トピック

  研究について

  プロジェクト

  大学院の案内

  教室員の紹介

  研究業績 2017

          2016

          2015

          2014

          2013

          2012

          2011

          2010

          2009

          2008

          2007

          2006

          2005以前

          特許

  病理学教室の歩み

  リンク集


 学生用
 教職員用
 お問い合わせ

 〒602-8566
 京都市上京区河原町広小路
 梶井町465番地
 TEL 075-251-5322
 FAX 075-251-5353




 HOME> 病理学教室の歩み

 病理学教室の歩み

1872(明治5年)

京都療病院の開設
Junker von Langegg 病理学開講

1876(明治9年)

C.G. Mansveltによる病理学講義の整備

1877(明治10年)

H.B.Scheube着任
病理学講義の整備
病理解剖、研究活動(脚気等)の活発化

1886(明治19年)

星野元彦、病理解剖学担当

1898(明治31年)

角田隆助教諭、病理学講座を専任担当
(病理学教室の内科学からの独立)

1901(明治34年)

角田隆教諭就任(病理学、病理解剖学)
京都府医学校病理学教室の創設

1906(明治39年)

病理学教室新築

1913(大正2年)

梅原信正、教諭に任用

1926(大正15年)

本田郁也、助教授に着任

1941(昭和16年)

荒木正哉助教授、教授に就任

1947(昭和22年)

田中秋三助教授、教授に就任

1965(昭和40年)

荒木教授退官、講師三宅清雄、教授に就任

1967(昭和42年)

田中教授退官、講師藤田晢也、教授に就任

1974(昭和49年)

米沢猛助教授、教授に就任

1982(昭和57年)

芦原司助教授、教授に就任

1995(平成7年)

高松哲郎助教授、教授に就任

1998(平成10年)

伏木信次助教授、教授に就任
(分子病態病理学教室へはこちら)

2004(平成16年)

柳沢昭夫癌研病理副部長、教授に就任
(人体病理学教室へはこちら)



2015(平成27年)

田中秀央准教授、教授に就任

2015(平成27年)

伊東恭子准教授、教授に就任
(分子病態病理学教室へは
こちら)