C.酸塩基平衡図

 

1)酸塩基平衡図参1)2)

代償作用の近似式参3)

急性呼吸性アシドーシス
慢性呼吸性アシドーシス
1 mmHg PaCO2上昇0.1 mEq/HCO3-上昇
0.3〜0.4 mEq/HCO3-上昇
呼吸性アルカローシス1 mmHg PaCO2低下0.1〜0.3 mEq/HCO3-低下
代謝性アルカローシス1 mEq / 1 HCO3-上昇0.6〜1.0 mmHg PaCO2上昇
代謝性アシドーシス1 mEq / 1 HCO3-低下1.2 mmHg PaCO2低下

参考文献
1) Harrington JT,Cohen JJ.Kassier JP:Mixed acid-base disturbances.Acid-base.edited by Cohen JJ.Kassier JP,Little Brown,Boston,1982.
2) 川口治夫:Astrup値の読み方.小児科MOOK.ベッドサイドの小児輸血のすべて,p.56〜64,金原出版,東京,1984.
3) Jones NL:Blood Gases and Acid-Base Physiology(血液ガスと酸塩基平衡の生理学.訳:太田保世.医学書院,東京,1982)

 

2)酸塩基平衡補正

(A)代謝性アシドーシスの補正メモ8)

7%重炭酸ナトリウム(メイロン) (B.E. × 体重 × 0.3 ÷0.83)ml

B.E. : Base Excess

メモ8)メイロンは新生児、未熟児では等量の5%ブドウ糖もしくは蒸留水に混ぜ、ゆっくり注入する。7%NaHCO3は高浸透圧であり、833 mEq/lという高濃度のNaが含まれている。したがって未熟児には頭蓋内出血、先天性心疾患患児にとっては過剰のNa負荷となる可能性があるので投与には十分な注意を払う。補正は計算量の半分から行う。

(B)代謝性アルカローシスの補正

炭酸脱水酵素阻害剤アセタゾラミド(ダイアモックス)5〜15 mg/kg/日
10%希塩酸mEq=体重(kg) × 0.3 × Base Excess
カリウムの補給(KClの輸注、抗アルドステロン剤)
塩化アンモニウム溶液(コンクライトA)

(C)アニオン・ギャップ

1)anion gap=(Na+ + K+)-(Cl- + HCO3-)
2)anion gap=Na+ - (Cl- + HCO3-)
正常値:1)12.4 ± 4(Mean ± 2SD) mEq/l
2)16 mEq/l 以下
増加因子毒物摂取、酸産生増加(ケトアシドーシス、乳酸アシドーシス)
酸排泄低下(腎不全)

(D)浸透圧

推定式血清浸透圧(mOsm/l)=2(Na+ + K+)+BUN/2.8+BS/18

BUN:mg/dl,BS:血糖値(mg/dl)

正常値:275〜295mDsm/l


 

前項目
B.電解質管理

水電解質代謝の管理・目次

次項目
D.水電解質管理各論−1.熱傷