臨床研修・専門研修

研修の特徴

京都を中心とした専門研修施設群(京阪神・滋賀)

京都府立医科大学附属病院と近接した14の関連病院で形成される連携施設により専門研修施設群を構成します。専門研修施設群は京都を中心に大阪、神戸、滋賀などにあり、全ての施設が京都中心部から約1.5時間以内の距離にあります。

すべての領域に抜群の症例数

基幹施設および連携施設全体において年間新患数80,000名以上年間手術件数およそ20,000件の豊富な症例数を有する本研修プログラムでは、必要症例数を上回る症例を経験することが可能です。

充実した指導医体制

本研修プログラムは全体で80名をこえる経験豊富な指導医で構成され、脊椎・脊髄外科、スポーツ整形外科、外傷、肩関節外科、手外科、股関節外科、膝関節外科、足の外科、リウマチ、骨軟部腫瘍、小児整形外科の各分野で全国的に名高い精通した専門家が直接指導にあたります。

連携施設の分布

連携施設

多彩な仲間と切磋琢磨

当教室には全国から若手医師が在籍しています。出身大学も本学のみならず国公立・私立を問わず様々です(旭川医大、北大、札幌医大、弘前大、秋田大、山形大、福島県立医大、新潟大、獨協医大、自治医大、群馬大、筑波大、東京医大、日大、日医大、昭和大、帝京大、北里大、聖マリアンナ医大など計61大学)。大学の教育スタッフも出身大学は様々であり、加えて女性スタッフも活躍しています。このようにいろいろな経歴を持った仲間と切磋琢磨し合う環境があります。

海外留学・学術面でのサポート

基礎研究指導、国外への留学、大学院での研究支援も積極的に行っています。過去の留学先の例としてハーバード大学(MGH)、メイヨークリニック、コーネル大学 (HSS)、UCLA、UCSD、オックスフォード大学、リヨン大学などがあります。

京都府立医科大学医学部附属病院 整形外科について

 整形外科学教室は伝統ある附属病院の中で最も多いベッド数と屈指の患者数を誇っています。
その特徴としては多彩な専門外来があり、バランスよく効率的に研修ができます。関節外科(肩関節、股関節、膝関節、足・足関節)、スポーツ整形外科、脊椎・脊髄、手・末梢神経、外傷、小児整形外科、関節リウマチ、骨・軟部腫瘍、骨代謝など12の専門クリニックからなります。

 関節外科では人工関節だけではなく、骨切り術や靱帯再建術、関節鏡を用いた低侵襲手術まで幅広く行っています。スポーツ整形外科はトップレベルのアスリートを関係病院と連携して診療しています。脊椎・脊髄外科では、顕微鏡や内視鏡を用いた低侵襲手術だけではなく、ナビゲーションシステムを用いた高度な側弯症矯正術も行っています。外傷では高度救命救急センターを有する関連施設と連携し、十分な研修を行えます。特に大学病院で小児整形外科外来を有しているのが特徴で、大学病院で小児整形の研修を行うことができます。関節リウマチに関しては、内科と連携したリウマチセンターがあり、集学的治療を行っています。骨軟部腫瘍に対するスタッフも充実しており、他の施設では経験できない骨軟部腫瘍をバランスよく研修できます。運動器リハビリテーションに関しては、リハビリテーション医学教室と緊密に連携し、その研修を充実させています。

京都府立医科大学整形外科週間予定表(共通)
 
術前カンファ        
午前 教授回診 手術   手術 手術
午後  術前カンファ 手術 術前・後カンファ 手術 手術/RHカンファ
ジャーナルクラブ        
京都府立医科大学整形外科週間予定表(診療班ごと)
診療班  
脊椎 午前 新患外来 手術/造影検査/ 専門外来 手術/新患外来 専門外来
神経ブロック
午後 造影検査/ 手術 専門外来 手術/造影検査/ 脊椎カンファ
神経ブロック 神経ブロック
小児 午前 専門外来 手術 新患外来 手術 新患外来
午後 専門外来 病棟 専門外来 手術 病棟回診
リウマチ 午前 新患外来 専門外来 新患外来 専門外来 新患外来
午後 病棟 手術/ 病棟 外来/手術/ 病棟
(隔週)RHカンファ (隔週)合同カンファ
骨・軟部腫瘍 午前 病棟 専門外来 病棟 手術 新患外来
午後 腫瘍カンファ 専門外来 病棟 手術 専門外来
手・末梢神経 午前 電気生理検査 新患外来 専門外来 手術 病棟
午後 超音波検査 手術/RHカンファ 病棟 手術 病棟
肩関節 午前 新患外来 病棟 新患外来 手術 専門外来
午後 RHカンファ 病棟 病棟 手術 専門外来
股関節 午前 専門外来 手術 新患外来 新患外来  
午後 専門外来 手術/リサーチカンファ   病棟/RHカンファ 病棟
膝関節/スポーツ 午前 新患外来 手術 地域医療 新患外来 手術/外来
午後 病棟 専門外来/膝カンファ 病棟 手術 手術/病棟
足・足関節 午前 病棟 手術 病棟 新患外来 専門外来
午後 病棟 手術 病棟 足カンファ 専門外来/手術
専門研修連携施設(研修施設はこちら

