京都府立医科大学大学院医学研究科  免疫学(松田研究室)
Department of Immunology, Kyoto Prefectural University of Medicine

プロジェクトのご紹介 7    - Project 7 -

EBV- エピゾーマルベクターによる外来遺伝子の高効率導入、高発現、長期間持続の機構解明
Mechanisms underlying the high-rate transfection, high-level expression, and long-term maintenance of exogenous genes mediated by the Epstein-Barr virus-based episomal vector

EBV- エピゾーマルベクターによる外来遺伝子の高効率導入、高発現、長期間持続の機構解明

エプスタイン・バール・ウイルス(EBV)のoriP 配列とEBNA1 遺伝子は、潜伏感染しているヒト細胞においてウイルスゲノムDNA が複製保持されるのに必須の役割を果たす。

EBNA1 は配列特異的にoriP に結合し、このoriP を有するエピゾームDNA の複製、核移行、核マトリックスと染色体への結合を促進し、また転写を増強する。

そこで、EBNA1 遺伝子とoriP を有するプラスミドベクター(EBV エピゾーマル・ベクター)を
非ウイルス的導入法にて細胞に導入すると、高効率導入、高発現と長期間維持が可能となる。

我々は、EBNA1/oriP の素機能の貢献をマルチスケール操作にて解析した。

さらにこの成果を元に、遺伝子の機能解析や、種々疾患に対する分子標的療法の候補遺伝子の解明等への応用も行っている。

The Epstein-Barr virus (EBV) nuclear antigen 1 (EBNA1) gene and oriP sequence are essential for the replication and maintenance of EBV genomic DNA in human cells that are latently infected with the virus.

Through binding to oriP in a sequence-specific fashion, the EBNA1 promotes replication of the episomal DNA bearing oriP, promotes nuclear transfer of the oriP-bearing episome, mediates binding of the oriP-bearing episomal DNA to the chromosomes/chromatin, and positively regulates transcription.

Thus, plasmid DNA containing the EBNA1 gene and oriP (EBV-based episomal vectors) enables highly efficient gene transfer, strong expression of exogenous gene, and long-term maintenance of the episomes, after transfected into mammalian cells via a nonviral gene transfer vehicles.

By means of the multiscale manipulation procedures, we analyzed differential contribution of each function of EBNA1/oriP. Moreover, we have performed functional analyses of genes as well as exploration of target genes for therapeutic molecular targeting for variety of diseases.

一部プロジェクトのご紹介 - See some projects among others -