京都府立医科大学大学院医学研究科  免疫学(松田研究室)
Department of Immunology, Kyoto Prefectural University of Medicine

プロジェクトのご紹介 6    - Project 6 -

IL-27 によるNK 細胞活性化とADCC を介した腫瘍抑制
IL-27 augments NK cytotoxicity and induces ADCC-based tumor suppression

IL-27 によるNK 細胞活性化とADCC を介した腫瘍抑制

IL-27 は、Th1 誘導の最初期に必須のサイトカインとして知られているが、ナチュラルキラー(NK)細胞に対する直接作用は報告されていなかった。

NK 細胞に機能的な IL-27 レセプターが発現すること、およびIL-27 シグナルが NK 細胞の生存を延長し細胞傷害活性を増強することを見出した。

一方、in vivo での腫瘍免疫に及ぼす影響を、担癌マウスを用いて解析したところ、
奇妙なことに、NK 抵抗性の頭頚部扁平上皮癌をも、NK 依存性に抑制することが分かった。

その抗腫瘍効果のメカニズムとして、IL-27 がB 細胞に作用して腫瘍特異的 IgG 抗体を産生させること、
その IgG と IL-27 で活性化した NK 細胞が協調的に働いて、FcγRIII 依存性に NK 抵抗性の腫瘍を障害することを見出した。

本研究の成果は、既存の免疫療法で効果がない腫瘍に対して IL-27 が新しい治療手段を提供する可能性を示唆している(Matsui et al., Cancer Res)。

IL-27 plays indispensable roles in an earliest phase of Th1 differentiation, while its direct action on natural killer (NK) cells was not fully unveiled.

We found that NK cells expressed functional IL-27 receptor, and IL-27 signal prolonged survival of NK cells while augmenting their cytotoxic activity.

We also explored influence in vivo of IL-27 on anti-tumor immune response. Unexpectedly, IL-27 strongly suppressed, in a NK cell-dependent manner, the growth of the head-and-neck squamous cell carcinoma that was completely resistant to NK tumoricidal activity.

As the mechanisms underlying the tumor suppression, we noticed that IL-27 also provoked B cells to produce tumor-specific IgG antibody, which cooperated with the IL-27-activated NK cells to kill the NK-resistant tumor cells in an FcγRIII-dependent fashion.

The results strongly suggest that IL-27 may provide a novel therapeutic procedure against such tumors that are resistant to the conventional immunotherapeutic strategies(Matsui et al., Cancer Res).

一部プロジェクトのご紹介 - See some projects among others -