免疫学(松田研究室)
Department of Immunology, Kyoto Prefectural University of Medicine

プロジェクトのご紹介 5    - Project 5 -

IL-21 によるアレルギー応答の制御とその分子機構
IL-21-mediated regulation of allergic responses and its molecular mechanisms

IL-21 によるアレルギー応答の制御とその分子構造

IL-21 シグナルは、B 細胞の IgE クラススイッチを抑制するという報告がなされていたが、
矛盾する報告もあり、IL-21 シグナルが IgE クラススイッチの抑制に関与する分子機構は明らかでなかった。

一方、アレルギーを発症する個体内における IL-21 の in vivo の作用も知られていなかった。

我々は、IL-21 が転写制御因子、Id2 を誘導し、Id2 が必須に関与して IgE クラススイッチを抑制することを見出した。

IL-21 はまた、線維芽細胞に働いてエオタキシン産生を抑制し、好酸球のアレルギー局所への遊走を抑制した。

さらに、アナフィラキシーおよびアレルギー性鼻炎を誘導したマウスにおいて、アレルギー症状を強力に抑制することを見出した。

これらの結果は、IL-21 がアレルギー病態の制御に有用である可能性を示している(Kishida et al., J Immunol; Hiromura et al., J Immunol)。

Some earlier reports suggested that IL-21 signal prevented B cells from undergoing IgE class switch recombination (CSR),
but other reports were inconsistent with this view. 

Involvement of IL-21 signal in the regulation of IgE CSR was not clarified at molecular level.

It was also unveiled whether exogenous IL-21 plays some role in vivo in animals that show manifestations of allergic diseases.

We found that IL-21 provoked B cells to express the transcriptional regulator, Id2,
which was essential and sufficient for the IL-21-induced suppression of IgE CSR.

IL-21 also acted on fibroblasts and inhibited production of Eotaxin,
so that the eosinophil infiltration into the allergic lesion was significantly hampered.

Moreover, IL-21 strongly alleviated allergic symptoms in mice that otherwise exhibited systemic anaphylaxis or allergic rhinitis.

These results strongly suggest that IL-21 may be feasible for controlling allergic disorders
(Kishida et al., J Immunol; Hiromura et al., J Immunol).

一部プロジェクトのご紹介 - See some projects among others -