トピックス

  研究について

  プロジェクト

  大学院の案内

  教室員の紹介

  研究業績 2017

          2016

          2015

          2014

          2013

          2012

          2011

          2010

          2009

          2008

          2007

          2006

          2005以前

          特許

  病理学教室の歩み

  リンク集


 学生用
 教職員用
 お問い合わせ

 〒602-8566
 京都市上京区河原町広小路
 梶井町465番地
 TEL 075-251-5322
 FAX 075-251-5353




 HOME> プロジェクト

 省庁・研究助成法人・民間企業等から受けた補助金等(教育研究費を含む)


画像ナビゲーション手術のための非侵襲的末梢神経イメージング用
マルチポイント検知法の開発   (2014-2015年度)

国立研究開発法人 科学技術振興機構
研究成果最適展開支援プログラム
 (A-STEP)
高松 哲郎 (タカマツ テツロウ)



画像ナビゲーション手術のための非侵襲的末梢神経イメージング用
マルチポイント検知法の開発   (2014-2015年度)

公益財団法人 京都産業21
地域産業育成産学連携推進事業補助金
高松 哲郎 (タカマツ テツロウ)


光、超音波連動走査による生体光音響イメージングの高感度化
(2014年度)


京都発革新的医療技術研究開発助成金
山岡 禎久 (ヤマオカ ヨシヒサ)


超音波回析限界を超える超解像光音響イメージングの開発
(2014-2015年度)


公益財団法人村田学術振興財団研究助成
山岡 禎久 (ヤマオカ ヨシヒサ)


手術室内でリンパ節がん転移の迅速診断を可能にする
診断支援システムの開発   (2013-2015年度)


経済産業省
平成27年度医工連携事業化推進事業
平成26年度医工連携事業化推進事業
平成25年度課題解決型医療機器等開発事業
高松 哲郎  (タカマツ テツロウ)


医療現場用末梢神経の高速検知システムの開発
(2013-2014年度)


近畿経済産業局
関西イノベーション国際戦略総合特区開発事業
高松 哲郎  (タカマツ テツロウ)


ラマン散乱を用いた心筋バイアビリティ診断法の開発
(2012年度)


独立行政法人科学技術振興機構研究成果最適展開支援プログラム
(A-STEP)
高松 哲郎  (タカマツ テツロウ
)



空間重なり変調による2光子励起光音響イメージングシステムの高感度化
(2011-2012年度)


独立行政法人科学技術振興機構研究成果最適展開支援プログラム
フィージビリティスタディステージ探索タイプ(A-STEP)
山岡 禎久(ヤマオカ ヨシヒサ)



ラマン散乱を用いた心臓組織診断法の開発
(2009年度)


科学技術振興機構・地域イノベーション創出総合支援事業
重点地域研究開発推進プログラム(シーズ発掘試験)
高松 哲郎  (タカマツ テツロウ)



術中微小リンパ節転移可視化装置の開発
(2009年度)


科学技術振興機構・地域イノベーション創出総合支援事業 
重点地域研究開発推進プログラム(シーズ発掘試験)
原田 義規  (ハラダ ヨシノリ)


ナノ医療デバイス開発プロジェクト
(2004-2006年度)


新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
高松 哲郎  (タカマツ テツロウ)


物理的手法を用いたナノデバイス等の創製
(2001-2006年度)


科学技術振興事業団・戦略的基礎研究推進事業(CREST)
高松 哲郎  (タカマツ テツロウ)


角膜疾患治療剤の開発と応用
(2006年度)


科学技術振興機構・地域イノベーション創出総合支援事業
(シーズ発掘試験)
高松 哲郎  (タカマツ テツロウ)


 文部科学省科学研究費補助

ラマン散乱光を用いたin vivo心筋バイアビリティ解析法の創出
(2016-2018年度)

基盤研究(C)
原田 義規(ハラダ ヨシノリ)



右心室流出路を起源とする致死性不整脈の発生機序解明
(2016-2018年度)

基盤研究(C)
松山 高明(マツヤマ タカアキ)


心房筋の横行小管の発現異常は心房細動の発生基質となるか
(2015-2017年度)

基盤研究(C)
田中 秀央(タナカ ヒデオ)



細胞や組織に適した光増強基板を利用した新規ラマン散乱分光法の開発
(2015-2016年度)

挑戦的萌芽研究
高松哲郎 (タカマツ テツロウ)



非線形ラマン散乱分光法による新たな腫瘍診断法の開発
(2013-2014年度)

挑戦的萌芽研究
高松哲郎 (タカマツ テツロウ)



神経温存手術のための末梢神経可視化技術の創成
(2012-2014年度)

基盤研究(B)
高松 哲郎 (タカマツ テツロウ)



線維化による心筋の機械的歪みが関与する心房細動発生機序の解明
(2012-2014年度)

基盤研究(C)
田中 秀央(タナカ ヒデオ)


