研究のご案内

代謝・内分泌グループ

研究室のご紹介

臨床研究

  • 小児肥満について、インピーダンス法による体組成計測(体脂肪率・骨格筋量)、食事摂取パターン、肥満関連の遺伝子多型解析(SNPs解析)のデータをもとに患者さんの遺伝的体質や摂食習慣の理解を深め、生活習慣指導、栄養指導・運動指導を行っています。
  • 1型糖尿病、2型糖尿病、MODY (Maturity Onset Diabetes in the Young)の症例を数多く治療しています。経口糖負荷試験(OGTT)や遺伝子解析を用いた病型判断に応じて、栄養指導、生活指導、薬物治療(インスリン治療・経口血糖降下剤・インクレチン製剤)の適切な選択を行います。1型糖尿病ではインスリン治療が治療の根幹になります。
  • 京都大学心理学科と共同して、1型糖尿病に対する臨床心理的な介入研究を行っています。

基礎研究

  1. 肥満研究・糖代謝研究を伝統的に継続しています。最近は肥満の病態に褐色脂肪細胞や消化管ホルモンの動態がどのように影響しているか、高脂肪食負荷による肥満モデルマウスを作成して研究しています。

  2. 肥満モデルマウスを用いて、ある種のホルモンやサイトカインなどの生理活性物質が肥満や糖尿病に及ぼす影響を研究しています。

  3. 小児肥満の体組成・糖・脂質代謝・治療反応性に対して褐色脂肪関連遺伝子であるβ3アドレナリン受容体、UCP1遺伝子プロモータ、甲状腺ホルモン2型脱ヨード酵素のSNPsが与える影響について研究しています。

  4. 小児肥満の体組成、食行動、糖代謝・脂質代謝に関してグレリンやグレリン受容体のSNPsがどのような影響を与えるか、研究を開始しています。

研究メンバー

特任准教授 小坂喜太郎(済生会京都府病院)
学内講師 中島久和
助教 森 潤
助教 幸道和樹(京都府立医大附属北部医療センター)
客員教授 井上文夫
大学院生 茂原慶一
大学院生 福原正太
大学院生 森元英周
大学院生 都間佑介
秘書 小野雅子

所属学会

  • 日本内分泌学会
  • 日本小児内分泌学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本肥満学会
  • 日本先天代謝異常学会
  • 日本マススクリーニング学会
  • 日本小児栄養消化器肝臓学会
  • 日本小児脂質研究会
  • 日本微量元素学会

学会認定施設

  • 日本肥満学会肥満治療専門施設
  • 日本糖尿病学会連携認定施設(小児科)

週間予定

隔週木曜 代謝内分泌カンファレンス(基礎研究・臨床研究)

Nature Medicine, Journal of Clinical Endocrinology and Metabolism (JCEM), Journal of Clinical Investigation (JCI), Cell, New England Journal of Medicine (NEJM), Endocrinology, Diabetes, International Journal of Obesity, Am J Physiol Endocrinol Metab, Journal of Biological Chemistry (JBC), Molecular Genetics and Metabolism, Journal of Inherited Metabolic Disease (JIMD) などを輪読し、国外・国内の臨床内分泌学、基礎内分泌学、糖尿病学、肥満学、生化学、先天代謝異常、分子生物学、臨床遺伝学の最新の医学情報に触れ、疾患の理解を深めます。

業績

原著
  1. Patel VB, Mori J, McLean BA, Basu R, Das SK, Ramprasath T, Parajuli N, Penninger JM, Grant MB, Lopaschuk GD, Oudit GY. ACE2 deficiency worsens epicardial adipose tissue inflammation and cardiac dysfunction in response to diet-induced obesity. Diabetes 2016; 65: 85-95.

  2. Sugimoto S, Nakajima H, Kosaka K, Hosoi H. Review: Miglitol has potential as a therapeutic drug against obesity. Nutr Metab (Lond). 2015 Dec 1;12:51. doi: 10.1186/s12986-015-0048-8.

  3. Sugimoto S, Nakajima H, Kodo K, Mori J, Matsuo K, Kosaka K, Aoi W, Yoshimoto K, Ikegaya H, Hosoi H. Miglitol increases energy expenditure by upregulating uncoupling protein 1 of brown adipose tissue and reduces obesity in dietary-induced obese mice. Nutr Metab (Lond). 2014; 11: 14. doi: 10.1186/1743-7075-11-14.

  4. Mori J, Patel VB, Ramprasath T, Abo Alrob O, DesAulniers J, Scholey JW, Lopaschuk GD, Oudit GY. Angiotensin 1-7 mediates renoprotection against diabetic nephropathy by reducing oxidative stress, inflammation and lipotoxicity. Am J Physiol Renal Physiol. 2014; 306: F812-21.

  5. Mori J, Patel VB, Abo Alrob O, Basu R, Altamimi T, Desaulniers J, Wagg CS, Kassiri Z, Lopaschuk GD, Oudit GY. Angiotensin 1-7 Ameliorates Diabetic Cardiomyopathy and Diastolic Dysfunction in db/db Mice by Reducing Lipotoxicity and Inflammation. Circ Heart Fial 2014; 7: 327-39.

  6. Mori J, Zhang L, Oudit GY, Lopaschuk GD. Impact of the renin-angiotensin system on cardiac energy metabolism. J Mol Cell Cardiol 2013; 63: 98-106.

  7. Mori J, Alrob OA, Wagg CS, Harris RA, Lopaschuk GD, Oudit GY. Ang II causes insulin resistance and induces cardiac metabolic switch and inefficiency: a critical role of PDK4. Am J Physiol Heart Circ Physiol 2013. 304: H1103-13.

  8. Mori J, Basu R, McLean BA, Das SK, Zhang L, Patel VB, Wagg CS, Kassiri Z, Lopaschuk GD, Oudit GY. Agonist-induced Hypertrophy and Diastolic Dysfunction Is Associated with Selective Reduction in Glucose Oxidation: A Metabolic Contribution to Heart Failure with Normal Ejection Fraction. Ciruculation: Heart Failure 2012; 5: 493-503.

  9. Dateki S, Kosaka K, Hasegawa K, Tanaka H, Azuma N, Yokoya S, Muroya K, Adachi M, Tajima T, Motomura K, Kinoshita E, Moriuchi H, Sato N, Fukami M, and Ogata T. Heterozygous OTX2 Mutations Are Associated with Variable 1 Pituitary Phenotype. J Clin Endocrinol Metab 2010; 95: 756-764.

  10. Mori J, Ishihara Y, Matsuo K, Nakajima H, Terada N, Kosaka K, Kizaki Z, Sugimoto T. Hematopoietic contribution to skeletal muscle regeneration in acid alpha-glucosidase knockout mice. J Histochem Cytochem. 2008; 56: 811-7.

  11. Kosaka K, Hada S, Matsuo K, Ishihara Y, Kinoshita Y, Adachi S, Kinugasa A, Sugimoto T. Nutrient-enriched diet in the early neonatal period influences the 3-year-old height in very low birth weight infants. Clin Pediatr Endocrinol 2006; 15: 29-34.