トピック

  研究について

  プロジェクト

  大学院の案内

  教室員の紹介

  研究業績 2017

          2016

          2015

          2014

          2013

          2012

          2011

          2010

          2009

          2008

          2007

          2006

          2005以前

          特許

  病理学教室の歩み

  リンク集


 学生用
 教職員用
 お問い合わせ

 〒602-8566
 京都市上京区河原町広小路
 梶井町465番地
 TEL 075-251-5322
 FAX 075-251-5353




 HOME> 研究業績

 2006

論文


Kawarabuki K, Sakakibara T, Hirai M, Shirasu M, Kohara I, Tanaka H, Oyamada M, Takamatsu T, Murayama Y, Yamaki T.
Acute aortic dissection pressenting as a neurologic disorder.
J Stroke Cerebrovasc Dis. 2006 Jan-Feb;15(1):26-9.


Iwanaga S, Kaneko T, Fujita K, Smith N, Nakamura O, Takamatsu T, Kawata S.
Location-dependent photogeneration of calcium waves in HeLa cells.
Cell Biochem Biophys. 2006;45(2):167-76.


Inoue K, Oyamada M, Mitsufuji S, Okanoue T,
and Takamatsu T.
Different Changes in the Expression of Multiple Kinds of Tight-Junction Proteins during Ischemia Reperfusion Injury of the Rat Ileum.
Acta Histochem.Cytochem.39(2):35-45,2006.


Matsunami T, Suzuki T, Hisa Y, Takata K, Takamatsu T, Oyamada M.
Gap junctions mediate glucose transport between GLUT1-positive and -negative cells in the spiral limbus of the rat cochlea.
Cell Commun Adhes. 2006 Jan-Apr;13(1-2):93-102.


著書


山岡禎久、田邉卓爾、高松哲郎
34章 フェムト秒光パルスによる細胞イメージングと機能制御
フェムト秒テクノロジー ――基礎と応用―― 平尾一之、邱建栄編,
pp.
285-291, 化学同人, 2006.3.


原田義規, 高松哲郎
量子ドットの病理学への応用
組織細胞化学2006 日本組織細胞化学会編
中西印刷(京都)161-168頁 (2006)


総説


山岡禎久、田邉卓爾、高松哲郎

多光子励起を利用した標的分子機能阻害法
細胞工学, 25, pp.1032-1036, 2006.9.


原田義規、田邉卓爾、高松哲郎
多光子励起による細胞機能の制御
顕微鏡 41 185-188頁(2006)