生活習慣病予防・治療を目指した膜型脂溶性リガンド受容体の新機能解明
(2012-2014年度)

基盤研究(C)
足達 哲也 (アダチ テツヤ)



コスタメア特異的機能阻害による心筋収縮帯形成
(2011-2012年度)

挑戦的萌芽研究
高松哲郎 (タカマツ テツロウ)


NADH蛍光観察による新たな大腸腫瘍検出法の開発
(2011-2013年度)

基盤研究(C)
原田 義規 (ハラダ ヨシノリ)


深部小血管評価のための回折制御光音響イメージング
(2011-2013年度)

基盤研究(C)
山岡 禎久(ヤマオカ ヨシヒサ)



心筋細胞ー非心筋細胞間ギャップ結合の致死性不整脈発生における役割
(2008-2009年度)

基盤研究(B)
高松 哲郎 (タカマツ テツロウ)


多光子CALIによる染色体パッセンジャー蛋白の機能操作
(2008-2009年度)


特定領域研究
原田 義規 (ハラダ ヨシノリ)


ラマン光を用いた細胞内薬物代謝の可視化
(2008-2009年度)


基盤研究(C)
原田 義規 (ハラダ ヨシノリ)


間質が関与する心臓の興奮伝導異常におけるギャップ結合の
コミュニケーションの役割   (2009-2011年度)


基盤研究(C)
田中 秀央(タナカ ヒデオ)


上皮細胞内分子を標的とする大腸腫瘍蛍光寿命イメージング診断法の開発 
(2009年度)

若手(B)
山岡 禎久(ヤマオカ ヨシヒサ)


生体内超音波干渉を利用した深組織光イメージング
(2007-2008年度)


若手(B)
山岡 禎久(ヤマオカ ヨシヒサ)


電気的交代現象の成図としての心筋細胞内カルシウム動態異状と
その不整脈源性の解明   (2006-2007年度)


基盤研究(C)
田中 秀央  (タナカ ヒデオ)


近赤外超短パルスレーザによる光音響生体イメージング技術の開発
(2006-2007年度)

基盤研究(B) 医用生体工学・生体材料学
高松 哲郎  (タカマツ テツロウ)


多光子CALIを用いたマウス脳における蛋白質機能の
時空間特異的阻害法の開発   (2006-2007年度)


特定領域研究
小山田 正人  (オヤマダ マサヒト)


光ピンセットを用いた一次繊毛におけるフェムトニュートンレベルの
機能解析   (2006-2007年度)


特定領域研究
原田 義規  (ハラダ ヨシノリ)


多光子顕微鏡によるレーザー分子不活性化を用いた生細胞内局所での
蛋白質機能阻害   (2006-2005年度)

萌芽研究 細胞生物学
小山田 正人  (オヤマダ マサヒト)


細胞傷害過程におけるコネキシンチャネルを介する細胞死と
生存に関わるシグナルの研究   (2005-2006年度)


基盤研究(B) 実験病理学
小山田 正人  (オヤマダ マサヒト)


肝星細胞の増殖抑制をターゲットとした肝線維化の制御
(2005-2006年度)


若手研究(B) 消化器内科学
原田 義規  (ハラダ ヨシノリ) 


難治性心室細動における心筋細胞内カルシウム動態異常の解析と
治療戦略の探究   (2004-2005年度)

基盤研究(C) 循環器内科学
田中 秀央  (タナカ ヒデオ)


分化制御因子としてのギャップ結合蛋白質コネキシンの研究
(2005-2004年度)


基盤研究(C) 実験病理学
小西 英一  (コニシ エイイチ)


細胞社会における細胞死制御機構としての
ギャップ結合コミュニケーションの研究   (2004-2003年度)


基盤研究(B) 実験病理学
小山田 正人  (オヤマダ マサヒト)  


不整脈の発生基盤に関する機能病理学的研究
(2003-2002年度)


基盤研究(B) 実験病理学
高松 哲郎  (タカマツ テツロウ)


急性梗塞心における心筋細胞内カルシウム動態の異常と
その不整脈源性に関する研究   (2002-2001年度)


基盤研究(C) 循環器内科学
田中 秀央  (タナカ ヒデオ) 


共焦点レーザ顕微鏡を用いた不整脈心の細胞内カルシウム動態の
解析と電気生理学的測定   (1999年度)


基盤研究(C) 循環器内科学
田中 秀央  (タナカ ヒデオ)


生細胞におけるギャップ結合の構造と機能のリアルタイム同期解析(1999-1998年度)
基盤研究(C) 実験病理学
小山田 正人  (オヤマダ マサヒト)


二光子高速レ-ザ顕微鏡を用いた洞房結節細胞間シグナリングの画像化(1998-1997年度)

基盤研究(B) 実験病理学
高松 哲郎  (タカマツ テツロウ)


間質細胞が関与する心筋細胞の異常興奮
(1996-1995年度)


基盤研究(B) 実験病理学
高松 哲郎  (タカマツ テツロウ)