トピックス

  研究について

  プロジェクト

  大学院の案内

  教室員の紹介

  研究業績 2016

          2015

          2014

          2013

          2012

          2011

          2010

          2009

          2008

          2007

          2006

          2005以前

          特許

  病理学教室の歩み

  リンク集

  バイオインフォマティクス・
   分子イメージングユニット




 学生用
 教職員用
 お問い合わせ

 〒602-8566
 京都市上京区河原町広小路
 梶井町465番地
 TEL 075-251-5322
 FAX 075-251-5353













2017.1.6
熊本康昭がJapan-Taiwan Medical Spectroscopy International Symposium
(JTMSIS)
Best Poster Awardを受賞しました。

2016.12.14
研究についてのページに情報公開掲示が追加されました。

2016.11.1
JCT・CREST研究課題「一細胞ラマン計測と情報科学の融合による細胞診断の
迅速解析技術の開発」の技術補佐員を募集しております。
詳細はこちらをご確認ください。

2016.5.26
熊本康昭が平成28年度日本分光学会年次講演会若手ポスター賞
受賞しました。

2016.4.1
池本公紀と柴田佳那美が大学院生として教室員に加わりました。
舩越典子が研究生として教室員に加わりました。

2016.3.1
平成27年度 第2学年「細胞分子機能病理学」講義日程表を更新しました

2016.2.22
教室の研究成果が心臓病学の教科書「Braunwals's Heart Disease」
掲載されました。

2016.1.27
平成27年度 第2学年「細胞分子機能病理学」講義日程表を更新しました

2016.1.1
松山高明が細胞分子機能病理学講師に就任し教室員に加わりました。
藤田泰子が細胞分子機能病理学助教に就任し教室員に加わりました。

2015.11.21
近畿経済産業局医工連携事業「医療現場用末梢神経の高速検知システムの開発」に関する研究が日本経済新聞に掲載されました。

2015.10.3
原田義規,宮脇喜一郎,姜 艶が「第17回日本組織細胞化学会論文賞」
受賞しました。

2015.7.25
南川丈夫が第12回日本病理学会カンファレンス優秀ポスター賞を受賞しました。

2015.7.1
熊本康昭が細胞分子機能病理学助教に就任し教室員に加わりました。

2015.7.1
南川丈夫が徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部先進物質材料部門材料加工システム大講座特任講師に就任し異動しました。

2015.5.1
ハルソノ・チャフヤディが医学研究方法論概論助教に就任し
教室員に加わりました。

2015.5.1
山岡禎久が佐賀大学大学院工学系研究科先端融合工学専攻准教授
就任し異動しました。

2015.4.8
平成27年度 第3学年「細胞分子機能病理学」講義日程表を更新しました。

2015.4.1
濱岡秀樹が大学院生として教室員に加わりました。

2015.4.1
戴 平が細胞再生医学教室へ異動しました。

2015.4.1
田中秀央が細胞分子機能病理学教授に就任しました。

2015.3.31-4.1
松哲郎が定年に伴い細胞分子機能病理学教授を退任し医学フォトニクス講座
教授
に就任しました。

2014.6.8
山岡禎久の研究が公益財団法人村田学術振興財団第30回研究助成に採択されました

2014.6.2
山岡禎久の研究が京都発革新的医療技術研究開発助成事業に採択されました

2014.6.1-2
教室セミナー合宿を三重県鳥羽にて行いました。

2014.4.3
平成26年度 第3学年「細胞分子機能病理学」講義日程表を更新しました。

2014.4.1
大平 卓が大学院生として教室員に加
わりました。

2013.12.1
南川丈夫が助教に就任しました

2013.11.28
関西イノベーション国際戦略総合特区における平成25年度課題解決型医療機器等開発事業(総合特区推進委託費)に採択されました。

2013.8.2
松尾久敬が大学院生として教室員に加
わりました。

2013.8.2
経済産業省の平成25年度「課題解決型医療機器等開発事業」に採択されました。

2013.5.19
教室セミナー合宿を和歌山県白浜にて行いました。

2013.4.10
平成25年度 第3学年「細胞分子機能病理学」講義日程表を更新しました。

2013.2.18
日経エレクトロニクスに高松教授の記事が掲載されました。     
2012.10.1
原田義規が講師に昇任しました。

2012.4.1
村西菜苗が大学院生として教室員に加わりました。

2012.4.1
関塾タイムスの研究最前線に高松教授の記事が掲載されました。

2012.4.1
研究成果が「実験医学増刊 in vivo実験医学によるヒト疾患解明の最前線」表紙に掲載されました(2012年1月発行)

2011.8.10
平成23年度 第3学年2学期「細胞分子機能病理学」講義日程表を更新しました。

2011.5.20
平成23年度 第3学年「細胞分子機能病理学」講義日程表を更新しました。

2011.5.15-16
教室セミナー合宿を岡山・牛窓にて行いました。


2011.4.7
山岡禎久他の論文(Fine depth resolution of two-photon absorption-induced photoacoustic microscopyusing low-frequency bandpass filtering)がOptics Expressにアクセプトされました。

2011.4.1
南川丈夫が特別研究員として、日野仁嗣、橋本恵美が大学院生として教室員に加わりました。

2011.3.25
3月25日のサイエンスZERO「ZEROスペシャル がん治療最前線」で研究内容が紹介されました。

2011.3.17
Nature日本語版FOCUSに教室の研究が紹介されました。

2010.12.4
12月4日のサイエンスZERO(NHK教育)に高松哲郎教授がゲスト出演しました。
http://www.nhk.or.jp/zero/

2010.11.1
田中秀央が准教授に昇任しました。

2010.10.29
京都府立医科大学雑誌第119巻第10号の部門紹介に私たちの教室が掲載されました。

2010.5.9-10
教室セミナー合宿を岐阜・養老郡にて行いました。

2010.4.1
越野勝博、畠山知也、山本経尚が大学院生として教室員に加わりました。

2010.3.31
大学院生小川貢、村山康利が学位を取得しました。

2009.9.1
大東淳子が大学院生として教室員に加わりました。

2009.6.24
村山康利の論文(5-ALAによるリンパ節転移検出法の開発)がInt J Cancerにアクセプトされました。

2009.6.11
地域イノベーション創出総合支援事業 重点地域研究開発推進プログラム
平成21年度「シーズ発掘試験」に以下の2題が採択されました。
「ラマン散乱を用いた心臓組織診断法の開発」
「術中微小リンパ節転移可視化装置の開発」

2009.6.1
戴平が講師に、原田義規が学内講師に昇任しました。

2009.5.17-18
教室セミナー合宿を大阪・四条畷市にて行いました。

2009.4.1
鈴木智之、原田憲一、米花正智、小泉範明が大学院生として教室員に加わりました

2009.3.31
大学院生谷口大吾、浅妻右子が学位を取得しました。

2008.9.2
高松哲郎教授がPiet van Duijn賞を受賞しました。



Blink.htmlへのリンク

2016.htmlへのリンク