京都府立医科大学大学院医学研究科  免疫学(松田研究室)
Department of Immunology, Kyoto Prefectural University of Medicine

プロジェクトのご紹介 8    - Project 8 -

細胞の分化と初期化に伴う染色体エピジェネティック修飾の解析
Analyses of epigenetic modification of chromosomes upon cell differentiation and reprogramming

細胞の分化と初期化に伴う染色体エピジェネティック装飾の解析

特定の組み合わせの転写因子の遺伝子を導入することにより、体細胞がリプログラムされ、人工多能性幹細胞(iPS 細胞)が誘導される。

導入遺伝子の染色体への組み込みなしに高効率遺伝子導入が可能な非ウイルス的導入法を用いると、
ゲノムの完全性が保たれたiPS 細胞を樹立することが可能である。

我々はさらに、このようなiPS 細胞がさまざまな特異的な組織細胞に分化する機構を解析している。

とりわけ、さまざまな遺伝子座における、クロマチンのエピゲノム修飾が、細胞の分化とリプログラミングの制御に極めて重要な役割を果たしていると考えられ、これらの観点から解析を行っている。

Somatic cells can be reprogrammed into the inducible pluripotent stem cells (iPS cells) by transferring the genes encoding defined transcription factors.

Using non-viral gene transfer procedures that enable highly efficient transfection without chromosomal integration of the transgenes, it is possible to generate such iPS cells in which genomic integrity is maintained.

We are further analyzing the mechanisms by which these iPS cells give rise to various cells with tissue-specific characteristics.

Particularly, epigenetic modification of the chromatins at various genetic loci may play extremely important roles in the regulation of cell differentiation and reprogramming, so that we are currently exerting such analyses.

一部プロジェクトのご紹介 - See some projects among others -