診察のご案内

スタッフのご紹介

森本 昌史

看護学科医学講座 小児科学 教授

専門領域 神経科学/小児神経学/てんかん学
学会専門医 小児科専門医/小児神経専門医/てんかん専門医

経歴

昭和63年3月 京都府立医科大学医学部卒業
昭和63年5月 京都府立医科大学附属病院研修医
平成元年4月 明石市立市民病院小児科
平成4年4月 京都府立医科大学大学院医学研究科博士課程
平成8年4月 京都府立与謝の海病院小児科副医長
平成13年4月 京都府立医科大学小児科学教室助手
平成15年11月 京都府立医科大学小児科学教室学内講師
平成17年4月 京都府立医科大学小児科学教室講師
平成20年5月 京都府立医科大学小児科学教室准教授
平成28年4月 京都府立医科大学看護学科医学講座小児科学教授
現在に至る

学会役員歴

  • 日本小児科学会代議員/日本小児神経学会評議員/日本てんかん学会評議員

所属学会

  • 日本小児科学会/日本小児神経学会/日本てんかん学会

研究内容

  1. 拡散テンソル画像の小児神経疾患への応用/Rett症候群モデル動物を用いた病態解析など

代表的論文

  1. Morimoto M, Morita N, Ozawa H, Yokoyama K, Kawata M. Distribution of glucocorticoid receptor immunoreactivity and mRNA in the rat brain: an immunohistochemical and in situ hybridization study. Neurosci Res 26: 235-269,1996

  2. Murakami A, Morimoto M, Yamada K, Kizu O, Nishimura A, Nishimura T, Sugimoto T. Fiber-tracking techniques can predict the degree of neurologic impairment for periventricular leukomalacia. Pediatrics 122; 500-506, 2008

  3. Matsui F, Morimoto M, Yoshimoto K, Nakatomi Y, Syoji H, Nishimura A, Isoda K, Tanda K, Hosoi H. Effects of stress of postnatal development on corticosterone, serotonin and behavioral changes. Brain Dev 32: 517-523, 2010

  4. Isoda K, Morimoto M, Matui F, Hasegawa T, Tozawa T, Morioka S, Chiyonobu T, Nishimura A, Yoshimoto K, Hosoi H. Postnatal changes in serotonergic innervation to the hippocampus of methyl-CpG-binding protein 2-null mice. Neuroscience 165: 1254-1260, 2010

  5. Hasegawa T, Yamada K, Morimoto M, Morioka M, Tozawa T, Isoda K, Murakami A, Chiyonobu T, Tokuda T, Nishimura A, Nishimura T, Hosoi H. Development of corpus callosum in preterm infants is affected by the prematurity: in vivo assessment of diffusion tensor imaging at term-equivalent age. Pediatr Res 69: 249-254,2011