Medical Chemistry
当研究室では、mRNAワクチンやmRNA医薬の開発も行っております。研究にご興味のある学生さんは、お気軽にご連絡ください(連絡先)。博士研究員も募集しています(詳細)。
ニュース
2021年10月8日 八戸宏二郎さん(博士研究員)がメンバーに加わりました。
2021年10月1日 内田准教授が、AMED 革新的先端研究開発支援事業(インキュベートタイプ:LEAP) (代表: 名古屋大学 阿部洋 教授)に分担研究者として採択されました(詳細)。日本発のmRNAワクチン、医薬を開発し、実用化を目指す事業で、博士研究員も募集しています(詳細)。
2021年9月27日 山端優仁さん(研修生)、内田准教授、大庭教授らの、人工ペプチドを用いたmRNA送達に関する原著論文が、Nanoscale誌に受理されました。
A helix foldamer oligopeptide improves intracellular stability and prolongs protein expression of delivered mRNA
2021年9月25日 mRNAワクチン、医薬に関する内田准教授への取材記事が、日経サイエンス、2021年11月号にて、紹介されました。
2021年9月25日 内田准教授が、複数のテレビ番組への生出演、VTR出演や、YouTubeへの出演にて、mRNAを用いた新型コロナワクチン開発について解説しました(詳細)。
2021年7月10日 内田准教授が、科学研究費・基盤研究(A)、挑戦的研究(萌芽)に採択されました。
2021年6月23日 大庭教授の研究活動が「河合塾みらいぶっく」で紹介されました。本サイトは、中高生と大学での学問・研究活動との間の橋渡しになれるように、内閣府/総合科学技術のイノベーション会議に学校法人河合塾が協力して運営しているサイトです。
2021年6月11日 内田准教授が、テンミニッツTVにて、『感染症予防、がん治療に使えるmRNAワクチン』のタイトルで、mRNAワクチンについて解説しました。
2021年6月7日 内田准教授が取り組んでいる新型コロナウイルスmRNAワクチン開発研究が様々なメディアで取り上げられました(ヘルシスト, 朝日新聞DIGITAL, tvkテレビ神奈川)。
2021年6月4日 Orgnic Letters誌に発表した論文Supplementary Coverに採用されました。
2021年5月19日 ChemMedChem誌に発表した論文Front Coverに採用されました。
2021年3月27日 大庭教授は、日本薬学会 第141年会にてオーガナイザーとしてシンポジウム(フォルダマーの魅力 —基礎から材料・創薬研究へ—)を企画しました。
2021年3月10日 内田准教授らのゲノム編集についての論文に関して、プレスリリースを行いました。医薬通信社日経バイオテクニュースイッチ等に取り上げられました。
2021年3月1日 横尾英知さん(助教)と山端優仁さん(研修生)が、メンバーに加わりました。
2021年2月25日 内田准教授が、AMED、新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業に採択されました(詳細)。
2020年12月2日 研究補助員、伊吹 幸さんが、メンバーに加わりました。
詳細、バックナンバー