診察のご案内

スタッフのご紹介

中島 久和

講師(北部医療センター)

専門領域 小児内分泌学/先天代謝異常症/こどもの肥満/栄養としての微量金属
学会認定医 日本小児科学会専門医・指導医/臨床遺伝専門医/日本小児内分泌学会評議員

経歴

平成7年3月 大阪医科大学医学部医学科 卒業
平成7年4月 京都第一赤十字病院 研修医
平成9年4月 京都第一赤十字病院 専攻医
平成10年4月 国立青野原病院 小児科レジデント
平成11年4月 京都府立医科大学大学院 医学研究科博士課程 入学
平成15年3月 京都府立医科大学大学院 医学研究科博士課程 修了
平成15年4月 京都府立与謝の海病院 副医長 小児科
平成17年4月 社会福祉法人花ノ木医療福祉センター 小児科
平成21年4月 京都府立医科大学小児科 助教
平成25年4月 京都府立医科大学 学内講師
平成29年4月 京都府立医科大学附属北部医療センター小児科医長(講師)
現在に至る

所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本内分泌学会
  • 日本小児内分泌学会
  • 日本肥満学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本肥満症治療学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本小児栄養消化器肝臓学会
  • 日本先天代謝異常学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
  • Asia Pasific Paediatric Endocrine Society (APPES)

研究内容

  1. 小児肥満と褐色脂肪細胞に特異的に発現する遺伝子の臨床的意義を研究している。特にβ3アドレナリン受容体遺伝子、UCP-1遺伝子プロモータ、2型脱ヨード酵素遺伝子の遺伝子多型に注目して解析している。グレリン(Ghrelin, GHRL), グレリン受容体(GHSR), FTO遺伝子の遺伝子多型が小児肥満や食行動習慣に及ぼす影響について研究している。

  2. 脂肪酸代謝異常症や尿素サイクル異常症の遺伝子解析に関する研究を開始した。

  3. セレン欠乏症が肝臓における糖代謝に及ぼす影響を動物実験の系を用いて研究した。

  4. 肥満モデル動物を用いてサイトカインなどの生理的活性物資が肥満に与える影響について、糖代謝、脂質代謝、熱産生の面から研究している。

代表的論文

  1. Kodo K, Sugimoto S, Nakajima H, Mori J, Itoh I, Fukuhara S, Shigehara K, Nishikawa T, Kosaka K, Hosoi H. Erythropoietin (EPO) ameliorates obesity and glucose homeositasis by promoting thermogenesis and endocrine function of classical brown adipose tissue (BAT) in diet-induced obese mice. PLoS ONE 2017, 12(3): e0173661. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0173661

  2. Sugimoto S, Nakajima H, Kodo K, Mori J, Matsuo K, Kosaka K, Aoi W, Yoshimoto K, Ikegaya H, Hosoi H. Miglitol increases energy expenditure by upregulating uncoupling protein 1 of brown adipose tissue and reduces obesity in dietary-induced obese mice. Nutr Metab (Lond). 2014 11(1):14.

  3. 杉本哲, 森潤, 森田高史, 短田浩一, 小松博史, 中島久和, 小坂喜太郎. 重複腎盂尿管に合併した続発性偽性低アルドステロン血症の乳児例. 日本小児腎臓病学会雑誌26: 94-98,2013

  4. Mori J, Ishihara Y, Matsuo K, Nakajima H, Terada N, Kosaka K, Kizaki Z, Sugimoto T. Hematopoietic Contribution to Skeletal Muscle Regeneration in Acid α-Glucosidase Knockout Mice. J Histochem Cytochemi 56: 811-17, 2008

  5. Kinoshita Y, Kizaki Z, Ishihara Y, Nakajima H, Adachi S, Kosaka K, Kinugasa A, Sugimoto T. The Rekationship in Japanese Infants between a Genetic Polymorphism in the Promoter Region of the Insulin-Like Growth Factor I Gene and the Plasma Level. Neonatology 92: 116-119, 2006

  6. 中島久和. セレン欠乏症における耐糖能異常: ラット肝における糖代謝の検討. 京都府立医科大学雑誌 113: 399-412, 2004

  7. 中島久和. セレン欠乏症における耐糖能異常: ラット肝における糖代謝の検討. 京都府立医科大学雑誌 113: 399-412, 2004

  8. Kizaki Z, Ishihara Y, Nakajima H, Matsuo K, Adachi S, Kinoshita Y, Kosaka K, Kinugasa A, Sugimoto T. A Female Case of Cushing's Disease with Growth Disturbance. Clin Pediatr Endocrinol 12: 61-68, 2003

  9. Kinoshita Y, Kizaki Z, Ishihara Y, Nakajima H, Adachi S, Kosaka K, Kinugasa A, Sugimoto T. Aromatase inhibitor, anastrozole, therapy for precocious puberty in 3-year-old girl with the McCune-Albright syndrome. Clin Pediatr Endocrinol 12:81-85, 2003