研究のご紹介

リウマチリサーチ

リウマチ診療における変形や機能障害、診断の取り組みを紹介します。

研究概要

リウマチグループでは、外来診療にいかすことを念頭に置いた臨床研究を中心に行っています。リウマチ診療に必要な知識と技術は、外科治療だけにとどまらず、薬物療法と合併症への対応の両方が必要です。これらを効率よく習得するために、毎月の整形外科・膠原病内科合同カンファレンスや,研究会の開催などの機会を多く設けて十分な卒後教育が受けられるよう配慮しています。

診断

関節リウマチの薬物療法の進歩に伴い、早期診断、正確な疾患活動性評価が重要となってきております。以前から造影MRIのMIP画像を診療と研究に役立てています。最近は、リングゲージをPIP関節の腫脹を簡便に正確に測定するアイテムとして利用しており、客観的なデータとともに論文に投稿しています。

病態

2004年より、手指の変形に関するコホート研究を開始しています。スワンネック変形やボタン穴変形、尺側偏位などの特徴的な変形と手指機能の解析を行っています。リウマチがよくコントロールされている症例でも変形と機能障害は進行することを報告しています。現在コホートは開始して10年となり、その結果から臨床的に有用な情報を発信中です。


アメリカAAOSでの発表

関節病学会での受賞
治療

手術に関する臨床研究を中心に行っております。Sauve-Kapandji法による手関節形成術、人工指関節置換術、人工肘関節置換術の治療効果について解析し、学会発表を行っています。

また、当科では関節リウマチの前足部変形に対して長年からスワンソンクレイトン法を行っており、この長期成績をまとめました。今後、前足部変形に対する術式を発展させていきます。

以上のようにリウマチグループでは、主要学会において多くの発表を行い、論文を作成しています。リウマチは疫学、病態、診断、治療など様々な研究テーマが目白押しです。なかでも治療は、薬物療法や局所療法、装具療法などの保存療法や手術療法、さらにリハビリテーションなど、多岐にわたります。臨床と研究においてまだまだおもしろい分野がたくさんあります。一人でも多くの仲間を待ち望んでおります。

現在行っている研究・今後の研究

  • 関節リウマチに対するリハビリテーションの効果判定法の検討
  • 整形外科疾患における漢方薬治療の有用性
  • 関節リウマチにおける単純X線を用いた手足浮腫と疾患活動性の評価
  • 関節リウマチにおける手足連続MIP撮影の有用性
  • 関節リウマチにおける機能障害を反映した統合性疾患活動性指標の検討

主な業績

著書
知っておくべき整形外科医の関節リウマチ診療ABC 久保俊一編 文光堂, 2016
原著論文
  • A new assessment tool for ulnar drift in patients with rheumatoid arthritis using pathophysiological parameters of the metacarpophalangeal joint.
    Toyama S, Oda R, Tokunaga D, Taniguchi D, Nakamura S, Asada M, Fujiwara H, Kubo T.
    Mod Rheumatol. 2018
  • Recurrence of deformity after silicone implant and resection arthroplasty of the metatarsophalangeal joint for rheumatoid arthritis: long-term results.
    Taniguchi D, Oda R, Ikoma K, Toyama S, Takatori R, Imai K, Hara Y, Sawada K, Tokunaga D, Fujiwara H, Kubo T.
    Mod Rheumatol. 2017
  • Prediction of radiographic progression in synovitis-positive joints on maximum intensity projection of magnetic resonance imaging in rheumatoid arthritis.
    Akai T, Taniguchi D, Oda R, Asada M, Toyama S, Tokunaga D, Seno T, Kawahito Y, Fujii Y, Ito H, Fujiwara H, Kubo T.
    Clin Rheumatol1 35: 873-878; 2016
  • Spontaneous flexor tendon rupture due to an insufficiency fracture of the hamate hook in a patient with systemic lupus erythematosus: A case report
    Hosokawa T, Oda R, Toyama S, Taniguchi D, Tokunaga D, Fujiwara H, Kubo T.
    Int J Surg Case Rep 27: 63-65; 2016
  • Recurrence of deformity after silicone implant and resection arthroplasty of the metatarsophalangeal joint for rheumatoid arthritis: long-term results
    Taniguchi D, Oda R, Ikoma K, Toyama S, Takatori R, Imai K, Hara Y, Sawada K, Tokunaga D, Fujiwara H, Kubo T.
    Mod Rheumatol 26: 1-5; 2016
  • Efficacy of MRP8/14 as a Marker of Disease Activity in Rheumatoid Arthritis.
    Yamasaki T, Oda R, Imai K, Taniguchi D, Toyama S, Seno T, Arai Y, Ikoma K, Fujiwara H, Tokunaga D, Kawahito Y, Kubo T.
    Open J of Rheumatology and Autoimmune Diseases 6: 34-39; 2016
海外口演
  • Deformity and disability in the rheumatoid hand progress despite disease control :10-year follow up
    Toyama S, Oda R, Taniguchi D, Nakamura S, Asada M, Ikeda R, Fujiwara H, Tokunaga D, Kubo T
    American Academy of Orthopaedic Surgeons(AAOS) 2016 Orlando, USA
  • Combination of high-intensity exercise therapy with orthosis therapy for patients with foot deformities due to rheumatoid arthritis
    Toyama S, Oda R, Taniguchi D, Ikeda R, Ikoma K, Fujiwara H, Sagara A, Maeda H, Ikeda T, Mikami Y, Kubo T
    10th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine (ISPRM) Kuala Kumpur, Malysia