診察のご案内

スタッフのご紹介

宮地 充

助教

専門領域 小児腫瘍学
学会専門医 小児科専門医/がん治療認定医/血液専門医/小児血液・がん専門医/小児血液・がん指導医/造血細胞移植認定医

経歴

平成13年3月 京都府立医科大学卒業
平成13年4月 京都府立医科大学附属病院小児科研修医
平成14年4月 国立舞鶴病院小児科医員
平成17年4月 京都府立医科大学附属病院小児科修練医
平成18年4月 京都府立医科大学大学院医学研究科小児発達医学入学
平成22年3月 京都府立医科大学大学院医学研究科小児発達医学卒業
平成22年4月 京都府立与謝の海病院副医長
平成24年4月 京都府立医科大学小児科病院助教
平成25年4月 京都府立医科大学大学院医学研究科小児発達医学 助教

所属学会

  • 日本小児科学会/日本小児血液・がん学会/日本癌学会/日本血液学会/日本癌治療学会/日本造血細胞移植学会/アメリカ臨床腫瘍学会

研究内容

  1. 小児がんの診断・治療研究/筋特異的microRNA(miR-206)を用いた横紋筋肉腫の血清腫瘍マーカーの開発/小児固形腫瘍の新規融合遺伝子の同定・機能解析/小児がんの免疫療法

代表的論文

  1. Ouchi K, Miyachi M, Tsuma Y, Tsuchiya K, Iehara T, Konishi E, Yanagisawa A, Hosoi H. FN1: A novel fusion partner of ALK in an inflammatory myofibroblastic tumor. Pediatr Blood Cancer. 2015 May;62(5):909-11.

  2. Miyachi M, Watanabe E, Watanabe N, Tsuma Y, Kawashima-Goto S, Tamura S, Imamura T, Ishida H, Hosoi H. MRD detection of leukemia relapse using HLA typing by FACS in combination with FISH after mismatched allogeneic stem cell transplantation. Pediatr transplant. 2014 Aug;18(5):E180-4.

  3. Yoshida H, Miyachi M, Ouchi K, Kuwahara Y, Tsuchiya K, Iehara T, Konishi E, Yanagisawa A, Hosoi H. Identification of COL3A1 and RAB2A as novel translocation partner genes of PLAG1 in lipoblastoma. Genes Chromosomes Cancer. 2014 Jul;53(7):606-11.

  4. Kakazu N, Yamane H, Miyachi M, Shiwaku K, Hosoi H. Identification of the 12q15 Amplicon within the Homogeneously Staining Regions in the Embryonal Rhabdomyosarcoma Cell Line RMS-YM. Cytogenet Genome Res. 2014 Jan 29. [Epub ahead of print]

  5. Yoshida H, Miyachi M, Sakamoto K, Ouchi K, Yagyu S, Kikuchi K, Kuwahara Y, Tsuchiya K, Imamura T, Iehara T, Kakazu N, Hojo H, Hosoi H. PAX3-NCOA2 fusion gene has a dual role in promoting the proliferation and inhibiting the myogenic differentiation of rhabdomyosarcoma cells. Oncogene. 2014 33;5601-8.

  6. Miyachi M, Tsuchiya K, Yoshida H, Yagyu S, Kikuchi K, Misawa A, Iehara T, Hosoi H. Circulating muscle-specific microRNA, miR-206, as a potential diagnostic marker for rhabdomyosarcoma. Biochem Biophys Res Commun 2010; 400: 89-93

  7. Miyachi M, Kakazu N, Yagyu S, Katsumi Y, Tsubai-Shimizu S, Kikuchi K, Tsuchiya K, Iehara T, Hosoi H. Restoration of p53 pathway by nutlin-3 induces cell cycle arrest and apoptosis in human rhabdomyosarcoma cells. Clinical Cancer Research 2009; 15: 4077-4084.

  8. 宮地 充, 浅井 大介, 柳生 茂希, 土屋 邦彦, 今村 俊彦, 小林 加奈, 小野 滋, 家原 知子, 細井 創.小児固形腫瘍に対する自家末梢血幹細胞移植後に発症した溶血性尿毒症症候群の2症例.日本小児血液・がん学会雑誌49巻:109-114,2012.

  9. 宮地 充, 柳生茂希, 他. WT1 遺伝子異常を検索したDenys-Drash症候群の1例. 小児がん 2008; 45: 312-316.

  10. 宮地 充, 土屋邦彦, 他. 食道閉鎖症を合併した肝芽腫の1例. 小児がん 2007; 44: 186-190.