教育・研修のご案内

専門医制度連携施設と研修協力病院について

専門医制度連携施設

 いずれも京都市内の基幹病院であり、平成29年度から京都府立医科大学小児科の専門医研修プログラムによる研修を行います。大学病院では研修しにくい一般的な小児疾患・小児救急から、各施設で特色のある専門分野まで、幅広く充実した研修を行うことができます。

京都市立病院

 京都市西部の中核病院であり、日本小児科学会専門医研修施設、日本小児科学会専門医研修支援施設、骨髄移植推進財団認定施設、小児神経専門医研修認定施設です。骨髄移植や腎臓病、新生児疾患、神経疾患、アレルギー疾患、代謝・内分泌疾患、救急疾患と幅広く対応しています。

京都第一赤十字病院

 京都市南部の中核病院であり、周産期・小児医療の高度医療機関として、専門性の必要な未熟児、ハイリスクの新生児医療を行っています。救命救急センターを備え、小児の高次救急を中心に小児救急を担当しています。新生児疾患、神経疾患、アレルギー疾患、代謝・内分泌疾患、心臓疾患と幅広く対応しています。

京都第二赤十字病院

 京都市中部の基幹病院であり、救命救急センターを備え、小児の高次救急を中心に小児救急を担当しています。外来診察は一般小児科の診療のみならず、循環器疾患、神経疾患、新生児疾患、代謝・内分泌疾患、腎臓疾患、アレルギー疾患、血液疾患と幅広く診療しています。事故防止センター・みやこあんしんこども館を併設し、事故防止の啓蒙と子どもの医療相談などの保健医療を積極的に行っています。

研修協力病院

 いずれも地域の基幹病院で、一般的な小児疾患や小児救急、予防接種など大学病院では研修しにくい分野の研修ができる協力病院が中心になります。以下に協力病院の中で卒後3~5年の研修を主に担っていただいている施設を紹介します。

公立南丹病院

 京都府中部の中核病院であり、小児科疾患全般について幅広く研修が可能です。各種専門外来も設けられており、専門疾患の研修も可能です。

舞鶴医療センター

 京都府北部の基幹病院です。急性疾患はもちろんのこと、血液疾患や腎疾患といった慢性疾患の患者も多く、多彩な疾患について研修が可能です。また、京都府の新生児医療のサブセンターにもなっており、新生児医療の設備も整っています。

松下記念病院

 大阪府守口市にある松下電器グループの病院です。地域の基幹病院として、小児科疾患全般についての研修が可能です。

神戸中央病院

 兵庫県神戸市の病院です。地域の基幹病院として、小児科疾患全般についての研修が可能です。

明石市立市民病院

 兵庫県明石市の病院です。古くから地域の中核病院としての役目を担っており、多彩な疾患について研修を行うことが可能です。

福井愛育病院

 県内有数の患者数を誇り、十分なプライマリーケアの研修が積めます。また、隣接して福井循環器病院があり、新生児医療、小児循環器分野の疾患も多数集まってくるため、それらの専門分野の研修も可能です。