A.小児の年齢別区分

1.小児区分メモ1)

 小児区分には一般的に以下の分類が用いられることが多い。

新生児(Neonate, Newborn infant)   生後28日以内
乳児(Infant) 生後1年未満
幼児(preschool children) 生後1〜6年
学童(school chirdren) 生後6〜12年
青年(Adolescent) 生後12年以降

メモ1) 狭義の小児(child)とは幼児と学童を含む範囲と考えられる。

 

2.新生児の区分

 在胎週数による区分と、生下時体重による区分がある。

(A)在胎週数による区分

正期産児:在胎37〜42週
早期産児:在胎37週未満
過期産児:在胎42週以上

(B)生下時体重による区分

正期出生体重児:2,500g以上
低出生体重児:2,500g未満
極小未熟児:1,500g未満
超未熟児:1,000g未満
高出生体重児:4,000g以上

(C)在胎週数と体重の組み合わせに区分

AFD(appropriate for dates):在胎週数に対して正常範囲内の体重、平均+/− 3/2標準偏差以内
SFD(small for dates):在胎期間に対して体重が小さい、平均−3/2標準偏差以下
LFD(large for dates):在胎期間に対して体重が大きい、平均−3/2標準偏差以上

 

 


 

前項目
小児心臓外科手術後の管理−D.付録

基礎的事項・目次

次項目
B.小児のバイタルサイン