専攻医からのメッセージ

  • ホーム
  • 専攻医からのメッセージ

若手医師からの生の声をおとどけします

大学院 下村 征史Seiji Shimomura

初めまして、平成24年卒の下村征史です。私は済生会滋賀県病院での2年間の卒後臨床研修を終え、平成26年に整形外科医1年目として気持ち新たに京都府立医科大学整形外科に入局しました。

京都府立医科大学整形外科の魅力は、関節外科や脊椎外科、リウマチ外科はもちろん、腫瘍、小児整形外科まで整形外科医として知っておかなければいけないすべての分野の専門医が揃っていることです。カンファレンスも充実しているため、大学病院でしか経験できないような難しい症例についてもどうしたら機能温存、改善できるかを深く掘り下げて考えられます。

また、入局1年目は必ず入局者全員が大学病院で勤務します。1年間を通して日常業務はもちろん、忘年会などの各種イベントをともに盛り上げる中で、同期とのつながりが深まります。さらに、それぞれの分野の専門家である上級医の先生とつながりができ、他病院で勤務することになっても気軽に症例の相談ができるような関係を築けます。

関連病院に関しても京都を中心に多くの施設があり、市中病院から地域密着型の病院、外傷が多い病院や予定手術が中心の病院まで様々で、病院ごとに担っている仕事は異なります。

大学病院では基礎研究も積極的に行っています。細胞を用いた基礎研究からMRIを用いた画像研究など多岐にわたって研究を行っています。私も今年からは大学院生として臨床での疑問や問題点を解決するため、日々研究を行っています。

整形外科とひと言で言ってもそれぞれ目指しているものは異なりますが、それぞれにあった働き方ができるのが京都府立医科大学整形外科です。整形外科として頑張っていこうと考えている方は是非一緒に働きましょう。

前期専攻医(現 大学院) 和田 浩明Hiroaki Wada

平成25年卒の和田 浩明です。当院整形外科での専門医取得を検討されている臨床研修医に向けてとういうことで筆をとらせていただきました。私は京都府立医科大学附属病院で2年間の臨床研修を終え、平成27年より同病院の整形外科医として働き始めました。臨床研修中は鞍馬口医療センターなどでも整形外科のローテートをしていました。

当院整形外科の特徴として、まず挙げたいと思うのは人の多さだと思います。各分野に数名の指導医の先生方がおられるため、症例を相談しやすいといったメリットがあります。次に多様な症例に出会うことが出来るため、将来的に進んでいく整形外科の中での専門分野について広く情報をあつめ、選択肢を広げることが出来るのも大きな魅力であると思います。

また整形外科医として働いていく上で、リハビリテーションとの関わりはなくてはならない重要な部分ですが、理学療法士・作業療法士の先生方、リハビリテーション医学教室のスタッフの先生方と接する機会が多いことも魅力として挙げられます。

診療以外では学会発表に触れる機会も多く、自身での発表の際に指導医の先生から繰り返し細やかな指導を受けることができ、伝えたい内容を上手に伝えるテクニックについても学ぶことができます。予演会では、想定質問まで含めて指導医全員から意見を受けることができ、充分な自信を持って本番の発表に望むことができます。

整形外科という分野は、専門分野が多様に分かれていることが魅力の1つでもあると思います。選ぶ道が多く悩むことも多いと思いますし、実際自分もその中の1人ですが、自分の選ぶ選択肢を多く持てるということは幸せなことだと思います。

多くの先生方と共に仕事ができることを楽しみにしています。

前期専攻医(現 学外研究生) 藤井 俊Shun Fujii

はじめまして前期専攻医の藤井俊です。私は平成25年に京都府立医科大学を卒業し、済生会滋賀県病院で2年間の卒後臨床研修を終えて、平成27年4月から母校である京都府立医科大学整形外科に入局しました。

済生会滋賀県病院では外傷を中心に、整形外科の面白さに触れて整形外科の道に進むことを決めました。京都府立医科大学の整形外科を選んだ理由としては、母校であることはもちろんですが、大学病院が京都の中心にあり関連病院も京都近郊に多いこと、腫瘍や小児などすべての分野が揃っていること、そしてなにより指導医の先生との仲の良さです。

まず立地に関しては病院が京都御所と鴨川に挟まれ、働きながら四季を感じることができます。関連病院も京都近郊にあることから、異動になった際も引っ越す必要がないこともあります。

次に、京都府立医科大学整形外科には各関節外科、脊椎外科、リウマチ、腫瘍、小児と各班の指導医の先生が揃っています。各分野の先生がいることで、大学病院でしか経験できない多くの症例を経験でき、自分の肥やしとなります。

そして、講師クラスの指導医の先生とも仲が良く、昼間は症例について議論を交わし、1年目から積極的に治療に介入することができます。また夜はお酒を酌み交わし交流を深め、とても仲が良いです。

医療が発達し高齢化社会となった現代では、整形外科は高齢者を含めてQOLの追求のために欠かせない診療科となっています。スポーツ整形も含めると老若男女に求められる診療科です。このように多くの分野で活躍の場がある整形外科はとてもやりがいがあり、自分に合った仕事を見つけることができると思います。

興味を持った先生や学生は是非一度見学に来ていただき、一緒に働きましょう。