診察のご案内

ご挨拶

京都府公立大学法人 京都府立医科大学
大学院医学研究科 小児科学
医学部医学科 小児科学教室

教授 細井 創

小児科学、そして小児医療とは、子どものからだやこころのしくみと異常を、子どもを取り巻く環境も含めて、全人的に研究することで、子どものみならず、人の一生を見つめ、人と社会に働きかけていく学問と医療です。

近年、小児科も内科の各専門分野の数と同じくらい細分化されてきましたが、わたしたちは、患者さんの疾患や臓器のみを診るのではなく、患者であるこどもの家庭や取り巻く社会的背景にも配慮しつつ、小児科の各専門領域エキスパートはもちろんのこと、小児を扱うすべての他診療科、また看護師や検査技師、保育士、教員、心理士など多くのコメディカルやボランティアと密に連携し、またそれをコーディネートして、こどもという人間(ひと)を中心に据えた全人的医療を行っています。

患者さんの年齢や疾患の種類、軽重は様々ですが、その願い、「早く良くなって、家族や友人と一緒に普通に、楽しく生活したい」という気持ちは皆同じです。そんな患者さんであるすべてのこどもとその家族の願いに、皆で力を合わせて、公平に、平等に応える診療を心がけています。

大学病院の特徴は、今は未だ診断できなかったり、直すことができなかったりする難病を将来、診断し、治せるようにするための研究や先進的医療も行っていくことですが、われわれの小児科でも、主に研究を行う大学院生らも含め、すべての教室員が、患者さんと接触する臨床の時間を大切に、患者さんの切なる願いから得られる研究や診療のモチベーションを大切に、研究に、診療に、そして教育に日々励んでいます。