第2章  呼吸の管理

小児、乳幼児、新生児の呼吸管理には、成人以上のきめ細やかさが要求される。しかし管理法の一定の基準は確立しておらず、さまざまな方法が各施設で行われているのが現状である。本ページでは人工呼吸法を中心に小児の呼吸管理の実際について以下の項目にしたがって述べていく。

 
項目内容

A.呼吸不全

1)呼吸不全の診断
2)新生児呼吸障害の重症度判定
3)急性肺損傷の診断

B.呼吸管理各論

 1.酸素療法1)方法
2)先天性心疾患患者における酸素濃度
2.気道確保1)気管内チューブ
2)ラリンジアルマスク
3)挿管時に用いる薬剤
3.機械的人工呼吸法1)人工呼吸の適応
2)人工呼吸のモード
3)小児の人工呼吸療法
 (A)様式設定上の注意
 (B)人工呼吸管理の実際
 (C)離脱
 (D)人工呼吸患児の管理
4.人工呼吸器1)各種機器の特徴と注意点
2)機能と適応範囲一覧
5.新生児呼吸管理1)新生児の生理学的特徴と注意点
2)新生児期の呼吸障害
6.体位排痰法1)排痰体位
2)排痰手技
7.呼吸管理に用いる薬剤1)気管支拡張薬
2)鎮咳、去痰薬
3)エアロゾール吸入療法
4)呼吸促進薬
5)肺サーファクタント
8.呼吸器系のモニター1)パルスオキシメーター
2)呼気終末炭酸ガス分圧モニター
9.特殊な治療法1)NO吸入療法
2)高頻度換気法
3)体外式肺補助

C.参考

 1.解剖1)肺区域図
2)気管支分岐図
2.数値・計算式1)呼吸の記号、用語
2)呼吸ノモグラム
3)正常動脈血ガス値
4)ヘモグロビン酸素解離曲線
5)呼吸動態式