 本専門研修プログラムでは、大型総合病院として年間800例以上の手術件数を取り扱う京都第一赤十字病院京都第二赤十字病院済生会滋賀県病院大阪府済生会吹田病院大津市民病院があり、さらに専門研修中核病院として、京都鞍馬口医療センター、済生会京都府病院、洛和会丸太町病院、康生会武田病院、宇治武田病院、市立福知山市民病院、公立南丹病院、松下記念病院、みどりヶ丘病院、神戸中央病院、明石市立病院、舞鶴赤十字病院、京都府立医科大学附属北部医療センター、朝日大学歯学部附属村上記念病院があります。また、地域医療研修病院(その地域における地域医療の拠点となっている施設)として西陣病院、堀川病院、がくさい病院、京都武田病院、愛生会山科病院、京都山城総合医療センター、京都きづ川病院、田辺中央病院、亀岡市立病院、明治国際医療大学附属病院、綾部市立病院、金井病院、城陽リハビリテーション病院、京都大原記念病院といった幅広い連携施設が入っています。

 大型総合病院では救急医療としての外傷に対する研修に加えて、サブスペシャリティに対する専門性の高い研修(京都第一赤十字病院:股関節、脊椎・脊髄外科、手外科、膝関節、京都第二赤十字病院:股関節、小児整形外科、手外科、関節リウマチ、脊椎・脊髄外科、済生会滋賀県病院:脊椎・脊髄外科、膝関節、スポーツ整形外科、済生会吹田病院:肩関節、膝関節、スポーツ整形外科、大津市民病院:手外科、関節外科)を受けることができます。専門研修中核病院でも、京都鞍馬口医療センターではスポーツ整形外科、洛和会丸太町病院では脊椎・脊髄外科および関節外科、宇治武田病院では手外科、スポーツ整形外科、公立南丹病院では脊椎・脊髄外科、舞鶴赤十字病院では脊椎・脊髄外科、明石市立病院では脊椎・脊髄外科に特化したサブスペシャリティに対する専門性の高い研修を受けることができます。また済生会京都府病院、康生会武田病院、福知山市民病院、京都北部医療センター、神戸中央病院においては、地域医療の拠点として、地域医療ならびに外傷に対する研修を幅広く受けることができます。いずれの連携施設も豊富な症例数を有しており、臨床経験豊富で高い教育能力を備えた指導医のもと臨床研修を送ることができます。また執刀した症例は原則として主治医として担当することで、医師としての責任感や、患者やメディカルスタッフなどと良好な信頼関係を構築する能力も育んでいきます。

研修コースの具体例

 本専門研修コースの具体例として下表のごとく、京都府立医科大学病院整形外科の専門研修施設群の各施設の特徴(脊椎・脊髄外科関節外科スポーツ整形外科手外科外傷リウマチ骨軟部腫瘍)に基づいたコースの例を示しています。各専門研修コースは、各専攻医の希望を考慮し、個々のプログラムの内容や基幹施設・連携施設のいずれの施設からの開始に対しても対応できるような研修コースを作成しています。流動単位の8単位については、必須単位取得後にさらなる経験が必要と考えられる分野や、将来希望するサブスペシャリティ分野を重点的に研修することが可能です。

研修コース(研修施設のローテーション例)
プログラム 1年目 2年目 3年目 4年目
例1 大学病院 京都第一赤十字病院 丸太町病院
例2 京都第二赤十字病院 済生会京都府病院 大学病院
例3 大学病院 済生会吹田病院 鞍馬口医療センター がくさい病院
例4 松下記念病院 大学病院 みどりヶ丘病院 済生会吹田病院
例5 大学病院 松下記念病院 神戸中央病院 明石市民病院
例6 大学病院 済生会滋賀県病院 大津市民病院
例7 大学病院 福知山市民病院 康生会武田病院 京都第一赤十字病院