診察のご案内

スタッフのご紹介

吉田 路子

助教

専門領域 小児神経学
学会専門医 日本小児科学会 小児科専門医

経歴

平成16年3月 九州大学医学部医学科卒業
平成16年4月 京都府立医科大学附属病院研修医
平成18年4月 明石市立市民病院小児科
平成20年4月 京都府立医科大学附属病院小児科後期専攻医
平成21年4月 京都府立医科大学大学院医学研究科博士課程入学
平成25年3月 京都府立医科大学大学院医学研究科博士課程単位取得退学
平成25年4月 京都大学iPS細胞研究所中畑研究室特定研究員
平成27年10月 京都府立医科大学小児科学教室特任助教
平成27年12月 京都府立医科大学小児科学教室助教

所属学会

  • 日本小児科学会/日本小児神経学会/日本てんかん学会

研究内容

  1. 疾患特異的iPS細胞を用いた、乳児期早期に発症する神経疾患の病態解析

代表的論文

  1. Maeda H, Chiyonobu T, Yoshida M, Yamashita S, Zuiki M, Kidowaki S, Isoda K, Yamakawa K, Morimoto M, Nakahata T, Saito MK, Hosoi H. Establishment of isogenic iPSCs from an individual with SCN1A mutation mosaicism as a model for investigating neurocognitive impairment in Dravet syndrome. J Hum Genet. 2016.

  2. Yamashita S, Chiyonobu T, Yoshida M, Maeda H, Zuiki M, Kidowaki S, Isoda K, Morimoto M, Kato M, Saitsu H, Matsumoto N, Nakahata T, Saito M and Hosoi H. Mislocalization of syntaxin-1 and impaired neurite growth observed in a human iPSC model for STXBP1-related epileptic encephalopathy. Epilepsia, 57(4), 81–86, 2016

  3. Yoshida M, Kitaoka S, Egawa N, Yamane M, Ikeda R, Tsukita K, Amano N, Watanabe A, Morimoto M, Takahashi J, Hosoi H, Nakahata T, Inoue H, Saito MK. Modeling the Early Phenotype at the Neuromuscular Junction of Spinal Muscular Atrophy Using Patient-Derived iPSCs. Stem Cell Rep 4(4):561–568, 2015

  4. Moroto M, Nishimura A, Morimoto M, Isoda K, Morita T, Yoshida M, Morioka S, Tozawa T, Hasegawa T, Chiyonobu T, Yoshimoto K, Hosoi H. Altered somatosensory barrel cortex refinement in the developing brain of Mecp2-null mice. Brain Res 1537: 319-326, 2013.

  5. 山下哲史、千代延友裕、吉田路子、諸戸雅治、森田高史、森岡茂己、加藤光広、才津浩智、森本昌史、細井 創. Levetiracetamが著効したSTXBP1遺伝子変異による大田原症候群の1例.脳と発達 45(1): 64-66, 2013.

  6. 阪上智俊、千代延友裕、諸戸雅治、森田高史、吉田路子、森岡茂己、徳田幸子、西村 陽、森本昌史、細井 創。心静止を伴う重症息止め発作にlevetiracetamが著効した1例.脳と発達44(6): 496-498, 2012.

  7. 吉田路子、千代延友裕、藤木 敦、石井るみ子、貫名貞之、森本昌史.自閉性障害児に発症したステロイド誘発性精神障害に対しrisperidoneが著効した1例.日本小児科学会雑誌 112(6): 1010-1012, 2008.

  8. Chiyonobu T, Noda R, Yoshida M, Fujiki A, Ishii R, Nukina S, Fujita K, Goto YI, Morimoto M. Intestinal pseudo-obstruction in a patient with mitochondrial encephalopathy, lactic acidosis, and stroke like episodes (MELAS) associated with phenytoin therapy. Brain Dev 30 (6): 430-433, 2008.