小児がんとは?

小児がんとは?

がんは、日本人の死亡原因の第1位となっています。小児がんは成人と比べて頻度は少なく、すべてのがんのうちで小児がんが占める割合は1%程度ですが、こどもの病気による死因の第1位となっています。そのため、小児がんを征圧することは、こどもの健康を守ることにとって非常に大切であると考えています。

以前は、小児がんは不治の病と言われてきました。しかし、この数十年で小児がん治療はめざましく進歩し、以前はまったく治らなかった小児がんが「治る」時代となってきました。ただし、小児がんを治すためには、われわれ医療者はもちろんのこと、患者さまやそのご家族を含め、小児がん患者にかかわるすべての人々が、病気を正しく理解し、検査や治療方針、治療上の注意点などについて十分に納得して、力を合わせて治療を進めていく必要があります。

当施設で診療している小児がん疾患についてご説明します。専門的な情報については、がん情報サイトPDQ日本語版や、小児がん情報ステーションのHPも大変参考になると思われますので、ご参照ください。


横紋筋肉腫

 
  • 横紋筋肉腫ってどんな病気?
  • 横紋筋肉腫はどうしてできるの?
  • どこにできるの?どんな症状がでるの?
  • 横紋筋肉腫が疑われた場合どのように診断しますか?
  • 横紋筋肉腫はどのように治すのですか

神経芽腫

 
  • 神経芽腫とは
  • 神経芽腫の診断
  • 神経芽腫の予後
  • 神経芽腫の治療 日本神経芽腫研究グループ JNBSG
  • チーム医療とトータルケア
  • 新たな取り組み

悪性ラブドイド腫瘍

 
  • 悪性ラブドイド腫瘍腫瘍ってどんな病気
  • どうやって診断するの?
  • どうやって治療するの?
  • まだまだやらなければならないことがたくさんある

腎芽腫(ウィルムス腫瘍)

 
  • 腎芽腫(ウィルムス腫瘍)とは

肝芽腫

 
  • 肝芽腫とはどんな病気ですか?
  • 何歳ぐらいの子どもがなる病気ですか?
  • 肝芽腫になるとどのような症状がでますか?親はどうやって気づけばよいですか?
  • どのように診断するのですか?
  • どのようにして治療するのですか?
  • 病期の進み具合はどのように判定しますか?
  • 治療の副作用はあるのでしょうか?
  • 肝芽腫は治る病気ですか?

網膜芽腫

 
  • 網膜芽腫とは

骨肉腫・ユーイング肉腫

 
  • 骨肉腫とは
  • ユーイング肉腫の症状
  • 診断・検査
  • 予後リスク
  • 骨肉腫の治療
  • 予後
  • 治療合併症

髄芽腫

 
  • 髄芽腫とはどんな病気ですか?
  • 髄芽腫になるとどのような症状がでますか?親はどうやって気づけばよいですか?
  • どのように診断するのですか?
  • 髄芽腫は治る病気ですか?
  • 治療の副作用はあるのでしょうか?

性腺腫瘍(胚細胞腫瘍)

 
  • 性腺腫瘍(胚細胞腫瘍)
  • 症状は?
  • 診断のための検査は?
  • 性腺腫瘍の治療戦略

急性リンパ性白血病

 
  • 白血病は不治の病ではありません
  • 白血病は血液細胞ががん化したものです
  • 白血病が人にうつることはありません
  • いつ頃から白血病にかかっていたの?
  • 化学療法の副作用にはどんなものがありますか?
  • 治療期間はどれくらいですか?
  • 白血病の治療費負担について

急性骨髄性白血病

 
  • 急性骨髄性白血病とは?
  • 症状
  • 診断に必要な検査
  • 分類
  • 予後因子
  • 治療
  • 長期フォローアップ

悪性リンパ腫

 
  • 悪性リンパ腫ってどんな病気?
  • どんな症状が出るの?
  • どんな治療をするの?

ランゲルハンス細胞組織球症

 
  • ランゲルハンス細胞組織球症については 日本ランゲンルハンス細胞組織球症研究グループ LCHの詳細はこちら

血球貪食症候群(HPS、HLH)

 
  • 原因は?
  • 症状は?
  • 診断は?
  • 治療は?

Ewingファミリー腫瘍(Ewing's sarcoma family of tumors: 以下ESFTと略します。)

 
  • ESFTとはどんな病気ですか?
  • ESFTになるとどのような症状がでますか? 親はどうやって気づけばよいですか?
  • どのように診断するのですか?

小児がんに対する造血幹細胞移植について

 
  • 小児がんに対する造血幹細胞移植について