臨床研修・専門研修

研修プログラムを支える体制

1.専門研修プログラムの管理運営体制

基幹施設である京都府立医科大学附属病院においては、指導管理責任者(プログラム統括責任者を兼務)および指導医の協力により、また専門研修連携施設においては指導管理責任者および指導医の協力により専攻医の評価ができる体制を整備しています。専門研修プログラムの管理には双方向の評価システムにより、互いにフィードバックすることから研修プログラムの改善を行っていきます。

上記目的達成のために専門研修基幹施設に専門研修プログラムと専攻医を統括的に管理する整形外科専門研修プログラム管理委員会を設置し、年に1度開催します。

2.労働環境、労働安全、勤務条件

労働環境、労働安全、勤務条件等は各専門研修基幹施設や専門研修連携施設の病院規定によります。

  1. 研修施設の責任者は専攻医のために適切な労働環境の整備に努めます。
  2. 研修施設の責任者は専攻医の心身の健康維持に配慮します。
  3. 過剰な時間外勤務を命じないようにします。
  4. 施設の給与体系を明示し、4年間の研修で専攻医間に大きな差が出ないように配慮します。

専攻医の勤務時間、休日、当直、給与などの勤務条件については、労働基準法を遵守し、各施設の労使協定に従います。さらに、専攻医の心身の健康維持への配慮、当直業務と夜間診療業務の区別とそれぞれに対応した適切な対価を支払うこと、バックアップ体制、適切な休養などについて、勤務開始の時点で説明を行います。

総括的評価を行う際、専攻医および指導医は専攻医指導施設に対する評価も行い、その内容は京都府立医科大学附属病院整形外科専門研修管理委員会に報告されますが、そこには労働時間、当直回数、給与など、労働条件についての内容が含まれます。